一休さんが修行した寺・祥瑞寺にて (祥瑞寺の紅葉)  ~Honkatata/本堅田 445 #shiga #otsu #photo

祥瑞寺の本堂と紅葉

前回に引き続き、堅田の祥瑞寺の秋をお届けします。
御覧の方丈(本堂)は、鎌倉期の禅寺の建築様式を伝える素晴らしいもの。
その本堂にぐっと寄って撮影したのが、この紅葉の写真です。

どうしたら本堂の感じが伝わるかなーと悩んで、
もっと側に寄るには・・・そうだ、あの鐘楼の高さと近さだ!と、
本堂の前にある鐘楼に上がってみました。
大きな鐘の前から 少年少女のような気持ちで撮らせていただいた、思い出の一枚です。

※室町時代の名僧・一休さんが修行し、悟りを得たのは、ここ堅田(滋賀県大津市)でした。一休さんは、堅田の祥瑞寺(当時は祥瑞庵)にて22歳から34歳まで修行し、一休の道号を授けられています。

祥瑞寺は、応永年間(1394-1428)、大徳寺派の高僧・華叟宗曇(かそうそうどん)により開かれました。その華叟和尚が一休さんの師匠であり、一休の道号を授けた人物です。祥瑞寺の開山堂には、華叟和尚と一休さんの木像が安置されています。


堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 祥瑞寺35 2009.11.26 11:49
「一休さんが修行した寺・祥瑞寺にて(祥瑞寺の紅葉)」

■撮影地:祥瑞寺(臨済宗大徳寺派)■拝観:境内自由(本堂・開山堂の拝観は要予約)■住所:滋賀県大津市本堅田1丁目27-20■TEL: 077-572-2171


It is Syouzuiji temple that Ikkyu, who was a famous priest in the 15th century, self-trained from 22 years old to 34 years old. He realized spiritual enlightenment on the beach in Katata. He was given the name of Ikkyu from Soudon Kasou who was his teacher.This is one of the temples representing Katata,and a wonderful garden is here.

Photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata  Syouzuiji  temple 35
2009.11.26 11:49 ” Maple tree and Syouzuiji temple”