【速報】第6回湖族の郷アートプロジェクト(2011年11月開催)のお知らせ~琵琶湖畔、滋賀県大津市本堅田の町を舞台に行われるアートイベント&町屋カフェなど #shiga #otsu #kozoku2011

※「湖族の郷アートプロジェクト」の検索で入ってくる方が多いので、こちらでわかることをまとめました。ご参考になさってください。

琵琶湖畔、滋賀県大津市本堅田の町を舞台に行われるアートイベント「湖族の郷アートプロジェクト」のお知らせ(速報版)です。

続きを読む →





湖西の里山から2011・真野 【真野川のヒガンバナとコスモス畑】 #shiga #otsu

ヒガンバナ

真野川のヒガンバナとコスモス畑

お待たせしました!真野川のヒガンバナ&コスモス畑はちょうど見ごろです。9月27日に撮影しました。

柿の木とヒガンバナ、真野川

今堅田(琵琶湖大橋たもと)の観覧車とイズミヤ(大型スーパー)の看板が見えますね。交通量の多い「新宿橋」も、真野川の川べりからみると、こんな感じです。

柿の木とヒガンバナ、コスモス畑

先ほどの写真と同じ柿の木のそばから、向きを変えて撮影しています。

真野川の流れ

真野川の風景

新宿橋から見た真野川の風景。形容する言葉は何もいらない眺めです。

※真野川は湖西の山から流れ、大津市今堅田3丁目と真野5丁目の境界を流れて琵琶湖に注ぐ川です。上流の伊香立から真野にかけて、真野川沿いに、里山の美しい風景が続きます。(伊香立の向こうは、京都の大原です。)

Satoyama landscape of paddy field in Mano,Otsu City,Shiga Prefecture,Japan.

Satoyama (里山) is a Japanese term applied to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity if properly maintained by human activities. http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama

堅田周辺の町/Towns around Katata 094-099 真野(滋賀県大津市)の写真 真野34-39 「湖西の里山から2011・真野 【真野川のヒガンバナとコスモス畑】全6枚」

■撮影地:滋賀県大津市真野3丁目(新宿橋付近)
■撮影日:2011.09.27 14:42/14:41/14:38/14:40/14:45/14:28
■アクセス:JR堅田駅から江若バス・堅田葛川線「沢口」下車、徒歩5分

Photograph of Mano,Otsu,Shiga,Japan  2011.09.27 14:42/14:41/14:38/14:40/14:45/14:28
“Red spider lily ( Lycoris radiata ) and cosmos in flower along Mano-gawa River”


大きな地図で見る

【2017年9月26日追記】9月25日(月)に撮影した写真です。

湖西の里山から・真野川のヒガンバナ2017年9月(滋賀県大津市真野)

 

特別編35 滋賀の里山から(16) オンブバッタと、紫色の実~コムラサキの枝の上で #shiga #photo

滋賀の里山から (16) オンブバッタと、紫色の実~コムラサキの枝の上で

里山を撮影していて、秋もまた、昆虫のペアを見ることが多い季節です。

すっかり葉の色に溶け込んでいますが、オンブバッタのペアがいるのは・・・
前回ご紹介したコムラサキの枝の上。

コムラサキは、紫色の果実が本当に美しい低木です。
残念ながら岩手県では絶滅し、その他多数の都道府県でレッドリストの絶滅寸前・絶滅危惧種・危急種・準絶滅危惧の種に指定されています。

出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/ムラサキシキブ
参考:日本のレッドデータ検索システム(コムラサキ)


「滋賀の里山から (16) オンブバッタと、紫色の実~コムラサキの枝の上で」
撮影地:滋賀県 2011.09.12 18:23
From Satoyama landscape in Shiga prefecture,Japan(16)
Japanese beautyberry(Callicarpa dichotoma ) and smaller longheaded locust(Atractomorpha lata )

Satoyama landscape in Shiga,Japan.

Satoyama (里山) is a Japanese term applied to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity if properly maintained by human activities. http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama


※特別編「滋賀の里山から」バックナンバー一覧です。

続きを読む →

特別編34 滋賀の里山から(15) 紫色の果実が美しい、コムラサキ(コシキブ) #shiga #photo

 紫色の果実が美しい、コムラサキ(コシキブ)

紫色の果実が美しい低木、コムラサキ(コシキブ)。
小さな宝石のような、明るい紫の実を目にすると、秋の訪れを実感します。

ウイキペディアにも書いてありますが、ムラサキシキブ(紫式部)という別種と混同されやすく、コムラサキをムラサキシキブといって栽培しているケースが多いようです。

コムラサキは岩手県では絶滅し、その他多数の都道府県でレッドリストの絶滅寸前・絶滅危惧種・危急種・準絶滅危惧の種に指定されています。

出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/ムラサキシキブ
参考:日本のレッドデータ検索システム(コムラサキ)


「滋賀の里山から (15) 紫色の果実が美しい、コムラサキ(コシキブ)」
撮影地:滋賀県 2011.09.18 09:04
From Satoyama landscape in Shiga prefecture,Japan(15)Japanese beautyberry(Callicarpa dichotoma)

Satoyama landscape in Shiga,Japan.

Satoyama (里山) is a Japanese term applied to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity if properly maintained by human activities. http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama


※特別編「滋賀の里山から」バックナンバー一覧です。

続きを読む →

特別編33 滋賀の里山から(14) アゲハチョウのメスが、今、生まれました。 #shiga #photo

滋賀の里山から (14-1) アゲハチョウのメスが、今、生まれました。

9月の朝に撮影した、生まれたばかりのアゲハチョウ(ナミアゲハ)のメスです。
実は上側がメスで、下にいるのはオスのチョウです。
早速彼女を見つけて、どこからかオスが飛んできたのでした(写真一枚目)。

こんな風に撮影できたのは初めてで、ちょっと珍しいひとこまかもしれません。少し近づいたら、二羽で羽を広げたので、私は撮影してそっと離れました(写真二枚目)。

滋賀の里山から (14-2) アゲハチョウのメスが、今、生まれました。


「滋賀の里山から (14-1) アゲハチョウのメスが、今、生まれました。」
撮影地:滋賀県 2011.09.14 09:35
From Satoyama landscape in Shiga prefecture,Japan(14-1) Swallowtail butterfly(Papilio xuthus)

「滋賀の里山から (14-2) アゲハチョウのメスが、今、生まれました。」
撮影地:滋賀県 2011.09.14 09:37
From Satoyama landscape in Shiga prefecture,Japan(14-2) Swallowtail butterfly(Papilio xuthus)

Satoyama landscape in Shiga,Japan.

Satoyama (里山) is a Japanese term applied to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity if properly maintained by human activities. http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama


※特別編「滋賀の里山から」バックナンバー一覧です。

続きを読む →