堅田の風景カレンダー 【2011年5月版】 献饌供御人行列 (葵祭前日、琵琶湖の鮒を京都・下鴨神社に届ける祭事) ~Honkatata/本堅田 294@

※カレンダー画像の公開は終了しました。

京都三大祭のひとつ・葵祭は、毎年5月15日に下鴨神社で行われます。
その前日(5月14日)、堅田(滋賀県大津市)と下鴨神社で古式ゆかしく行われているのが、献饌供御人行列です。

2010年5月に行われた行列のうち、堅田町内巡行の様子を、2011年5月のカレンダーにしてみました。

堅田の西は京都・大原です。車で1時間移動すれば、大原を越えて下鴨神社に着きます。11世紀後半(平安時代末期)、堅田は下鴨神社の社領でした。

少し詳しく書きますと、1090年、堅田は下鴨神社の御厨(みくりや)となり、
「御膳料」としての鮮魚を進上する代わりに、国司によって所役を免除されました。

下鴨神社という後ろ盾を得たことにより、中世の堅田は琵琶湖の漁業権、通行権を獲得し、琵琶湖最大の自治都市を築いたと伝えられています。

その歴史を踏まえ、琵琶湖の鮒(ふな)と鮒寿司を下鴨神社に届けるという祭事が、
献饌供御人行列 (けんせん くごにん ぎょうれつ)なのです。


改めまして、おかげさまで当ブログは、来月で3周年を迎えます。人気の高かった写真をもとに、堅田(滋賀県大津市)の風景カレンダーを作ってみました。

2010年11月から2011年12月まで、一ヶ月に一枚のシンプルなカレンダーです。
11月中に、毎回一枚ずつUPしていく予定です。