臨時増刊号・献饌供御人行列の動画(2009年5月14日(木)撮影)


葵祭の前日である5月14日、滋賀県大津市本堅田から京都下鴨神社へ鮒を献上する行事が、献饌供御人行列です。

2009年度の行列に堅田から同行させていただき、写真にて撮影したものを動画にしました。音声はついていません。先日mixiで公開したものと全く同じものです。

※その後nifty動画が公開終了したため、2011年11月25日にYouTubeに移しました。


堅田と下鴨神社との結びつきは古く、平安時代に遡ります。

1090年堅田は京都下鴨神社の御厨(みくりや)となり、「御膳料」としての鮮魚を進上する代わりに国司によって所役を免除されていました。

下鴨神社という後ろ盾を得たことにより、中世の堅田は琵琶湖の漁業権、通行権を獲得し、琵琶湖最大の自治都市を築いたと伝えられています。

この歴史を現代にも伝えようと、1990年から行われているのが献饌供御人行列です。
(※堅田町内だけでなく下鴨神社へも巡行する現在のスタイルは1994年からです。)

2009年度は、1.堅田町内巡行:午前8時から9時
神田神社→旧西浦の小路→伊豆神社→港橋→本町商店街通り→出町通り→みくりや参道→湖族の郷資料館(バスにて下鴨神社へ)
2.下鴨神社糺の森参道巡行:午前10時から11時
というルートで実施されています。

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ にほんブログ村

滋賀県ランキング