琵琶湖畔【十六夜お月見イベント】のお知らせ(近江八景「浮御堂」近く・滋賀県大津市本堅田「十六夜公園」にて。2014/9/9(火)19時開演、雅楽の生演奏あり)

十六夜の月が出てくる直前の浮御堂(2011年9月13日撮影)
近江八景のひとつ、堅田の浮御堂は、琵琶湖に浮かぶようにして建つ禅寺です。
その浮御堂から歩いて5分くらいの湖畔に、十六夜公園という小さな公園があります。

公園の名は、「十六夜」の日に、松尾芭蕉が堅田でお月見の会をしたことにちなみます。芭蕉は「堅田十六夜の弁」という俳文を残しました。

望月の残興なほやまず。二三子いさめて、舟を堅田の浦に馳す。
その日、申の時ばかりに、何某茂兵衛成秀という人の家のうしろに至る。
「酔翁・狂客、月に浮れて来たれり」と、舟中より声々に呼ばふ。
あるじ思ひがけず、驚き喜びて、簾をまき塵をはらふ。
・・・(中略)・・・
もとの岸上に杯をあげて、月は横川(よかわ)に至らんとす。

鎖(じょう)明けて月さしいれよ浮御堂
やすやすと出でていざよふ月の雲    -松尾芭蕉「堅田十六夜の弁」

今回ご紹介するイベントは、芭蕉にちなんで「月見酒ほろよいシンポジウム」になっていますが、ジュースやお茶を飲みながら、生演奏を楽しんだりお話を伺ったりする、ゆったりイベントです。(お酒、缶ビールもあります^^)

主催者様から今年もご案内をいただきましたので、皆様にご案内させていただきます。
お近くの方はぜひどうぞ。

第23回月見酒ほろよいシンポジウムチラシ

堅田湖族の郷主催 第23回月見酒ほろよいシンポジウム

◆日時:2014年9月9日(火) 午後7時より
◆場所 琵琶湖畔「十六夜公園」(堅田港・堅田水上派出所の南隣)
※午後5時の時点で雨天の場合は「堅田なぎざ苑」にて開催します。

☽トークやクイズで楽しむ「芭蕉とその足跡」
☽雅楽「千年の調べコンサート」(出演:膳所・和田神社「奏和会」の皆さん)
☽「堅田十六夜の辨」朗詠

◆会費 おひとり(飲み物とも)¥1000
※チケットは当日会場でお求めいただけます。

◆主催:堅田 湖族の郷
◆お問い合わせ:湖族の郷資料館(電話077-574-1685)

□アクセス:京都駅よりJR湖西線で約20分、堅田駅下車。
堅田駅より江若バス堅田町内循環線で約5分、「堅田出町」下車。
湖岸方面(東洋紡・堅田高校の反対方向)へ徒歩約10分。

□雨天時の会場・堅田なぎざ苑 ※十六夜公園は都久生須麻神社のそばです。

大きな地図で見る

▼「堅田十六夜の弁全文」はこちらの後半に掲載しています。
katata.info/2012/09/horoyoi2012/