一休さんが修行したお寺・祥瑞寺(1) 白い椿 ~tree・flower/木・花 027

祥瑞寺の白い椿

まるで「秘密の花園」のような、緑あふれる庭で、
白い椿がひとつ、咲いていました。

祥瑞寺は、トンチで有名な一休さんが、22歳から34歳まで修行し、
悟りを開くとともに、一休の道号を授けられたお寺です。


バックナンバーより、春の祥瑞寺の花の写真を、もう一枚>>
(祥瑞寺開山堂とサンシュユ(山茱萸 Cornus officinalis))


堅田(滋賀県大津市)の写真 木・花 「祥瑞寺の白い椿」 2009.04.07 12:24

■撮影地:祥瑞寺(臨済宗大徳寺派)■拝観:境内自由(本堂・開山堂の拝観は要予約)■住所:滋賀県大津市本堅田1丁目27-20■TEL: 077-572-2171


It is Syouzuiji temple that Ikkyu, who was a famous priest in the 15th century, self-trained from 22 years old to 34 years old. He realized spiritual enlightenment on the beach in Katata.He was given the name of Ikkyu from Soudon Kasou who was his teacher.This is one of the temples representing Katata,and a wonderful garden is here as you can see.

photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  tree・flower  2009.04.07 12:24
“White camellia( Camellia japonica ) in Syouzuiji temple ,Japan”

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ にほんブログ村

滋賀県ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)