琵琶湖のほとりの風景写真「Katata/堅田」|特別編45:近江八幡(おおみはちまん)~近代洋風建築の町、ぐるっと町めぐり–Beautiful Scenery of Omihachiman City-3- #shiga #japan #photo

日牟禮八幡宮の鳥居(八幡掘に続く石段の途中から撮影)

神社の鳥居と、大きな木。
木陰が石段に影を落として、聞こえるのはセミの声だけ。
日本の夏の風景ですね。

琵琶湖の東に位置する滋賀県近江八幡市から、 引き続き、夏の風景をお届けします。

近江八幡(おおみはちまん)は、水郷と近江商人のまち。
このブログのタイトルになっている「堅田」のほぼ対岸にあります。

↑八幡掘に続く石段の途中から、日牟禮八幡宮の鳥居を撮ってみました。
A torii at the entrance of Himure hachimangu in Omihachiman City, Shiga Prefecture,Japan.

↓こちらが八幡掘です。(Hachiman-bori Canal)

夏の八幡掘7・白壁の家と緑に囲まれた八幡掘

白壁の家と緑に囲まれた八幡掘は、情緒あふれる風情があって、時代劇の撮影地としても有名です。(※詳細は第1回に掲載)
八幡掘の水は、この先にある西ノ湖を経て、琵琶湖に繋がっています。

Hachiman-bori Canal is located in Omihachiman City, Shiga Prefecture, and measures approximately 15m wide and 6km long.Drawing its water from Lake Biwa, Hachiman-bori Moat served not only as a moat during battles, but also as a waterway.

近江八幡は近代洋風建築の町でもあります。

白雲館

白雲館(Hakuunkan)

1877年(明治10年)に、八幡東学校として建てられた擬洋風建築。国の登録有形文化財建造物です。
1階は近江八幡観光物産協会の事務所、2階は休憩所・ギャラリーになっています。
■所在地:近江八幡市為心町元9


池田町洋館街(旧ウォーターハウス邸)

池田町洋館街(Western houses built by Vories in Ikeda town)

近江八幡市旧市街の一角にある、現存する3棟の西洋館。
建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズが大正時代に手掛けた初期の作品です。
写真は旧ウォーターハウス邸― 1913年(大正2)築。
■所在地:近江八幡市池田町5丁目

池田町洋館街案内板

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(1880年10月28日 – 1964年5月7日)
建築家。近江兄弟社の創立者の一人で、メンソレータム(現メンターム)を広く日本に普及させた実業家。
20代で八幡商業高等学校の英語教師として来日。83歳で亡くなるまで、近江八幡で暮らしました。1941年(昭和16年)に日本に帰化。一柳米来留(ひとつやなぎ めれる)と名乗りました。近江八幡には町のあちこちにヴォーリズ建築が残っています。

William Merrell Vories (October 28, 1880 – May 7, 1964)  was an educator, architect, missionary and entrepreneur born in the United States who worked mainly in Omihachiman city,Japan.


旧八幡郵便局

旧八幡郵便局(Old Hachiman post office  built by Vories)

ヴォーリズ建築。1921年竣工、1960年まで郵便局の局舎として使用されていました。
現在はギャラリーやイベント会場、ヴォーリズ建築保存再生運動一粒の会の事務所になっています。
■所在地:近江八幡市仲屋町中8


アンドリュース記念館

アンドリュース記念館(Andrews Memorial  built by Vories) ヴォーリズの処女作。

アンドリュースさんは、ヴォーリズの大学時代の親友でした。若くして亡くなったそうです。アンドリュース家より送られた資金を元に、ヴォーリズが貯蓄金すべてを捧げて自ら設計。1907(明治40)年に近江八幡YMCA会館として竣工、1935(昭和10)年に2代目の会館として別の位置に改築。2009年8月、国の登録有形文化財に登録されました。
■所在地:近江八幡市為心町中31

アンドリュース記念館案内板


近江八幡市立八幡小学校

近江八幡市立八幡小学校(Omihachiman elementary school)

ひときわ目を引く、白亜の小学校。近代洋風建築の町、近江八幡らしい建物ですね。木造二階建て。
設計は田中松三郎氏、1917(大正6)年竣工とのことです。(近代建築巡り(近江八幡市立 八幡小学校)より)
■所在地:滋賀県近江八幡市本町5


ヴォーリズ像(近江八幡市の皆さんより、愛と敬意を込めて)

近江八幡を歩けば、心に染みるように伝わってくるのが、ヴォーリズさんへの敬意。
どうしたら写真で伝わるかな、と思って歩いていたら、この像に出逢いました。

右側がヴォーリズさんです。A statue of William Merrell Vories.
花を差し出す子供の像には、生花が飾られていました。
■所在地:大杉町バス停近く(※地図→http://goo.gl/maps/eHvg6

近江八幡の皆さんは、ヴォーリズさんをとても尊敬しています。


※この日の撮影では、八幡掘と旧市街の町並みを中心に撮りました。
他にも素敵な場所がたくさんありますので、ご関心のある方は下記を参照下さい。

観光地として有名な場所や他のヴォーリズ建築、水郷めぐりについては、
近江八幡観光物産協会 http://www.omi8.com/index1.htm

町歩きのモデルコースについては、
遊歩百選-近江八幡のまちなみ http://www.gaido.jp/machikado/2004/10/23yuuho/

近江八幡といえば、和菓子の「たねや」が有名ですが、
冒頭でご紹介した日牟禮八幡宮の鳥居の側に、「日牟禮ヴィレッジ たねや」があります。
日牟禮カフェの特別室も、ヴォーリズ建築とのことです(旧忠田邸を補修改築)。
室内の写真がありました→http://taneya.jp/shop/shiga_himure_vories.html

※近江八幡シリーズ、第4回(最終回)へ続きます。
Photography by J.Kanematsu. September 10, 2009.
To be continued.


■撮影地:滋賀県近江八幡市
旧市街へのアクセス:JR近江八幡駅から近江鉄道バス約10分 大杉町下車
近江鉄道バス時刻表:6番 長命寺行きまたは長命寺経由 休暇村行き
http://time.khobho.co.jp/ohmi_bus/pol_dsp.asp?teicd=8020

■地図:白雲館周辺

大きな地図で見る