浮御堂と 中秋の名月( 2008年撮影 ) ~Ukimido/浮御堂 058

浮御堂と中秋の名月

今日は中秋の名月(十五夜)ですね。
以前に撮影した写真の中から、浮御堂と、出始めの十五夜の共演を、お届けします。
浮御堂は、琵琶湖に浮かぶ禅寺で、近江八景のひとつ「堅田の落雁」として知られる名勝です。

松尾芭蕉も、十五夜の翌日(十六夜)、堅田でお月見をしています。
元禄4年(1961)8月16日(旧暦)のことで、「十六夜の弁」という俳文が残っています。

そのときの芭蕉の句 「鎖明けて月さし入れよ浮御堂」
「やすやすと出でていざよう月の雲」
「十六夜や海老煮るほどの宵の闇」
(浮御堂境内と十六夜公園に句碑があります。)

十六夜と芭蕉の話の続きは、 Ukimido/浮御堂 057(バックナンバー)を御覧下さい。


十五夜の日、地元の方は、携帯電話やカメラ片手に湖岸に出て、お月見を楽しんでいます。さて、今年のお天気はどうでしょうか。

※次回の更新は、 9/23(木)の予定です。残り9月は毎日更新予定です。


堅田(滋賀県大津市)の写真 浮御堂 「浮御堂と中秋の名月(十五夜)」 2008.10.15 17:37■撮影地:琵琶湖岸(滋賀県大津市本堅田1丁目)


Ukimido Temple (浮御堂) on Lake Biwa  and Full moon on the 15th day of the eighth month of  the traditional Japanese lunisolar calendar.  cf.Tsukimi(月見)  http://en.wikipedia.org/wiki/Tsukimi
As for Katata, Ukimido is known as one of Omi Hakkei (近江八景)or Eight Views of Omi made famous by Hiroshige’s picturesque woodblock prints.

photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Ukimido Temple 2008.10.15 17:37 “Ukimido Temple on Lake Biwa and Full moon on the 15th day of the eighth month of the traditional Japanese lunisolar calendar”