献饌供御人行列(17) 先頭は 下鴨神社の神主さん ( 前編 )

先頭は下鴨神社の神主さん

下鴨神社に続く道を行く一行。先頭は下鴨神社の神主さんです。
続く三名の方々(茶色の着物に、水色の袴姿)は、和楽器を演奏しながらの巡行です。

供御人行列の旗に描かれているのは、下鴨神社の御神紋。
「カモアオイ」(双葉葵、賀茂葵)という植物です。

下鴨神社からいただいた資料によりますと、葵は、昔は「あふひ」と書き、
「あふ」は「会う」、「ひ」は神様の力を示す言葉だそうです。
大きな力に巡りあうという意味を、植物の「あふひ=葵」で示していると伝えています。


京都の葵祭の前日(5月14日)。祭の舞台となる賀茂御祖神社(下鴨神社)へ、
琵琶湖畔の町・本堅田から、鮒(ふな)を献上する神事が行われています。
今御覧になっている「献饌供御人行列」(けんせん くごにん ぎょうれつ)です。

献饌供御人行列とは(当ブログ2010.4/17の記事)
動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

堅田(滋賀県大津市)関連の写真 献饌供御人行列(京都)
「下鴨神社巡行3・先頭は 下鴨神社の神主さん(1)」  2009.05.14 10:13:06
■撮影地:下鴨神社付近(京都府京都市左京区下鴨泉川町59‎)


わかりやすくするために、地図をつけてみました。
↓堅田~大原~宝ヶ池~下鴨神社の地図です。


大きな地図で見る


Kensen Kugonin Gyoretsu procession in Shimogamo Shrine ,Kyoto,Japan.

In the second half in the 11th century (Heian era last years) ,Katata was a territory in Shimogamo Shrine in Kyoto, and “Mikuriya” was put under Kanda Shrine, and the obligation to which an attendant table to Kamonoyashiro and seafood for an attendant festival are presented was carried.As the reward, Katata got every rights and interests from fishery or the service of Lake Biwa and built the greatest town around Lake Biwa in the Middle Ages.Every year, “Kensen Kugonin Gyoretsu” procession which leaves the Kanda Shrine and sends crucian carps to Shimogamo Shrine is performed gracefully with the traditional ritual on May 14,the day before Aoi Festival of Kyoto.

photograph of Shimogamo Shrine ,Kyoto,Japan 2009.05.14 2009.05.14 10:13:06
“Kensen Kugonin Gyoretsu procession in Shimogamo Shrine ,Kyoto,Japan”3

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ にほんブログ村

滋賀県ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)