湖西の里山から2011・真野 【きらめく水と緑といのち(16)】 真野普門1丁目にて、水田の小さな稲が伸びていく頃 #shiga #otsu

真野普門1丁目にて、水田の小さな稲が伸びていく頃

今までご紹介してきた「真野」と境を接するのが、真野普門(滋賀県大津市)。
この町もまた、真野川と水田と畑に囲まれた、美しい里山の町です。町の名前もいいですね。写真奥に見えているのが、真野の神田神社の社寺林になります。

今回はこの写真だけのご紹介となりますが、真野同様とても広い町なので、季節と場所を改めて丁寧に撮影していきたいと思っています。

※今月は、真野~真野普門~真野家田~真野大野~伊香立の爽やかな新緑の風景をお届けする予定です。

Satoyama landscape of paddy field in Manofumon,Otsu City,Shiga Prefecture,Japan.

Satoyama (里山) is a Japanese term applied to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity if properly maintained by human activities. http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama


堅田周辺の町/Towns around Katata 064 真野普門(滋賀県大津市)の写真 真野普門1 「湖西の里山から2011・真野 【きらめく水と緑といのち(16)】  真野普門1丁目にて、水田の小さな稲が伸びていく頃」

■撮影地:滋賀県大津市真野普門1丁目1 ■撮影日:2011.05.25 10:08
■アクセス:JR堅田駅から江若バス・堅田葛川線「普門」下車すぐ

Photograph of Manofumon,Otsu,Shiga,Japan  2011.05.25 10:08
“Satoyama landscape of paddy field in Manofumon,Otsu City,Shiga Prefecture,Japan”


大きな地図で見る