沖つ島山7(近江源氏・佐々木氏ゆかりの地を巡る。氏神「沙沙貴神社」と京極家の菩提寺「徳源院」)~白洲正子「近江山河抄」の舞台を歩く(32)

沙沙貴神社楼門
白洲正子さんの紀行文『近江山河抄』「沖つ島山」は、近江源氏・佐々木氏の話で終わる。
そこで今回は、「沖つ島山」の連載の締めくくりに、佐々木氏ゆかりの場所をご紹介したい。

佐々木氏は、近江国蒲生郡(現・滋賀県近江八幡市安土町)佐々木荘を発祥とする。
宇多天皇を祖とする宇多源氏の一流とされ、安土の沙沙貴神社(写真)を氏神としている。
近江源氏とも呼ばれ、後に六角氏(本家)、京極氏、大原氏、高島氏の四家に分かれた。

沙沙貴神社のなんじゃもんじゃ
現在の沙沙貴神社は、花の神社(近江百華苑)として、なんじゃもんじゃの木で有名。
なんじゃもんじゃは、ヒトツバタゴというモクセイ科の落葉高木で、5月に白い花を咲かせる。(なんじゃもんじゃとは名前がわからないものの総称で、代表格がヒトツバタゴだとか。)
沙沙貴神社では例年5月中旬に開花、5月末まで楽しめる(撮影日:2013年5月26日)。

続きを読む →





大津市衣川/鞍掛神社 2013年例祭の写真(後編)~大友皇子最期の地の伝説が残る神社、7/23の皇子の命日にちなんで

鞍掛神社拝殿で舞う巫女さん-1

陽成天皇の勅命によって882年に創建された鞍掛神社(滋賀県大津市衣川2丁目)。
天智天皇の子、大友皇子(弘文天皇)が最期を迎えた場所という伝説が残る場所です。
衣川(きぬがわ)は、大津市北部の交通の要所で、堅田の隣に位置する町です。

鞍掛神社の伝承は、日本書紀と異なります。
壬申の乱で敗れた大友皇子は、従者と共に衣川の地に落ち延びました。
皇子は乗ってきた馬の「鞍」を柳の木に「掛」けると、自ら命を絶ったと伝わっています。伝承では、大友皇子の最期をみとった二人の侍臣がいて農民となって衣川に定住しました。その子孫は同じ名字を名乗るようになり、鞍掛神社の氏子がその末裔だと言われています。

続きを読む →

大津市衣川/鞍掛神社 2013年例祭の写真(前編)~大友皇子最期の地の伝説が残る神社、7/23の皇子の命日にちなんで

鞍掛神社境内

陽成天皇の勅命によって882年に創建された鞍掛神社(滋賀県大津市衣川)。
天智天皇の子、大友皇子(弘文天皇)が最期を迎えた場所という伝説が残る場所です。
場所は堅田のお隣、衣川(きぬがわ)の高台にあります。

皇子の命日は7月23日とされるため、鞍掛神社では毎年7月に例祭を行なっています。
天智天皇を祀った近江神宮から、宮司さんがお見えになっての例祭です。
2013年7月14日(日)に行なわれた例祭を、当ブログがご縁で撮影させていただきました。

続きを読む →

第30回堅田湖族まつりのお知らせ(2013年8月3日・4日) #shiga #otsu

毎年8月第一土曜日~日曜日に行われている「堅田湖族まつり」のご案内です。

2013年8月3日(土) 午後3時~ 堅田湖族祭り
模擬店:内湖大橋付近 午後3時30分~(歩行者天国になります)
盆踊り :漁協会館広場 午後7時半~
花火大会 :堅田漁港沖湖上 午後8時30分~
※JR堅田駅ロータリーより湖岸方向に直進、徒歩10分

2012年8月4日(日) 湖族船競争
午前9時 浮御堂北湖上

※昨年の様子や会場地図はこちらに詳しく載っています(地元の方のブログ)
http://www.geocities.jp/poppotamai/katatafff/kozoku.htm

※チラシはこちらで御覧ください(びわ湖大津観光協会HP)
http://www.otsu.or.jp/topics/kozokumatsuri.pdf