特別編38 滋賀の里山から(19) 「正月の縁起物、センリョウ(千両)」 皆様にご利益がありますように。→

センリョウ(千両)

一足早く、お正月の縁起物を写真でお届けしています。
前回、マンリョウ(万両)という植物をご紹介しました。
この「センリョウ(千両)」も、とてもめでたい名前なので、お正月の縁起物です。

↓実が黄色くなるキミノセンリョウ(黄実の千両)もあります。

 キミノセンリョウ(黄実の千両)

センリョウ(千両)、前回のマンリョウ(万両)と同じ場所で撮影しました。
民家の生垣に生えていたのですが、マンリョウ同様、「鳥からのプレゼント」だそうです。

実を食べた野鳥が、生垣や庭で糞をしていくそうで、その後、あちこちに自然に生えてきたとのことでした。

自然の色は優しくていいですね。皆様に「センリョウ」のご利益がありますように^^


「滋賀の里山から (19-1) 正月の縁起物、センリョウ(千両)」 撮影地:滋賀県 2011.12.14 15:48
From Satoyama landscape in Shiga prefecture,Japan(19-1) Sarcandra glabra

「滋賀の里山から (19-2) キミノセンリョウ(黄実の千両)」 撮影地:滋賀県 2011.12.14 15:53
From Satoyama landscape in Shiga prefecture,Japan(19-2) Sarcandra glabra

Satoyama landscape in Shiga,Japan.

Satoyama (里山) is a Japanese term applied to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity if properly maintained by human activities. http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama

堅田の風景動画(短編集)ができました!(堅田カレンダー2012年版/復興支援カレンダーのご紹介を兼ねています)

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ にほんブログ村

滋賀県ランキング