【滋賀県】国際シンポジウム「世界と琵琶湖ハートウェア」開催のお知らせ(参加無料・同時通訳有り/基調講演:嘉田由紀子滋賀県知事)International Symposium -Lake Biwa and the World Heartware

世界と琵琶湖ハートウェア・チラシ表

琵琶湖に関する国際会議のチラシをいただいたので、ご紹介します。
参加無料・同時通訳有り。
琵琶湖の研究者でもある、嘉田由紀子滋賀県知事が基調講演されます!

主催者の滋賀大学さま以外に告知が出ていなかったので、
私のほうで勝手に文字起こし&アバウトな英訳をしました。(文責:J.Kanematsu)

世界と琵琶湖ハートウェア(心・文化・記憶)

滋賀大学環境総合研究センター第4回国際シンポジウム
(財)国際湖沼環境委員会共催

開催日 2013年3月10日(日)
場所 コラボしが21大会議室
(滋賀県大津市打出浜2番1号)
(最寄駅:JR 膳所/大津)
http://www.collaboshiga21.jp/
参加無料・同時通訳有り

午前の部:事例発表(10:30~12:30)
「ハートウエアがアジアの湖沼・河川流域管理を変える」

<発言要旨>
フィリピン:首都圏大湖沼ラグナ湖と秘境古代湖ラナオ湖:利害の対立を克服するために
パキスタン:山岳湿地湖沼群における人々の生存と生活をどう支援するべきか
マレーシア:急速な国土開発と経済発展でひっ迫する水資源問題に多民族国家はどう取り組むのか
インド:生態系崩壊の危機に瀕したアジア最大の潟湖はどのようにして復活したのか
インドネシア:湖沼大国の多様な湖沼環境問題に不可欠な流域ガバナンスの向上の取組とは

午後の部(1):基調講演
13:30~13:40 挨拶:滋賀大学学長「本国際シンポジウムの意義」
13:40~14:20 基調講演:嘉田由紀子滋賀県知事「琵琶湖の経験:近い水・遠い水と統合的湖沼流域管理(ILBM)」

午後の部(2):アジアと琵琶湖からのパネリストによる討論
14:30~16:30 「湖沼流域管理におけるハートウェア・アプローチ」

申込み
FAXまたはE-mailにてお申し込み下さい。
当日参加も可能ですが、同時通訳ヘッドセットの準備の都合上、事前登録頂ければ幸いです。

申込み・お問い合わせ
滋賀大学環境総合研究センター 中村研究室
TEL:077-537-7994/FAX:077-537-7994
E-mail: ki-takemoto@biwako.shiga-u.ac.jp
http://rcse.edu.shiga-u.ac.jp/cgi-bin/topics/contents.cgi?no=162
http://rcse.edu.shiga-u.ac.jp/


International Symposium -Lake Biwa and the World Heartware(heart, culture and mind)

4th International Symposium sponsored by the Research Center for Sustainability and Environment (RCSE),Shiga University
Co-organizers:International Lake Environment Committee Foundation (ILEC)

Date: March 10, 2013 (Sun)
Location: Collabo Shiga 21(Large Conference Room )
(Uchidehama 2-1,Otsu city,Shiga prefecture)
Nearest station: JR Otsu / Zeze
※access→Google Translate
Join free• With simultaneous interpretation

The morning: Case Study Presentation (10:30 to 12:30)
“Heartware( Heart basin management) changes the lakes and rivers of Asia”

Summary remarks:
Philippines: Lake Lanao (large lake in the metropolitan area),and Lake Laguna (unexplored ancient lake):In order to overcome the conflicts of interest.
Pakistan: How should we support the survival and life of the people living around lakes and wetlands of high mountains?
Malaysia: How to tackle water resource issues as the multi-ethnic state.
India: How did the revival of Asia’s largest lagoon.
Indonesia: Efforts to improve the management of rivers and lakes.

Afternoon (1) Keynote Address:
13:30 to 13:40  Shiga University President: Greetings”The significance of this international symposium”
13:40 to 14:20  Shiga Governor Yukiko Kada Keynote: “Experiences of Lake Biwa: an integrated lake basin management and water close to distant water (ILBM)”

Afternoon (2): Discussion with panelists from Asia and Lake Biwa
14:30 to 16:30  Heartware approaches in lake basin management

Sign up:
Please apply by E-mail or FAX.
In preparation for simultaneous interpretation headset, please sign up in advance as much as possible. You can also enter on the day.

Application & Contact
Nakamura laboratory of RCSE,Shiga University
TEL:077-537-7994/FAX:077-537-7994
E-mail: ki-takemoto@biwako.shiga-u.ac.jp
http://rcse.edu.shiga-u.ac.jp/cgi-bin/topics/contents.cgi?no=162
http://rcse.edu.shiga-u.ac.jp/

世界と琵琶湖ハートウェア・チラシ裏