Honkatata/本堅田 115

宮ノ切の地蔵堂と石段と柿の木

中世の日本(特に西日本)には、宮座と呼ばれる、古い氏子の氏神祭祀に関する特権的団体が現れた。宮座の構成員である座衆は、封建社会を通じ、村の家柄として村政一般にも権力を振った。中世の堅田にも宮座が設けられ、琵琶湖岸に石垣を築き、防御塁とした。これが「きり」である。

「宮ノ切」が最初に築かれ、「東ノ切」「西ノ切」「今堅田切」へと発展し、堅田が形成された。戦国時代、「宮ノ切」は堅田城の一部となった。本堅田1丁目には、環濠のなごりが水路としてわずかに残っている。

In medieval Japan (especially western part of Japan), the exclusive organization about the festival-of-the-village-god festival of an old parishioner called Miyaza(宮座) appeared. The constituent of the household head called Zasyu(座衆) shook power at the general politics of the village as birth of a village through the feudal society.Miyaza appeared also in medieval Katata.
The stone wall was built to the Lake Biwa shore, and it is “Kiri(きり、切)”.The “Miyano Kiri” was built first, it developed into “Higashino(east) Kiri”, “Nishino(west) Kiri”, and “Imakatata Kiri”, and Katata was formed.

The “Miyano Kiri” was  1 component part of the Katata castle in the 16th century .
Even now, the vestiges of the annular waterway  remain in Honkatata 1 chome slightly as a waterway.

堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 「宮ノ切」 2008.10.02 15:29
photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan Honkatata “Miyano Kiri” 2008.10.02 15:29

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ にほんブログ村

滋賀県ランキング