売上の一部を岩手の子どもたちへ、復興支援カレンダー 【堅田の風景カレンダー2012】動画でご紹介しています。Charity calender for Japanese tsunami orphans #shiga #save_iwate #YouTube

※当サイトで何度かご紹介しているカレンダーを、動画でご紹介しています。

10月はじめに製作していたカレンダーです。急遽チャリティー販売にまわしましたので、こちらでの紹介が断片的になってしまいました。改めてご紹介します。

画面(△印)をクリックすると始まります。


■琵琶湖のほとり・堅田(滋賀県大津市)の四季が、今年もカレンダーになりました。
収録写真とカレンダーの外観を、1分39秒の動画でご紹介しています。(音声はついていません。)

雪の路地、琵琶湖に面した民家、水仙のお供え、堅田港の桜、釣り人と入り江、ヴォーリズ建築の教会、湖畔の紅葉、近江八景「浮御堂」などを収録しています。堅田の美しい四季の風景としてごらんいただければと思い、この機会に動画にしました。

■このカレンダーは、復興支援カレンダーとして製作されました。

被災地の写真ではなく、被災地出身でもありませんが、ただ、私の手元にある風景写真(堅田と韓国)で、気軽に置いていただける卓上カレンダーを作成しました。そして、震災孤児の子供たちに渡る義援金(いわての学び希望基金)に寄付する方向で話が進んでいます。

東日本大震災・避難情報&支援情報サイトの活動を通じて、今後は息の長い支援、皆様にとって無理のない支援が必要になってくると感じています。だから、カレンダーの形で、子供さんたちに渡る義援金を選びました。

さらに今回、写真でできる貢献のひとつの形として、様々な方のご協力の下、カレンダーの販売サイトを個人で立ち上げました。それなら委託手数料はかからないし、皆様の気持ちをなるべく多く、被災地に送れると思います。それだけのシンプルな取り組みです。

■津波で流された写真の修復に取り組む「富士フイルム」さんに卓上式で製本していただきました。売り上げから経費を差し引いた額が「いわての学び希望基金」に寄付されます。

この基金の事を多くの方に知っていただきたいという思いで、今回呼びかけをさせて頂いています。どうぞよろしくお願いいたします。

■「いわての学び希望基金」について、岩手県広聴広報課のツイッターを転載させていただいています。

「津波震災孤児等の支援のための寄付(いわての学び希望基金)」震災により親を失った子どもたちが、希望する進路を選択できるよう、また、勉強やスポーツ・文化活動に励んだりできるよう、「くらし」と「まなび」に要する資金として援助させていただきます http://t.co/vdvlUNQY2011年12月8日 17:51 via Tweet Button

 

いわての学び希望基金 http://www.pref.iwate.jp/view.rbz?cd=33420
岩手県、震災孤児基金設立へ アサヒコム2011年4月27日15時18分
http://www.asahi.com/edu/kosodate/news/TKY201104270273.html

■この動画は、YouTubeに11月18日夜にUPしました。
以前別サイトにUPした「献饌供御人行列」(※)の動画も、近日中にUPする予定です。
→11月25日夜にUPしました。 http://youtu.be/DLbFNlXiKzE
そちらもぜひご活用ください。

※献饌供御人行列:葵祭の前日、堅田から京都下鴨神社へ、琵琶湖の鮒を奉納する祭事。

☆(11/25追記)日刊 復興支援 +plus 紙 2011年11月23日でご紹介いただきました。
この記事と動画のほか、別サイト(支援サイト)の記事をご紹介いただきました。
http://paper.li/e_iskry/1313900073/2011/11/23


■お問い合わせはこちらまでお願いします。
ふるさと風景写真館(2012年復興支援カレンダー) http://photographer.cart.fc2.com/


その他の復興支援カレンダーの情報(12/12追記)
TV等で報道されたカレンダーを探して当サイトにいらっしゃった方へ

お探しのカレンダー、多分これじゃないかと思うものを掲載しておきます。
(普段あまりTVを見ないので、違っていたらごめんなさい!)

どちらも支援活動を通じて存じ上げている方々のカレンダーです。

2012三陸復興カレンダー
http://sviwate.wordpress.com/2011/10/31/2012-%E4%B8%89%E9%99%B8%E5%BE%A9%E8%88%88%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC/

SAVE IWATEは平成23年3月13日、盛岡市在住の有志6人によりスタートし、3月23日に市民団体として正式に発足しました。
2012三陸復興カレンダーは、SAVE IWATEが行う沿岸被災市町村支援のための活動資金、およびふるさと岩手の芸能とくらし研究会が取り組んでいる「岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金」に寄付されます。

復興支援カレンダー「ふるさと」
http://www.artsprings.jp/

東北在住のアーティストによる12の作品で構成された平成24年度版カレンダーです。
一部売りに対応されているのは、アートカレンダー専門店『ArtSprings』 さん。
12月中は全ての商品の代引き手数料と消費税が無料とのことです。

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ にほんブログ村

滋賀県ランキング