■JR湖西線・堅田駅⇔浮御堂周辺散歩■10 ~Honkatata/本堅田 047

本福寺の松

本福寺第11代住職・明式は俳号を千那といい、松尾芭蕉の弟子であった。
本福寺を訪れた際、風邪で寝込んだ芭蕉は「病雁の夜寒に落ちて旅寝かな」の句を残している。この句の真筆句碑が本福寺境内に残っている。

堅田の写真(滋賀県大津市本堅田) 本堅田 本福寺1 「本福寺・松」
Hopuku-ji temple(Katata,Shiga prefecture,Japan) 2008.04.15 12:13


今月お送りしているのは、JR湖西線と堅田駅、および滋賀県大津市本堅田1丁目の古い路地を写した、 2008年春の記録です。