大きな 大きな モミジ の木 ~Honkatata/本堅田 329

若き日の一休さんが修行した寺・祥瑞寺の門前、境内の大きなモミジの木

とても大きな木なのに、新緑の頃は後ろの木と区別がつかなくて、どう撮ろうか悩みました。ところが紅葉した瞬間、周りの常緑樹に引き立てられて、際立つ美しさでした。
季節が巡ったことで、この木を主役にして写真を撮ることができたのです。

人生もまた、季節になぞらえて、「花が咲く」「実がなる」などど言いますが、「紅葉する」のもいいですね。さまざまな人生の季節を経た人は、きっと、このモミジのような美しさを持つのだと思います。ありのままで、その人だけにしか出せない存在感がある。そんなことを思いました。

祥瑞寺(当時は祥瑞庵・滋賀県大津市本堅田)は、若き日の一休さん(22歳から34歳)が修行し、悟りを開くとともに一休の道号を授けられたお寺です。


堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 祥瑞寺30 2009.11.26 11:42 「大きな 大きな モミジ の木」

■撮影地:祥瑞寺(臨済宗大徳寺派)■拝観:境内自由(本堂・開山堂の拝観は要予約)■住所:滋賀県大津市本堅田1丁目27-20■TEL: 077-572-2171


It is Syouzuiji temple that Ikkyu, who was a famous priest in the 15th century, self-trained from 22 years old to 34 years old. He realized spiritual enlightenment on the beach in Katata.He was given the name of Ikkyu from Soudon Kasou who was his teacher.This is one of the temples representing Katata,and a wonderful garden is here.

Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  Syouzuiji temple 30
2009.11.26 11:42 ”Big big maple tree in Syouzuiji temple”



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)