【画像復元】Nikon NEFファイルも復旧できるフリーソフトRecuva(日本語対応)

伊豆神社の幸福の石

先日書いたWindows7/8.1の記事(Windows10への自動アップグレードを阻止する方法)への反響がすごくてびっくりしています。そこで、今回は緊急時に役立つかもしれない話題の続きで、Recuvaという復元ソフトのことをご紹介したいと思います。

たとえばお子さんの写真や、出先で録音したインタビュー、時間を掛けて作った文書など、とりかえしのつかないファイルってありますよね。私自身は日常的に多くの画像を扱っており、近年は災害ボランティアも経験しました。

信頼の置ける復元専門業者さん(たとえば金沢市のリカバリーサービス株式会社さん)も実際に存じ上げていますが、個人で復元が可能な場合はどんな場合で、専門分野でどのソフトが信頼に足りるのか(有料無料問わず)、あまりに情報が少ないと感じていました。

ハードディスクやSDカードなどから画像を削除してしまった、あるいはフォーマットしてしまったとき、Recuvaでファイルを復元できる可能性があります。

Recuvaの特徴

JPEGGIF,PNG,TIFFといった画像ファイルだけでなく、Nikonのカメラで使われているRAWファイル(Nikon NEFファイル)も復元できます(※復元されたファイルが実際にNEFファイルとして認識されることは、当事務所で実証済みです)。

画像だけでなく、ドキュメント音楽、動画にも対応しています。
日本語に対応しているフリーソフトです。
☆容量や回数による復元の制限は一切ありません。

☆システムクリーナーとして知られるCCleanerの開発元・Piriform社のソフトです。

続きを読む →





教林坊の紅葉(滋賀県近江八幡市安土町石寺)

教林坊
安土の繖山(きぬがさやま)の麓に、聖徳太子によって605年に創建された寺がある。教林坊という天台宗の寺で、白洲正子さんの著作には「石の寺」「石寺」として登場する。

麓の石寺という部落は、世捨人のような風情のある村で、かつては観音正寺の末寺が三十以上もあり、繁栄を極めたというが、現在は教林坊というささやかな寺が一つ残っているだけである。(白洲正子『かくれ里』

続きを読む →

壷阪寺(南法華寺)の紅葉―ただいま奈良の秋を撮影中(10)

壷阪寺の大仏と紅葉
奈良県の壷阪寺にて、2015年の紅葉です。最寄り駅は「飛鳥」の次の駅、壺阪山です。西国三十三所第六番札所で、ご本尊の十一面観音は眼病に霊験があるといわれています。

ところが、かなりの坂とカーブが続く山の上にお寺がありまして、普段はバスの本数も少ないため、なかなか伺う機会がありませんでした。紅葉シーズンはバスが増発されていたため、この機会に撮影に行ってきました。

壷阪寺は長年にわたり、インドでハンセン病患者への救済事業を行っておられます。その返礼としてインドから数々の石像が贈られています。まるで石像のテーマパークのようで、歩いていてとても不思議な空間でした。

壷阪寺と紅葉
壷阪寺とその周辺は見事な紅葉でした。高取山の登山口に位置することもあり、ハイカーの方を多く見かけましたが、参拝者の方も健脚で麓から歩いてきたとおっしゃる方多数。今度は私も歩いてみようと思います。

※次回から滋賀の紅葉を掲載予定です。奈良の「山の辺の道・北ルートを歩く」(円照寺→正暦寺→弘仁寺→白川ダム→石上神宮→天理)は、その後に掲載します。

撮影地:奈良県高市郡高取町壺阪、撮影日:2015年11月21日
Photograph of Tsubosakadera-Temple(Takatori,Nara,Japan).
Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

長谷寺の紅葉―ただいま奈良の秋を撮影中(9)

長谷寺本堂と紅葉
奈良県桜井市初瀬の長谷寺にて、本日撮影したばかりの2015年の紅葉です。今年はどこへ伺ってもすっきりしない紅葉が多いのですが(例外は壷阪寺、11月21日現在紅葉が見事ですよ)、長谷寺本堂の周辺も木によってばらつきがありました。

ところで、昨日の夜ふと思い出したのが、おとぎ話の「わらしべ長者」のお話。主人公が「はせの観音様」にお願いをしたところから始まったんだよね・・・と何だか気になりました。撮影から帰ってから調べようと思っていたら、初瀬(はせ)の町並みのなかに「わらしべ長者の里」の看板を見かけました!やっぱりそうでした!主人公が長谷寺詣でをして観音様にお願いをするところから、あのお話は始まったのですね。

そして長谷寺の本尊・十一面観音は、滋賀県高島市から来た楠(くすのき)を使って作られたと言われています。もともと大好きな観音様でしたが、滋賀県出身・在住の筆者には、遠路はるばる奈良の地で、同郷の偉大な師匠に出会ったような思いです。

長谷寺の朝、紅葉とともに
長谷寺の朝、紅葉とともに。今年は奥の院(写真右側)の紅葉が綺麗ですよ。

※2015年11月現在、長谷寺は境内各地で修理工事中です(2015年12月末まで)。本堂外舞台に上がって外を見ることはできませんので、ご注意ください(=外舞台から五重塔と紅葉を撮影することはできません)。なお、普段どおり、本堂内部の拝観と通り抜けはできます。

撮影地:奈良県桜井市初瀬、撮影日:2015年11月21日
Photograph of Hasedera-Temple(Sakurai,Nara,Japan).
Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

室生寺の紅葉―ただいま奈良の秋を撮影中(8)

室生寺本堂と紅葉
奈良県宇陀市の室生寺にて、2015年の紅葉です。5月初め、シャクナゲの咲く頃に伺って以来でした。女人禁制だった高野山に対し、女性に開かれた寺だったことから、「女人高野」との別称を持つ古刹です。

京都駅からは電車(近鉄)とバスで2時間程度なんですが、滋賀の自宅からは、電車とバスを乗り継いで約3時間かかります。室生口大野駅からのバスは本数が少ないこともあり、時間には気を使います。朝5時起きして向かい、後ろ髪を引かれる思いで帰る室生寺です。

紅葉の室生寺仁王門と虚無僧
仁王門をくぐったところで、虚無僧の方が尺八を吹いているところに出くわしました。とても絵になる、それでいて場の持つ雰囲気のおかげで自然な風景でした。今もそのときの余韻が蘇ってくる一枚です。

撮影地:奈良県宇陀市室生、撮影日:2015年11月16日
Photograph of Murouji-Temple(Nara,Japan).
Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)