ブログをこちらに引っ越しました

2007年12月よりココログで続けてきたブログは、本日からこちらで更新します。
ブックマークに登録してくださっている方は、お手数ですが、再登録をお願いします。

katata.info(Katata/堅田)

旧サイトではバックナンバーのindexページに容量の上限があり、写真の多い月や一部カテゴリーに閲覧エラーが起きていましたが、移行に伴い改善されています。

また今回の移行に伴い、カテゴリーの手直しとタグ付けを行っているため、「堅田内湖」「堅田の町並み」といった言葉で検索がしやすくなりました。
今後ともどうぞ「Katata/堅田」をよろしくお願いいたします。





滋賀の戦争遺跡2:陸軍八日市飛行場跡と幻の近江鉄道御園駅、布引丘陵の掩体壕(滋賀県東近江市)

ウェブ・紙媒体で、当記事の無断転載が複数回あり、大変困っています。
◆郷土史をご紹介するために掲載しているもので、
地図画像と写真・文章の無断転載は認めておりません。 

◆資料として丸写しして、他サイトに掲載することは
「引用」の域を超えますので、おやめ下さい。

◆悪質なものはサーバー運営会社等に削除申し立てを行うことがあります。
(兼松純写真事務所)

1.陸軍八日市飛行場跡

1-1.廃線「近江鉄道八日市線 御園駅(飛行場駅)」と八日市飛行場

Ohmi Railway Linemap.svg
滋賀県東部を走る近江鉄道に、新八日市という駅があります。東近江市の八日市駅~近江八幡市の近江八幡駅を結ぶ「八日市線」の駅です。

昭和の初めから戦後間もないころ、新八日市から更に西に向かって延びる支線がありました。別名・飛行場線。当時新八日市駅の西側には「陸軍八日市飛行場」が広がっていたのです。

飛行場線は、湖南鉄道を前身とする「八日市鉄道」の路線として1930年(昭和5年)10月1日に開業しました。
戦時中の1944年(昭和19年)3月1日、八日市鉄道は「近江鉄道」に合併されます。

飛行場線は戦後の1948年(昭和23年)8月1日に運行休止し、1964年(昭和39年)9月25日、正式に廃止されました。

近江鉄道八日市線の廃線跡は、地元では湖南鉄道の線路跡として知られています。道を知る地元の方と歩いてみたところ、桜並木の車道になっていました。
道沿いに住宅街が続いていましたが、残念ながら駅の跡を示すものは見つけられませんでした。

※路線図”Ohmi Railway Linemap” by ButuCCOwn work. Licensed under CC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons.

追記:この記事で掲載している飛行場地図は、正当なルートで得た地図を元に当ブログの筆者が色をつけてわかりやすく加工したものです。他ブログで無断転載がありましたので明記させていただきました。無断転載はご遠慮下さい。(兼松純写真事務所)

01_youkaichimap
続きを読む →

滋賀の戦争遺跡1:米原の蒸気機関車避難壕、伊吹山測候所着氷観測所(滋賀県米原市)

1.はじめに

今年の夏(2015年8月)は終戦70周年にあたります。
この機会にご紹介したいと思っていたのが、滋賀の戦争遺跡です。

「戦争遺跡」と聞くと、何を想像されるでしょうか。
広島の原爆ドーム、沖縄のひめゆりの塔、各地に残る防空壕・・・。

実は滋賀県内には、全国的に貴重でありながらあまり知られていない戦争遺跡があります。米原駅からさほど離れていない岩脇山には、非常に珍しい「蒸気機関車避難壕」があります。東近江市の陸軍八日市飛行場跡周辺には、「掩体壕」(えんたいごう)と呼ばれる軍用機の避難壕が現存しています。幸いなことに、どちらも地元の方にご案内いただいて撮影する機会を得ました。

続きを読む →

【お知らせ・その3】ブログの移転(引越し)を準備中です(ココログ→独自ドメインへ)

※旧ブログでの記事です。

2007年より@niftyのココログを使ってきましたが、2015年8月中をめどに移転することを考えています。

実は、1. ココログフリーは容量2GBが上限で、現在70%超を使用しています。最近は外部サイトに写真を置いて読み込んできましたが、それでも限界がありそうです。

というのも、2. カテゴリー・過去記事(月別)のindexページが既に容量オーバーでエラーが出ます。例えば「本堅田」というカテゴリーを見ると、かつての深夜テレビの砂嵐のような画面に変わります。記事数や写真の数が多い月やカテゴリーは、すべてこの状態です・・・(泣)

続きを読む →