伊吹の荒ぶる神6(中山道・柏原宿から関ケ原へ~柏原から寝物語の里、今須宿、不破の関跡を歩く<前編>)~近江山河抄の舞台を歩く(68)

伊吹堂亀谷佐京商店
伊吹山の麓の柏原(かしわばら・滋賀県米原市)は、岐阜の関ケ原と8km程しか離れていない。江戸時代、中山道・柏原宿の名物といえば「伊吹もぐさ」だった。
江戸時代の柏原宿には、最盛期に10軒のもぐさ屋があったといわれている。
現在はJR柏原駅から西へ10分ほどのところに、「伊吹堂亀谷佐京商店」一軒が残るのみ。

続きを読む →