山の辺の道・北コースを歩く(2)―正暦寺参道から弘仁寺、白川ダムまで(&浮御堂のそっくりさん)

山の辺の道・北コースの風景
奈良から天理の間に「山の辺の道・北コース」と呼ばれる道があります。日本最古の道と言われる「山の辺の道」。一般的に天理から桜井の間のハイキングコースとして知られますが、奈良方面はあまり知られておらず、穴場といえるコースです。

前回掲載分はこちら

円照寺バス停-正暦寺-弘仁寺-石上神宮-天理駅(約15km)←今回歩いたコースです。
山の辺の道・北コースの地図
今回は正暦寺参道から弘仁寺、白川ダムまでの道中を掲載します。

正暦寺参道
正暦寺から麓へと続く一本道。円照寺~正暦寺の山道とは一転して、車道が続きます。この道にはほとんど道案内はありませんでしたが、時折、正暦寺参道を示す石碑がありました。沿道は里山の風景が広がり、歩いていてとても気持ちよかったです。

泣き笑い地蔵
道中には「泣き笑い地蔵」の姿も。

時計台
柳茶屋」バス停の向かいに、高樋青年団設置の時計台と公衆電話があります。ここで道が分かれるので、案内板に従って左折します(正暦寺方面から来た場合)。このあたりからは、東海自然歩道の標識=山の辺の道の標識なので分かりやすいです。

時計台の先を少し行くと、理容院と一緒になった簡易郵便局があり、冒頭の写真のような美しい田園風景と蔵のある町並みが続きます。そして、火の見やぐらの下に弘仁寺参道の標識があります。歩行者用の参道を進んでください。

「山の辺の道」は、弘仁寺の境内を横切る形になっています(入山料200円/拝観される方は400円※)。この日は9時に円照寺バス停から歩き出して、ちょうど11時半に弘仁寺山門をくぐったので、境内でお弁当を食べました。

※弘仁寺へ入山されない方は迂回路があります。一番わかりやすいのは、弘仁寺駐車場の前の車道を進み、次の三叉路を右折して虚空蔵町集会所の方向へ直進する道です。

弘仁寺
弘仁寺。814年に、嵯峨天皇の勅願により空海が創建したと伝えられる古刹です。数え年13歳の男女が詣でる十三詣りの寺として、また本堂には江戸時代の算額が奉納されていることでも知られます。

この写真だと算額の場所がわかりづらいのですが、オレンジ色の消火器具の上に、茶色の富士山の絵が見えていますね、その右隣に算額があります。もう一箇所、本堂の裏側にも算額があります。

弘仁寺の算額はこちらに詳しいです⇒弘仁寺ホームページ(算額)
◆奈良に宿泊したい方、山の辺の道を歩く方への情報:弘仁寺には宿坊があります弘仁寺(宿坊)

弘仁寺の先は、道が若干分かりにくかったのと、実際に迷っておられる方に数人出会ったので、少しメモしておきます。

奈良方面から弘仁寺へ来ると、境内奥にお茶処とイチョウの大木があります。そのすぐ先、左側に立派な石段(西階段)があるので降りてください。ここで右折して山道に入ると、山中へ迷い込むことになってしまうので、ご注意を!(といいますのも、「駐車場から」参道を登ってくると、こちらが奥の院だと勘違いしやすいのです。)

◆奥の院の場所⇒弘仁寺境内案内図でご確認ください。

さて、西階段を降りると小さな池があり、アスファルトの道に出ます。右に進むとすぐに東海自然歩道の標識があり、少し行くと虚空蔵町の公衆トイレとベンチがあります。このトイレはハイカー向けに作られたようで、地元の方が管理しておられます。歩いているとなかなかこういう場所はないので、本当にありがたいです。

後は白川ダムを目指して進みます。田園風景の道を下り、合流した車道を進み、坂道を登って、古墳公園の脇を抜けると・・・

白川ダム
ついに白川ダムへ出ました。とても静かで、釣りをする人には理想的な場所ですね!

浮御堂のそっくりさん
あれ?白川ダムに浮御堂??取水設備の建物が浮御堂に似ていたので、びっくり!後で滋賀県在住の数人に写真を見てもらうと、「浮御堂にそっくり!」の声が続出。

初冬の浮御堂と琵琶湖(浮御堂北湖岸から)
↑ちなみに、こちらが琵琶湖に浮かぶ禅寺・浮御堂です(当ブログのふるさと・滋賀県大津市本堅田にあります)。

浮見堂
↑似たもの同士の話ついでに、こちらが奈良公園の休憩所・浮見堂です。

ところで、このブログに検索で入ってこられる方に、浮御堂(堅田)と浮見堂(奈良)の両方があるのですが、皆さんどちらをお探しだったのかな?–そんなことを思いながら、石上神宮へと向かう筆者でした。

※次回は、天理の山中から石上神宮までを掲載予定です。
※ハイキングの参考地図は、最終回(全3回の3回目)に、リンクで掲載予定です。

撮影地:奈良市菩提山町~虚空蔵町~天理市和爾町、撮影日:2015年11月12日
Photograph of Yamanobe-no-michi and Kouninji-Temple(Nara,Japan).
Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)