伊吹山と夏の花~2014年夏の撮影日記から

ウツボグサ
今年の夏は本当に雨(豪雨)が多かったですね。
被害に遭われた地域の皆様には、心からお見舞いお申し上げます。

今回掲載するのは、豪雨の合間を縫って撮影してきた夏山の風景です。
実はこの日の午前中(移動中)は大雨で、昼過ぎに奇跡的に晴れてくれました。
冒頭の写真は、紫色の花が印象的なウツボグサです。

夏の伊吹山ドライブウェイ
撮影したのは、滋賀県で一番高い山・伊吹山(標高1377 m)です。
岐阜県関ケ原から伊吹山ドライブウェイを使うと、9合目の山頂駐車場まで上ることができます。麓の古戦場が気になりつつも、ドライブウェイで伊吹山へ!

伊吹山はオオタカの撮影地としても有名なところです。二枚目の写真に写っている一番奥の辺りで、超望遠レンズを構えた人を数人見かけました。場所は山頂駐車場に入る少し手前です。(この写真は山頂駐車場の入り口付近で撮影。)

伊吹山9合目から望む登山道と3合目
こちらが伊吹山9合目から望む登山道と3合目です。

3合目(写真右側)も高山植物の宝庫で、以前、高原ホテルとロープウェイがあったところです。写真右から左側へ、くねくねと続いているのが、上野登山口(メインルート)からの登山道です。

伊吹山の登山道というのは、実はこの他にもいくつかあります。

そのひとつ、上平寺登山口からのルートが、上野からのルートに5合目付近で合流します。その上平寺(じょうへいじ)登山口にあるのが、「伊吹神社」。『伊吹町史』を調べたところ、地質だったか自然の項目にあったのが、上平寺の伊吹神社でした。

伊吹山の麓には、伊吹山をご神体とする「いぶき神社」がいくつもあります。そのため、白洲正子さんの随筆『近江山河抄』に出てくる「伊吹神社」がどこなのか確証が持てず、上平寺の伊吹神社も候補に入れて探していました。

※この話の結論は後日こちらで書いていますので、ご関心のある方はどうぞ。⇒伊吹の荒ぶる神8(北国脇往還1:関ケ原から藤川の里を訪ねる、上平寺に寄り道して春照へ)~近江山河抄の舞台を歩く(72)

日本の場合、山岳信仰を介して、山と神社は結びついていることが多いですね。登山口が神社というケースは結構あります。比良山系の葛川明王院(大津市)もそうでした。寺社と自然を両方撮る人は少ないようですが、私にとっては両方撮るのが自然な流れでした。

▼伊吹神社と上平寺ルートの参考に、リンクを張っておきます(ヤマレコへのリンク)。
http://www.yamareco.com/modules/yamainfo/ptinfo.php?ptid=10999

スズムシソウ
脱線が長くなったので、伊吹山の写真に戻ります。
今回最大の発見は、スズムシソウを見たことでした。

メタカラコウ
伊吹山を訪ねたのは7月27日。写真のメタカラコウ(雌​宝​香)の黄色い花が満開でした。ピンク色がきれいなシモツケソウには、今年は少し早かったようです。後で、今年のシモツケソウの満開はお盆の頃だったと聞きました。

ヤマホタルブクロ
こちらはヤマホタルブクロ。沢山咲いていました。

西遊歩道から望む伊吹山山頂
雄大なパノラマ!西遊歩道から望む伊吹山山頂です。
駐車場からは西遊歩道経由で、山頂まで徒歩約40分です。

伊​吹​山​頂​の​日​本​武​尊​像
伊吹山頂には日本武尊像があります。
古事記・日本書紀によれば、日本武尊は伊吹の荒ぶる神と戦って、瀕死の重傷を負いました。その傷を癒したのが「居醒(いさめ)の清水」(古事記)で、麓の各地に伝承が残っています。

「居醒の清水」伝承地の一つが、バイカモと清流で知られる米原市醒井(さめがい)です。醒井へは伊​吹山の帰りに立ち寄ることのできる距離で、電車でも関ヶ原から3駅・15分です。JR醒ヶ井駅前には水の駅(道の駅)があって、こちらもおすすめです。

伊吹山東遊歩道にて、お花畑の散策
東遊歩道にて、お花畑の散策です。下り専用の登山道になっています。
東遊歩道は足場が若干悪いことから、登山靴必須です。

伊吹山東遊歩道
東遊歩道にて。伊吹山頂から東遊歩道経由で駐車場まで徒歩約60分でした。

※今回の撮影機材:Nikon D7100+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
(すべて手持ち撮影。これが一眼レフでぎりぎりの重さかなという気はします。重さはレンズ込みで約1.2kg。マクロレンズではなく45cm迄しか寄れませんが、花にピントをあわせるのは可能です。)

※山で撮影するときのご参考に、「アウトドア登山ガイド」さんより、撮影用品を網羅したページです。

登山グッズガイド カメラ レンズ バッグ 三脚

 


※今回はニコンの「NIKON IMAGE SPACE」を使って、画像を貼り付けてみました。

◆ニコンの画像共有・保存サービスで、ユーザー登録すればどなたでも無料で使えます。
◆ベーシックアカウントでは2GB、スペシャルアカウント (ニコンユーザー)では20GB使えます。
◆今回は共有アルバムとしては作っていないのですが、ウェブ上の共有アルバムとしても使えます。沢山撮った写真をメールで送るのが大変なとき、共有アルバムを作って知らせれば便利ですよ。

NIKON IMAGE SPACE

 

2017/7/18付記:サイトのSSL化(https:)準備作業に伴い外部からの画像読み込みを減らしたので、現在はNIKON IMAGE SPACEから読み込んでおりません。なお、NIKON IMAGE SPACEは既にSSL化されているので、SSL化されたサイトからも読み込み可能のようです。