2010年夏、東京にて(10) 浅草、その3(麗しの浅草寺、麗しの日本、いつまでも)

宝蔵門をくぐれば、左手には五重塔

東京シリーズの連載・最終回となりました。今回は、浅草寺の風景をお届けします。

表参道入口の門である「雷門」をくぐり、「仲見世」の商店街を歩いていくと、見えてくるのが「宝蔵門」です。宝蔵門をくぐると、左手には「五重塔」(写真)。ちなみに五重塔の後ろに見えているのは、浅草ビューホテルです。

The five-story pagoda of Sensō-ji. 

Sensō-ji (金龍山浅草寺 Kinryū-zan Sensō-ji) is an ancient Buddhist temple located in Asakusa, Taitō,Tokyo. It is Tokyo’s oldest temple, and one of its most significant.Formerly associated with the Tendai sect, it became independent after World War II. Adjacent to the temple is a Shinto shrine, the Asakusa Shrine. http://en.wikipedia.org/wiki/Sens%C5%8D-ji)


宝蔵門をくぐれば、右手には東京スカイツリー

そして、右手には、東京スカイツリー。
気になるのが、門の(背面)左手にもあった巨大なわらじです。これは魔除けの意味をもつそうです。

宝蔵門の2体の金剛力士像のうち、右(東)の吽形(うんぎょう)像が木彫家・村岡久作の作なのですが、村岡久作が山形県村山市出身である縁から、同市の奉賛会により製作奉納されているとのことです。わらを2,500kg(!)使用しているそうです。(http://ja.wikipedia.org/wiki/浅草寺)

Hōzōmon of Sensō-ji ,and Tokyo Sky Tree. 

Beyond the Kaminarimon is Nakamise-dori with its shops, followed by the Hōzōmon or “Treasure House Gate” which provides the entrance to the inner complex. Within the precincts stand a stately five-story pagoda and the main hall, devoted to Kannon Bosatsu.


浅草寺本堂1

宝蔵門をくぐると、本堂が見えていました。参道の両側ずっと、おみくじやお守りが売られていてびっくり。おみくじは本堂の中でも買えますので、私のように慌てずに、お好きな場所でゆっくり買ってくださいね。

本堂について、解説はこちらに譲ります。→

本尊の聖観音像を安置するため観音堂とも呼ばれる。旧堂は慶安2年(1649年)の再建で近世の大型寺院本堂の代表作として国宝(当時)に指定されていたが、昭和20年(1945年)の東京大空襲で焼失した。現在の堂は昭和33年(1958年)に再建されたもので鉄筋コンクリート造である。(http://ja.wikipedia.org/wiki/浅草寺)

Sensō-ji main hall.

During World War II, the temple was bombed and for the most part destroyed. It was rebuilt later and is a symbol of rebirth and peace to the Japanese people. In the courtyard there is a tree that was hit by a bomb in the air raids, it had regrown in the husk of the old tree and is a similar symbol to the temple itself.


浅草寺本堂2

浅草寺の本堂(観音堂)。暑い中を、たくさんの参拝者と観光客が来ていました。
Many worshippers and tourists visit Sensō-ji main hall.


浅草寺境内の公衆電話の前で

浅草寺境内の公衆電話の前で。外国にいるかと思うくらい、いろんな国の人達が歩いていました。 In front of  public telephones in Sensō-ji precincts.


浅草寺本堂3

本堂(観音堂)を、側面から撮影。こういう撮り方をしている人はあまりいないかもしれませんが、見事な赤と模様に見とれてしまって、なんとか撮れないかと試行錯誤の末の一枚なのです。

2009年2月から2010年12月にかけて、「平成本堂大営繕」が行われた。屋根の葺き替えは昭和33年(1958年)の再建以来50年ぶり。宝蔵門の改修工事でも用いたチタン成型瓦を採用。使用色も2色から3色に増やし、より粘土瓦に近い風合いを醸し出している。http://ja.wikipedia.org/wiki/浅草寺

Sensō-ji main hall. What a beautiful red !


青空の下、五重塔と宝蔵門

締めくくりは、青空の下、五重塔と宝蔵門のツーショットで。麗しの浅草寺、麗しの日本、いつまでも。

浅草寺(せんそうじ)は東京都台東区浅草二丁目にある東京都内最古の寺である。山号は「金龍山」。本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)。元は天台宗に属していたが第二次世界大戦後独立し、聖観音宗の総本山となった。観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」と通称され、広く親しまれている。http://ja.wikipedia.org/wiki/浅草寺

☆浅草寺公式ホームページはこちらをどうぞ→http://www.senso-ji.jp/index.html

The five-story pagoda and Hōzōmon at Sensō-ji, Asakusa,Tokyo,Japan.
☆About Senso-ji (English)→http://www.senso-ji.jp/about/index_e.html
☆繁體中文 →http://www.senso-ji.jp/about/index_c.html
☆한국어→http://www.senso-ji.jp/about/index_k.html


写真一枚目 「宝蔵門をくぐれば、左手には五重塔」 撮影地:浅草寺(東京都台東区浅草2丁目3-1) 2010.08.25 11:31:08
“The five-story pagoda of Sensō-ji (Asakusa,Tokyo,Japan)”

ニ枚目 「宝蔵門をくぐれば、右手には東京スカイツリー」 撮影地:浅草寺(東京都台東区浅草2丁目3-1) 2010.08.25 11:31:36
“Hōzōmon of Sensō-ji ,and Tokyo Sky Tree (Asakusa,Tokyo,Japan)”

三枚目 「浅草寺本堂1」 撮影地:浅草寺(東京都台東区浅草2丁目3-1) 2010.08.25 11:31:28
“Sensō-ji main hall, Asakusa,Tokyo,Japan 1”

四枚目 「浅草寺本堂2」 撮影地:浅草寺(東京都台東区浅草2丁目3-1) 2010.08.25 11:46:08
“Sensō-ji main hall, Asakusa,Tokyo,Japan 2”

五枚目 「浅草寺境内の公衆電話の前で」 撮影地:浅草寺(東京都台東区浅草2丁目3-1) 2010.08.25 11:44
“In front of  public telephones in Sensō-ji precincts ( Asakusa,Tokyo,Japan )”

六枚目 「浅草寺本堂3」 撮影地:浅草寺(東京都台東区浅草2丁目3-1) 2010.08.25 11:46:42
“Sensō-ji main hall, Asakusa,Tokyo,Japan 3”

七枚目 「青空の下、五重塔と宝蔵門」 撮影地:浅草寺(東京都台東区浅草2丁目3-1)2010.08.25 11:29
“The five-story pagoda and Hōzōmon at Sensō-ji, Asakusa,Tokyo,Japan”

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ にほんブログ村

滋賀県ランキング