京都・年の瀬の風景(2) 貴船

貴船神社は水の神様としての信仰だけでなく、「縁結び」の神社としても有名です。
(平安時代の歌人・和泉式部が貴船神社に参詣し夫と復縁したことによるものです。)

水も、ご縁も、人には大切なものですね。
年の瀬らしくて、この時期の空気感のある写真ということで、一年の最後に、貴船の写真を選んでみました。

ちなみに前回は、「商売繁盛」の神様・伏見稲荷大社から、景気がいい写真をお届けしています。楽しんでいただければ幸いです。皆様、よいお年をお迎え下さい。

冬の貴船1

京都の奥座敷と言われる貴船。貴船川沿いの細い道に老舗の料理店、料理旅館が続きます。朱塗りの橋(鞍馬寺西門に続く橋)の側を、板前さんが歩いていく姿が見えます。

写真一枚目:「冬の貴船1」 撮影地:鞍馬寺西門付近(京都市左京区鞍馬貴船町)
Winter Kibune 1;Around Kibune Shrine in Kyoto,Japan   2008.12.30 12:17


冬の貴船2・門松(料理旅館 右源太の前で

貴船の料理旅館のひとつ、右源太(うげんた)の前で撮影しました。見事な門松ですね!御覧の通り、関西の門松は葉牡丹が入るのが特徴です。

関西では3本組の竹を中心に、前面に葉牡丹(紅白)後方に長めの若松を添え、下部を竹で巻く。豪華になると梅老木や南天、熊笹やユズリハなどを添える。(ウィキペディア)

写真二枚目:「冬の貴船2・門松(料理旅館 右源太の前で)」 撮影地:京都市左京区鞍馬貴船町76
Winter Kibune 2; A kadomatsu in Kyoto style( in front of ryokan (Japanese inn) UGENTA)  2008.12.30 13:33

“A kadomatsu (門松, literally “gate pine”) is a traditional Japanese decoration of the New Year placed in pairs in front of homes supposedly to welcome ancestral spirits or kami of the harvest. They are placed after Christmas until January 7 (or January 15 during the Edo period) and are considered temporary housing (shintai) for kami. Designs for kadomatsu vary depending on region but are typically made of pine, bamboo, and sometimes ume tree sprigs which represent longevity, prosperity and steadfastness, respectively. “The fundamental function of the New Year ceremonies is to honor and receive the toshigami (deity), who will then bring a bountiful harvest for farmers and bestow the ancestors’ blessing on everyone.” After January 15 (or in many instances the 19th) the kadomatsu is burned to appease the kami or toshigami and release them.”( http://en.wikipedia.org/wiki/Kadomatsu )


冬の貴船3・貴船神社奥宮参道

貴船神社奥宮の参道から撮影しました。朱塗りの灯篭と木立に貴船らしさを感じます。

写真三枚目:「冬の貴船3・貴船神社奥宮参道」 撮影地:京都市左京区鞍馬貴船町
Winter Kibune 3;Around Kibune Shrine in Kyoto,Japan  2008.12.30 13:18


冬の貴船4・貴船の森(貴船神社奥宮から)

貴船神社の奥宮から撮影しました。撮影したのが年の瀬だったこともあり、一層幽玄さがありました。貴船の森は鴨川の水源地にあたり、水源の森100選に選ばれています。

写真四枚目:「冬の貴船4・貴船の森(貴船神社奥宮から)」 撮影地:京都市左京区鞍馬貴船町
Winter Kibune 4;Forest at Kibune ( around Kibune Shrine in Kyoto,Japan)  2008.12.30 13:14


冬の貴船5・龍絵馬(貴船神社本宮にて)

貴船の神様は龍神様(水の神様)であるとの信仰にちなみ、絵馬のひとつが「龍絵馬」(写真)になっています。

貴船神社は絵馬発祥の社とも言われています。

古来より、晴れを願うときには白馬が、雨を願うときには黒馬が奉納されたが、実際の馬に代わって木の板に描いた馬が奉納されたこともあり、このことから絵馬が発祥したとも言われる。(ウィキペディア)

写真五枚目:「冬の貴船5・龍絵馬(貴船神社本宮にて)」 撮影地:京都市左京区鞍馬貴船町
Winter Kibune 5;Ema at Kibune Shrine in Kyoto,Japan  2008.12.30 13:14

Ema (絵馬) are small wooden plaques on which Shinto worshippers write their prayers or wishes. The ema are then left hanging up at the shrine, where the kami (spirits or gods) receive them. They bear various pictures, often of animals or other Shinto imagery, and many have the word gan’i (願意), meaning “wish”, written along the side. In ancient times people would donate horses to the shrines for good favor, over time this was transferred to a wooden plaque with a picture of a horse,and later still to the various wooden plaques sold today for the same purpose.( http://en.wikipedia.org/wiki/Ema_%28Shinto%29 )


冬の貴船6・貴船神社本宮参

貴船神社本宮参道。もうすぐ階段を上りきるところです。

本宮では、境内の霊泉に浮かべると文字が浮かんで見えてくるおみくじ(水占おみくじ)を売っています。
御神水は無料で汲んで帰ることができますので、おみやげにどうぞ。

写真六枚目:「冬の貴船6・貴船神社本宮参道」 撮影地:京都市左京区鞍馬貴船町180 Winter Kibune 6;Kibune Shrine in Kyoto,Japan  2008.12.30 12:20

Ema (絵馬) are small wooden plaques on which Shinto worshippers write their prayers or wishes.The ema are then left hanging up at the shrine, where the kami (spirits or gods) receive them.They bear various pictures, often of animals or other Shinto imagery, and many have the word gan’i(願意), meaning “wish”, written along the side. In ancient times people would donate horses to the shrines for good favor, over time this was transferred to a wooden plaque with a picture of a horse,and later still to the various wooden plaques sold today for the same purpose.( http://en.wikipedia.org/wiki/Ema_%28Shinto%29 )


※当ブログのタイトル「堅田」(滋賀県大津市)との位置関係を示すために表示しています。地図の中心が「大原」。右へ行くと「堅田」。中央に戻って左へ行くと「貴船」です。

(堅田を起点に京都市内へ抜ける道を”途中越え”といい、大原を通って宝ヶ池へ抜けます。宝ヶ池は京都市内から比叡山や鞍馬・貴船に行く入り口となる場所です。)


大きな地図で見る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)