ただいま奈良の秋を撮影中(4)―信貴山 朝護孫子寺

信貴山 朝護孫子寺本堂と大寅
しばらく鹿と石仏の写真が続きましたが、今回は寅です。
信貴山 朝護孫子寺(しぎさん ちょうごそんしじ)は、奈良県生駒郡平群町にあるお寺。大阪府八尾市にとても近いところです。
Photograph of Shigisan Chogosonshi-ji Temple(Nara,Japan).

由緒に、聖徳太子が物部守屋を討つ際、「寅年、寅日、寅の刻」に信貴山で毘沙門天に出会い、その加護で勝利したといいます。太子は毘沙門天の像を刻み、この山を信貴山(信ずべし貴ぶべき山)と名づけたと言われています。

先週、斑鳩の里(法隆寺周辺)の撮影が午前中で終わったので、午後はかねてから行ってみたかった信貴山に寄ってみました。王寺駅まで出れば、本数は少ないですが(1時間に1本程度)、奈良交通バスが出ています。ご参考までに、ルートをメモします。

・法隆寺バスセンター(法隆寺iセンターの近くです)⇒王寺駅北口行き
・王寺駅北口⇒信貴山門行き(信貴大橋で下車)

信貴山 朝護孫子寺の紅葉
朝護孫子寺の境内。これから本格的な紅葉が始まれば、もっと映えると思います。
これから行かれる方はおすすめですよ!
Photograph of Shigisan Chogosonshi-ji Temple(Nara,Japan).

朝護孫子寺はテーマパークみたいなお寺で、あちこちにお堂や参拝所があって、飽きることがありませんでした。行者さんによる人生相談(有料)や銭洗いがあって、客寄せの呼び込みがいかにも関西という感じで、親しみがもてます。石仏もたくさん見かけました。

千体地蔵
帰りは「信貴大橋」の次のバス停、「信貴山」まで歩いてみました(徒歩10分)。道案内が出ているので初めてでも迷う心配はありません。門前町の雰囲気が味わえておすすめです。そして仁王門の近くには、見事な千体地蔵が!!

「信貴山」バス停までの一本道は、温泉旅館がいくつかあって、いつか両親を連れて行きたいような素敵な宿ばかりでした。ただし、車で来る人がほとんどのせいか、廃業しているお店もみかけました。滋賀の多賀大社周辺を歩いていても同じような光景を目にします。

風情があって、たたずまいが感じられて、門前町ってものすごくいいのに、なんだか寂しい限りです。門前町に宿泊してゆっくり旅行する人が増えたら、世の中や景気が根本的なところで変わってくるのかもしれません。(撮影日:2015年10月25日)

Photograph of Sentai Jizo (Shigisan Chogosonshi-ji Temple,Nara,Japan).
Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ にほんブログ村

滋賀県ランキング