写真ブログ「Katata/堅田」|満開のユキヤナギと黄色いビオラの花 ~tree・flower/木・花 041 #shiga #otsu #photo

満開のユキヤナギと黄色いビオラの花

道端の家のお庭では、ユキヤナギの白い花が満開でした。ブロック塀からはみ出しそうな勢いです。塀に固定されている4つのポットの中には、紫のアクセントが入った黄色いビオラの花。

きっとこの家には、素敵な人が暮らしているんだろうな。
琵琶湖に近い本堅田の住宅街で出会った、元気の出る春の風景です。


堅田(滋賀県大津市)の写真 木・花 「満開のユキヤナギと黄色いビオラの花」
2012.04.16 15:11■撮影地:滋賀県大津市本堅田

Photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  tree・flower  2012.04.16 15:11
“Thunberg’s meadowsweet (Spiraea thunbergii ) and Viola(Viola)”


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)
動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

写真ブログ「Katata/堅田」|色とりどりのチューリップとキティちゃん ~tree・flower/木・花 040 #shiga #otsu #photo

色とりどりのチューリップとキティちゃん

色とりどりのチューリップの上には、キティちゃんの柄のレジャーシート。
花の色が雨で痛まないように、レジャーシートをカバーに使っているのかな?
琵琶湖に近い本堅田の住宅街で見つけた、ほほえましい春の風景でした。


堅田(滋賀県大津市)の写真 木・花 「色とりどりのチューリップとキティちゃん」
2012.04.16 15:07■撮影地:滋賀県大津市本堅田

Photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  tree・flower  2012.04.16 15:07
“Various tulip and Hello Kitty”


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)
動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

写真ブログ「Katata/堅田」|特別編42 滋賀の里山から(21) 菜の花の畑(平野/ひらのの菜の花漬け) #shiga #otsu #photo

滋賀の里山から (21-1) 菜の花の畑1

里山の竹林の手前に、一面の菜の花畑。青空の下、元気の出る黄色です。
少し向こうに、若い桜の並木道が見えていました。

滋賀の里山から (21-2) 菜の花の畑2

前回よりご紹介しているのが、滋賀県大津市の南東部にある、上田上(かみたなかみ)地区、平野(ひらの)。
私は上田上の里山の風景が好きで、こちらにも時々通っています。

平野の菜の花は、地元の方の手で、菜の花漬けになります。
販売先を探したら、こちらの滋賀ガイドさんの記事で紹介されていました。
http://www.gaido.jp/machikado/machikado.php?ID=3794

滋賀ガイドさんによりますと、「黄金漬け」と「新漬け」(浅漬け)があって、
「黄金漬け」は「塩をふったあと半年ほど樽の中で発酵させる伝統的な漬け方」。
「フナ寿司を思わせる独特のクセとほろ苦さ」があって、お酒の肴にもお勧めだそうです。


「滋賀の里山から (21-1) 菜の花の畑1」 撮影地:滋賀県大津市平野‎ 2012.04.12 15:53
From Satoyama landscape in Hirano,Otsu City,Shiga prefecture,Japan(21-1) Field of rapeseeds (Brassica rapa)

「滋賀の里山から (21-2) 菜の花の畑2」 撮影地:滋賀県大津市平野‎ 2012.04.12 15:51
From Satoyama landscape in Hirano,Otsu City,Shiga prefecture,Japan(21-2) Field of rapeseeds (Brassica rapa)

Satoyama landscape in Hirano,Otsu City,Shiga prefecture,Japan.

Satoyama (里山) is a Japanese term applied to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity if properly maintained by human activities. http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama


※特別編「滋賀の里山から」バックナンバー一覧です。
続きを読む →

写真ブログ「Katata/堅田」|特別編41 滋賀の里山から(20) 一雨ごとに潤む。春の畑の幾何学模様 #shiga #otsu #photo

一雨ごとに潤む。春の畑の幾何学模様1

視線を引いていくと・・・↓

一雨ごとに潤む。春の畑の幾何学模様2

畑の畝がまるで何かの模様みたいに見えて、そのまま撮影してみました。
芽吹いた緑と、畝の間の水がきらきらして、春の訪れを感じた一日。

4月中旬の里山は一雨ごとに表情が変わっていきます。
写真の右側の畑は、菜の花が満開でした。

菜の花の写真は次回掲載しますね!


「滋賀の里山から (20-1) 一雨ごとに潤む。春の畑の幾何学模様1」 撮影地:滋賀県大津市平野‎
From Satoyama landscape in Hirano,Otsu City,Shiga prefecture,Japan(20-1) A spring field   2012.04.12 15:56:20

「滋賀の里山から (20-2) 一雨ごとに潤む。春の畑の幾何学模様2」 撮影地:滋賀県大津市平野‎
From Satoyama landscape in Hirano,Otsu City,Shiga prefecture,Japan(20-2) A spring field   2012.04.12 15:56:54

Satoyama landscape in Hirano,Otsu City,Shiga prefecture,Japan.

Satoyama (里山) is a Japanese term applied to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity if properly maintained by human activities. http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama


※特別編「滋賀の里山から」バックナンバー一覧です。
続きを読む →

写真ブログ「Katata/堅田」|特別編40 琵琶湖疏水(2) 第1トンネル入り口の新緑と桜 #shiga #otsu #photo #桜2012

琵琶湖疏水 第1トンネル入り口の新緑と桜

やわらかな緑と、淡い桜色が広がる風景。春の一瞬がみせてくれる優しい色ですね。
普段は人が入らない場所なので、どこかの原生林のような感じもしますが、れっきとした町の中です。
(ちなみに、疏水の柵の狭い隙間から、ズームで撮影しています。)

前回掲載したのが、鹿関橋から見た琵琶湖疏水と桜でした。
この水路の少し先に鹿関橋、そして琵琶湖があります。

前回、鹿関橋から撮った写真の一番奥に見えていたのが、疏水の第1トンネルの入り口でした。今回はその第1トンネル入り口の、ほぼ真上から撮影しています。三角屋根の下がトンネル入り口になります。

トンネルは長等山(ながらやま)の下を通り、京都市の蹴上(けあげ)まで続いています。


【琵琶湖疏水について】
1890年(明治23)に完成した第1疏水、1912年(明治45、大正元年)に完成した第2疏水から成り、水道、水力発電、灌漑、工業用水などに使われています。(琵琶湖疏水のご紹介(京都市上下水道局)

明治・大正時代には水運(旅客・貨物)にも用いられ、琵琶湖と京都、京都と伏見・宇治川を結びました。

当時は「旅客は1891年(明治24年)に大津-蹴上の下りが1時間22分30秒で4銭、上りが2時間20分で5銭と並行する鉄道の京都-馬場が運賃上等50銭(往復75銭)、中等30銭(往復45銭)、下等15銭よりはるかに安く、馬車も8銭を6銭に値下げして競争した」そうです。

残念ながら、旅客・貨物とも1951年(昭和26)が最後になったとのこと・・・
(出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/琵琶湖疏水

ところで最近、京都・大津の双方で、琵琶湖疏水の観光船を復活させる話が出ています!実現したら必ず乗ります!

↓往年の曳き船の写真が鹿関橋の案内板に載っていました。
琵琶湖疏水 案内板2


写真一枚目 「琵琶湖疏水 第1トンネル入り口の新緑と桜 」 撮影地:滋賀県大津市園城寺町‎
Cherry blossom ,fresh green and the Lake Biwa Canal in Otsu City,Shiga,Japan  2012.04.13 15:15

写真二枚目 「琵琶湖疏水 案内板2」  撮影地:鹿関橋(Kaseki Bridge) 所在地:滋賀県大津市大門通
Direction board of the Lake Biwa Canal in Otsu City,Shiga,Japan  2012.04.13 15:21


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)
動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

写真ブログ「Katata/堅田」|特別編39 琵琶湖疏水(1) 鹿関橋の桜 #shiga #otsu #photo #桜2012

琵琶湖疏水 鹿関橋の桜

明治時代に作られた水路の両脇に、優しいピンクの桜の花が、無数に咲いていました。
ここはどこかと申しますと、堅田と同じ大津市にある、三井寺(みいでら)周辺です。
鹿関橋からこのアングルで撮影される桜は、大津の桜の名所のひとつになっています。

大津の桜といえば、私にとっての原風景はまさにここで・・・
私は、ここで生まれて、10歳の頃までここで育ちました。

先週の金曜日、10年以上ご無沙汰していた町を訪ねて、桜を撮影することができました。

この水路、琵琶湖の水を京都へ通すために作られた水路で、琵琶湖疏水といいます。
御覧の第一疏水は、明治23(1890)年に完成した、趣きあるもの。

水路の向こうが長等山(ながらやま)で、山の中腹に三井寺があります。
琵琶湖疏水は、写真奥に見えている第一トンネル入口から長等山の下を通って、京都市まで続いています。

※大津の桜や里山の風景をご紹介したくて、しばし、堅田以外の場所へ飛びますね(「特別編」)。

琵琶湖疏水 案内板1

琵琶湖疏水 案内板2

写真一枚目 「琵琶湖疏水 鹿関橋の桜」  撮影地:鹿関橋(Kaseki Bridge) 所在地:滋賀県大津市大門通
Cherry blossom and the Lake Biwa Canal in Otsu City,Shiga,Japan  2012.04.13 15:21

写真二枚目 「琵琶湖疏水 案内板1」  撮影地:鹿関橋(Kaseki Bridge) 所在地:滋賀県大津市大門通
Direction board of the Lake Biwa Canal in Otsu City,Shiga,Japan  2012.04.13 15:22

写真三枚目 「琵琶湖疏水 案内板2」  撮影地:鹿関橋(Kaseki Bridge) 所在地:滋賀県大津市大門通
Direction board of the Lake Biwa Canal in Otsu City,Shiga,Japan  2012.04.13 15:21


※特別編バックナンバーより(滋賀県内の町に関するものを抜粋しました)
続きを読む →

写真ブログ「Katata/堅田」更新しました|黄色い花と蜜柑のお供え。小さな石仏の前で(浮御堂北湖岸) ~Honkatata/本堅田 449 #shiga #otsu #photo

黄色い花と蜜柑のお供え。小さな石仏の前で(浮御堂北湖岸)

琵琶湖に近い石垣の上に小さな石仏があって、黄色い花と蜜柑がお供えしてありました。

黄色、緑、蜜柑色。どれもビタミンカラーの元気が出る、春の色です。
夕方でしたが風はどこか暖かくて、春の香りが漂っていました。

今年もまた、堅田に春がやってきました。


堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 「黄色い花と蜜柑のお供え。小さな石仏の前で(浮御堂北湖岸)」  2012.04.16 15:45撮影■撮影地:滋賀県大津市本堅田1丁目(浮御堂北湖岸付近)

Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan Honkatata 2012.04.16 15:45
“Floral offering of spring flower, and small stone statue of the Buddha ”


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)
動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

写真ブログ「Katata/堅田」更新しました|真野川の桜 ~Imakatata/今堅田 132 #shiga #otsu #photo

真野川の桜

本日撮影した桜です。琵琶湖のほとり・真野川の桜は満開でした。
今年は例年より1週間程度遅れましたが、咲き始めて2、3日で満開になりました。
堅田の桜は、ちょうど見ごろです(^^)(2012年4月16日)

真野川は湖西の山から流れ、大津市今堅田3丁目と真野5丁目の境界を流れて琵琶湖に注ぐ川です。
国道161号線の琵琶湖大橋病院前から、真野浜水泳場までの間、真野川の片側に、桜並木がずっと続いています。

途中に橋がないので、桜を近くで見るか対岸から見るか、決めてから歩くことをおすすめします。橋は真野浜水泳場まで行けばあります。車で行かれる方は、並木側の車道が狭いので気をつけてください。


堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 「真野川の桜3」 2012.04.16 16:54
■撮影地:真野川(桜並木の対岸から撮影)■住所:滋賀県大津市今堅田

Photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata  2012.04.16 16:54
“Cherry blossoms along Mano-gawa River”3

東北の今を伝える【東北まぐ】2012/04/11号(特集:かまいしキッチンカー、岩手のスーパーマーケット「マイヤ」、気仙沼「すがとよ酒店」、大槌臨学舎の挑戦その3、お取り寄せ:松島ビール※まぐまぐより転載させて頂いています)

「東北まぐ」は、メールマガジンの配信でおなじみ「まぐまぐ」さんが毎月11日に配信されているメールマガジンです。ご好意によりそのまま転載させて頂いています。

.

東北まぐ
夕闇の気仙沼湾/アーバンマリアチャペル

はじめに

あの日から数えて2度目の春がやってきました。東北の市場には春の食材が並び、学校には新しい仲間がやってきます。はじまりの季節を迎えた東北では、人々が新しいまちの地図を描きながら、旅人の来訪を心待ちにしています。みなさまが東北に足を運ぶきっかけとなることを願って。東北まぐ第9号を届け致します。

続きを読む →