Honkatata/本堅田 114

光徳寺の報恩講のお知らせが張られている民家

報恩講とは、浄土真宗の開祖(宗祖)である親鸞(1173~1262) の祥月命日の前後に、 宗祖に対する報恩謝徳のために営まれる法要のこと。 浄土真宗の僧侶・門徒にとっては、年中行事の中でも最も重要な法要である。 (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

Houonko(報恩講) means the Buddhist service performed since the obligation to the founder is rewarded and virtue is appreciated before or after the anniversary of death of Shinran (親鸞,1173₋1262) who is the founder of the Jodoshinsyu(浄土真宗). For the priest and adherent of Jodoshinsyu, it is the most important Buddhist service also in an annual event. (Source:”Wikipedia”)

堅田の写真(滋賀県大津市本堅田) 本堅田 「光徳寺の報恩講のお知らせ」 2008.10.02 15:54
photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan Honkatata “Information of Houonko at Koutokuji temple” 2008.10.02 15:54

 

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ にほんブログ村

滋賀県ランキング