琵琶湖のほとりの風景写真「Katata/堅田」|堅田内湖から引かれた水が、田んぼを潤します。小さなため池と、緑の木と、白い雲。 ~Imakatata/今堅田 133 #shiga #otsu #photo

堅田内湖から引かれた水が、田んぼを潤します。小さなため池と、緑の木と。

堅田内湖から引かれた水路が、田んぼを潤します。
小さなため池と、緑の木と、白い雲。
ここからは見えませんが、家々の向こうは、琵琶湖が広がっています。
晴れた日、今堅田の午後の風景です。

堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田
「堅田内湖から引かれた水が、田んぼを潤します。小さなため池と、緑の木と。」
2012.05.27撮影■撮影地:滋賀県大津市今堅田1丁目

Photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata  2012.05.27
“Rice field,small pond,green tree,and  white cloud”


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)
動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

琵琶湖のほとりの風景写真「Katata/堅田」|堅田内湖から引かれた水路が、初夏の町を巡る。街路樹と、家と、日傘の女性と。 ~Honkatata/本堅田 492 #shiga #otsu #photo

堅田内湖から引かれた水路が、初夏の町を巡る。街路樹と、家と、日傘の女性と。

堅田内湖から引かれた水路が、初夏の町を巡ります。街路樹と、家と、日傘の女性と。

堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田
「堅田内湖から引かれた水路が、初夏の町を巡る。街路樹と、家と、日傘の女性と。」
2012.05.27撮影■撮影地:滋賀県大津市本堅田3丁目(2丁目、4丁目境界付近)

Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan 2012.05.27″The waterway from the Katata Inland Lake”



大きな地図で見る


「堅田内湖」について、ご好評につき、2012/6/3(日)掲載の写真を再掲します。
メッセージを寄せてくださった皆さま、本当にありがとうございました。
琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖。水に浮かんでいるような町、舟と緑と花と。 ~Honkatata/本堅田 467-471

琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖1

琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖2

琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖3

琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖4

琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖5


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)
動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

琵琶湖のほとりの風景写真「Katata/堅田」|大阪の堺と並ぶ自由都市だった港町、堅田。殿原衆三家の一つ、居初氏の邸宅にて(後編) ~Honkatata/本堅田 485-491 #shiga #otsu #photo

ツツジの頃、天然図画亭にて1

ツツジの頃、天然図画亭にて2

ツツジの頃、天然図画亭にて3

琵琶湖と対岸の三上山(写真3枚目中央)を借景にした、江戸時代初期の枯れ山水の名庭。

居初氏庭園(いそめし ていえん)は滋賀県大津市堅田の琵琶湖畔にある日本庭園です。
堅田の豪族三家の一つである居初氏(いそめし)の邸宅に伝わる茶庭で、国指定の名勝です。

堅田の郷士・北村幽安(幽安焼の考案者。堅田小学校の近くにお墓があります)と、
その師である茶人・藤村庸軒(千利休の孫である千宗旦の高弟)により、
天和元年(1681)以前に築かれました。

園内にある茶室「天然図画亭」(てんねんずえてい)から、天然図画亭庭園とも呼ばれます。(http://ja.wikipedia.org/wiki/居初氏庭園)
Isome-shi Garden.This is a Japanese garden made before 1681.

解説

殿原衆の館

居初邸外観

先日(5月27日)に、堅田観光協会の取り組みで一般公開された際、撮影させていただきました。今年はツツジの開花時期が5月末~6月上旬となったので、ツツジと一緒に納まっています。殿原衆と居初氏、中世の堅田については、前回を御覧ください。

新緑と扉

■撮影地:居初氏庭園■見学:9:00~16:30(要予約・不定休)■料金:500円(20名以上400円)■住所:滋賀県大津市本堅田2丁目12-5■TEL: 077-572-0708

■アクセス(電車):JR湖西線 堅田駅から徒歩20分 または、
堅田駅から江若バス・堅田町内循環線5分→末広町(すえひろちょう)下車→徒歩3分
■アクセス(車):湖西道路 真野ICから10分



大きな地図で見る


堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 「居初氏庭園にて」 9-15
2012.05.27撮影■撮影地:滋賀県大津市本堅田2丁目

Photograph of Honkatata-2chome,Otsu,Shiga,Japan 2012.05.27″At Isome-shi Garden”9-15


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)
動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

琵琶湖のほとりの風景写真「Katata/堅田」|大阪の堺と並ぶ自由都市だった港町、堅田。殿原衆三家の一つ、居初氏の邸宅にて(前編) ~Honkatata/本堅田 477-484 #shiga #otsu #photo

居初氏庭園の緑の垣根

ひしゃく

白い蔵

中世の堅田は、琵琶湖の水運・漁業・造船を支配する力を持ちました。その筆頭格が居初氏です。

居初氏は、下鴨神社に湖魚を奉納する「供御人」の系譜に繋がる旧家でもあります。
献饌供御人行列の「供御人」はここから来ています。

※「献饌供御人行列」(けんせん くごにん ぎょうれつ)
葵祭の前日(5/14)、堅田から下鴨神社に”琵琶湖の鮒(ふな)”を奉納する行列。
葵祭の写真とともに、5月のバックナンバーでご紹介しています。


居初氏庭園のツツジ

歴史を遡ると、堅田は1090年(平安時代)に京都の下鴨神社御厨(みくりや)となりました。続いて堅田とその周辺地域に比叡山延暦寺の荘園(堅田荘)が成立します。

御厨(みくりや)とは、「厨(くりや)」(「台所」の意)の敬語的表現。
中世日本においては皇室や伊勢神宮など、有力な神社の荘園(神領)を意味する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/御厨

当時、堅田には三つの党がありました(居初・刀弥・小月の殿原衆)。
堅田は下鴨神社延暦の権威を背景に、湖上関の通行税の徴収権などの湖上特権を確立していきます。
御厨となって約90年後の1182年、伊豆神社に宮座が置かれ、堅田は殿原衆を中心に惣の運営を始めます。
大阪の堺と並ぶ、中世の自由都市の始まりでした。

茶室の茅葺屋根

この間、堅田では、自由都市ならでは人の往来がありました。
一休和尚が堅田の祥瑞庵(現在の祥瑞寺)で修行(1415年)
・京都を追われた蓮如上人が堅田の本福寺に数年滞在(1465年~)
・蓮如上人を匿ったことが発端となって、比叡山延暦寺の衆徒が堅田の真宗門徒を攻撃(1468年、堅田大責

蓮如上人の件以前に、堅田は湖上関の通行税(上乗)の徴収で室町幕府に疎まれていたようです。花の御所造営に使う木材に同じように上乗を要求した事から、8代将軍足利義政は領主である延暦寺に堅田の処分を要求しました。当時の延暦寺は蓮如を「仏敵」としていたので、蓮如を匿った事が比叡山を刺激したわけです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/堅田

堅田大責で町を焼かれた人々は、琵琶湖に浮かぶ沖島に逃げました。
2年後に比叡山延暦寺に和解金を払う事で再び堅田へ戻ってきます。
そのとき、堅田の実権が殿原衆(地侍)から全人衆(まろうどしゅう、商工業者・周辺農民)へと移っていったと言います。

1587年、豊臣秀吉が大津百艘船制度を設けた事で、約500年続いた堅田の特権時代が衰退していきます。

※5月27日に、堅田観光協会の取り組みで一般公開された際、撮影させていただいたものです。せっかくの機会ですので、地元の方に伺った事など交えて、居初氏と中世の堅田の歴史を書いてみました。
居初邸には天然図画亭(てんねずえてい)と呼ばれる日本庭園(名勝)があります。次回掲載します。


クスノキの大木

居初邸の庭園にある巨木。クスノキのようです。

琵琶湖岸から見た居初邸

↑琵琶湖岸から見た居初邸。そして、↓居初邸から見た琵琶湖と葦(ヨシ)。目の前に広がる雄大な風景です。

居初邸から見た琵琶湖とヨシ

堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 「居初氏庭園にて」 1-8
2012.05.27撮影■撮影地:滋賀県大津市本堅田2丁目

Isome-shi Garden.This is a Japanese garden made before 1681.
Photograph of Honkatata-2chome,Otsu,Shiga,Japan 2012.05.27″At Isome-shi Garden”1-8


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)
動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

琵琶湖のほとりの風景写真「Katata/堅田」|涼しげなお地蔵さん。本堅田2丁目にて。 ~Honkatata/本堅田 474-476 #shiga #otsu #photo

涼しげなお地蔵さん。本堅田2丁目にて- 1

堅田内湖〈前回)から琵琶湖の方向へ向かって歩いていくと、一本の道にぶつかります。
道の角にあったのが、このお地蔵さん。↑地蔵堂の左下にも、二体あります。↓

涼しげなお地蔵さん。本堅田2丁目にて- 2

初夏を思わせる、涼しげなお地蔵さんです。前掛けと湯のみ、季節のお花がいいですね!

一枚目の写真に写っている住宅の裏は、実はもう琵琶湖です。
次回ご紹介するのは、この通りにある旧家です。 ↓

居初邸の蔵-1

本堅田2丁目の「居初邸」です。(敷地内より、一般公開の際に撮影。)
中世の堅田は琵琶湖の水運を支配する力を持ちました。その筆頭が居初氏です。

居初邸には、天然図画亭(てんねずえてい)と呼ばれる日本庭園(名勝)があります。
普段は居初さんが個人宅としてお住まいなので、予約しないと見学はできません。
先日(5月27日)に、堅田観光協会の取り組みで一般公開された際、撮影させていただきました。


堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 「涼しげなお地蔵さん。本堅田2丁目にて」 1-2
堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 「居初邸の蔵」 1
2012.05.27撮影■撮影地:滋賀県大津市本堅田2丁目

Photograph of Honkatata-2chome,Otsu,Shiga,Japan 2012.05.27
“Jizo at Honkatata-2chome”1-2
Photograph of Honkatata-2chome,Otsu,Shiga,Japan 2012.05.27
“Kura (Japanese Old Warehouse) at Isome Residence”1


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)
動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

琵琶湖のほとりの風景写真「Katata/堅田」|琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖。水に浮かんでいるような町のお話、続編。 ~Honkatata/本堅田 467(2)-468(2)、471(2)、472-473 #shiga #otsu #photo

琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖1

前回掲載した堅田内湖の写真に、堅田出身のWさんからメールをいただきました。
一部の写真は再掲となりますが、Wさんからお伺いした話をご紹介させていただきます。

「一枚目の写真↑の左側にお地蔵さんがあって」というのは、↓この地蔵堂ですね。

琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖-6

Wさんが子供の頃、地蔵盆になるとここにお堂のようなものが建てられて、地蔵盆が近づくと大人総出で準備していたそうです。


琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖2

「二枚目の写真↑の方向に少し歩いて、右側の小道」というのは、↓この風景ですね^^

琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖-7

Wさんの子供の頃、堅田内湖の事を「かや」と呼んでいたそうです。

「かや」と聞かされて育ったので、正確な字は分かりませんが、萱、茅、カヤ・・・他の字かも知れません、とのことでした。

昔は堅田内湖沿いには家もなく、しづか楼(※料亭の名前です)や国道161号線も見えていたそうです。
周りは漁師さんの家が多くて、朝早くから網を干されていたとか。
今でもその面影が残っているような思いが致します。
Wさん、貴重なお話をありがとうございました。

(6/5追記)当初この地区の名前を「萱池」とご紹介しましたが、堅田内湖のことを池をつけて「萱池」と呼んでいたそうです。
堅田には古い地名が呼び名として残っているので、そのひとつかと勘違いしていました。
早とちりで本当にすみません。上記の本文に差し換えた上、訂正させて頂きます。
この機会に「かや」(堅田内湖)の名前の由来について調べてみます。
ご指摘ありがとうございました。


琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖5


堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 「琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖」 1-2、5、6-7
2012.05.27撮影■撮影地:滋賀県大津市本堅田2丁目(案内板は4丁目)

Photograph of Honkatata-2chome,Otsu,Shiga,Japan 2012.05.27
“Katata Inland Lake in May”1-2、5、6-7


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)
動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

琵琶湖のほとりの風景写真「Katata/堅田」|琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖。水に浮かんでいるような町、舟と緑と花と。 ~Honkatata/本堅田 467-471 #shiga #otsu #photo

琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖1

琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖2

琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖3

琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖4

琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖5

まるで水の上に浮かんでいるような町。堅田内湖のほとり、滋賀県大津市本堅田2丁目を歩いてきました。堅田内湖は何度かご紹介してきましたが、この界隈の写真は初掲載です。

実は一枚目の写真、10年以上前に大津市のパンフレットで見たことがあって、ずっと探してきた場所でした。地元の方に聞いても分からず、もう無くなった場所だと思っていたので、歩いている途中に出合って驚きました。舟の場所まで、あのときの写真と全く同じでした。その場所から堅田駅の方向を見たのが、二枚目の写真です。(駅前の「アルプラザ堅田」の鳩のマークと、4丁目のマンションが見えてますね。)

場所は、末広町のバス停から、居初邸へ向かう道の途中にあります。帰り道に同じ場所を通ったら、若い男性が同じ風景をスケッチしていて、なんだかうれしくなりました。

帰りは堅田駅まで内湖に沿ってぶらぶら歩いて、そのときに撮影したのが三枚目と四枚目です。堅田内湖の案内板は、内湖大橋の向こうにある月影公園(本堅田4丁目)で撮影しました。


堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 「琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖」 1-5
2012.05.27撮影■撮影地:滋賀県大津市本堅田2丁目(案内板は4丁目)

Photograph of Honkatata-2chome,Otsu,Shiga,Japan 2012.05.27 ”Katata Inland Lake in May”1-5


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)
動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)