初めてのワードプレス(14)訪問者に配慮しつつ画像文章の盗用対策になるプラグイン3選

酒ケーキ・浪の音と、純米酒・浪乃音

デジタル技術の発展で、個人でもサイトを運営・情報発信することが容易な時代になりました。それと同時に、コピーが技術的に容易になったことで、営利目的・商用目的での悪質な盗用から作品・著作物を守ることは必須となっています。

写真サイトを運営していて長年悩ましいのが、大半の真っ当な訪問者の方に配慮しつつ、営利目的・商用目的での悪質な盗用をいかに防止するかという点です。

本屋さんやお店の方が、万引き対策に苦心されているのとどこか似ていているように感じていて、お店の方のご苦労も、言葉にならない部分でわかる気がします。

下記記事は1~2年前に載せたものですが、他サイト様でご紹介いただいたこともあり、今でも読まれています。
キュレーションサイトの報道がされ、声を上げる人が増えている中で、現状に対処していく方法論の一つとして、自分の経験がいつか誰かのお役に立てるかもしれないと思い、今回はワードプレスについて連載しています。

写真の無断転載に抗議して使用料の話をしてみたところ・・・某バイラルメディア/キ...
しばらく更新できませんでした。実は今、ブログ写真の無断転載の件で、ある商用サイトに抗議しています。今までは削除請求だけで穏便に済ませてきましたが、今回は賠償の話もしました。相手方が企業で完全な営利目的で運営されているサイトなのと、今まで他の人達から正当な抗議を受けているのに無断転載が起きているか...
Googleに著作権侵害の申し立てをするときは「名前の公開」に気をつけて!~ブログ...
このブログは8月末にこちらに引っ越したばかりです。引っ越し後は、写真サイトを作るときに参考になりそうな話題を書こうと思っていました。ところが移転直後、当ブログを丸写しして自動更新しているサイトの存在が発覚しまして…具体的には移転前の旧ブログ(2015年8月の記事)が被害に遭っていました。相手はRSSを利用...

 

right-click

さて、画像の無断転載で一番簡単な方法だと言われているのが、右クリックです。

右クリックを一律禁止するのは技術的にはある意味簡単で、検索すればその方法も、それを破る方法も載っています。

それでも、右クリックは画像保存の他に様々な機能があるので、訪問者の利便性を考えたらなるべく禁止したくない。用語の検索まで封じることはしたくない。その辺が悩むところです。

 

  • 右クリックを一律禁止することなく、画像の右クリックには警告を出したい。
  • 文章(言葉)の検索用に選択はできるけれども、文章全部のコピーは防止したい。
  • ブログやサイトを更新した後、検索エンジンにすぐにインデックスさせて、他のコピーサイトが先にインデックスしてしまうのを防ぎたい。

 

現時点でたどりついたのが、以下の3つのプラグインを併用する方法です。
写真と画像の対策を分けて考える必要がなければ、最初の2つのうちどちらかだけでも十分です。

  1. Content Copy Protection & Prevent Image Save
  2. TG Copy Protection
  3. WebSub/PubSubHubbub

デジタル技術とインターネットの特徴がコピーと公開性にある以上、完璧な技術はない以上、100%の防止策はありません。それでも抑止力と予防の効果はあります。何かのご参考になれば幸いです。

※画像の無断転載対策 としては、透かしやサインを入れるのも一つの方法です。

造り酒屋のガラス戸ごしに見えた風景

写真:堅田で過ごす夏(2010年8月連載)より「造り酒屋のガラス戸ごしに見えた風景」
撮影地:浪乃音酒造、滋賀県大津市本堅田
※一枚目の写真について⇒酒ケーキ・浪の音(2010年9月掲載)

 

目次
1.Content Copy Protection & Prevent Image Save
2.TG Copy Protection
3.WebSub/PubSubHubbub
4.テーマでカバーできる場合

 

1.Content Copy Protection & Prevent Image Save

右クリック一律禁止のプラグインが大半の中で、テキスト(文章)と画像を分けて設定できる秀逸なプラグインです。他の盗用防止系のプラグインと併用しても干渉がないことから、使い続けてきました。

残念なことに2017年8月19日現在で、更新が2年以上止まったままになっています。WordPressバージョン 4.8.1(現時点の最新バージョン)では機能しています。

◆導入方法

1. 管理画面⇒プラグイン⇒新規追加
wp-plugin-maintenance-1

 

2.「プラグインを追加」画面が出るので、検索窓に Content Copy Protection & Prevent Image Save と入力
prevent-image-save-1

 

3. 「今すぐインストール」をクリック⇒完了したら「有効化」をクリック
prevent-image-save-2

◆設定

  • 右クリックを一律禁止することなく、画像の右クリックには警告を出したい。

prevent-image-save-3

※Text Options:コントロールキーを用いた選択・コピー・切り取り・貼り付けを防止します。テキスト(文章)のコピーを防止したい場合はPreventで始まる箇所すべてにチェックを入れる。許可する場合はAllow Copyの箇所にチェックを入れる。

※Image Options: Prevent Image Saving.(画像の保存を防止する)にチェックを入れる。右クリック時に警告文を出したい場合はメッセージを記入。空欄にすると表示されない。

※Others  Options: コントロールキーを用いたページの保存防止と、右クリックの完全無効が選択できます。右クリックを完全無効にしたい場合はDisable Context menu.にチェックを入れて、メッセージを記入(空欄でも可)。

 

2.TG Copy Protection

右クリック禁止の内容を段階的に設定できるプラグインです。

Content Copy Protection & Prevent Image Saveでテキストに対し弱めの防止策をした場合、TG Copy Protectionと補完させると、検索用に単語の選択はできるけれども、コピーしようとすると空白がコピーされるという微妙な状態を作りだすことができます。

残念なことに2017年8月19日現在で、更新が2年以上止まったままになっています。WordPressバージョン 4.8.1(現時点の最新バージョン)では機能しています。

Content Copy Protection & Prevent Image Saveと併用しても干渉しません。またTG Copy Protectionを使用した状態で、お問い合わせフォーム(Jetpack使用)に書き込み・送信しても何ら不具合はありませんでした。(普通に書き込み・送信できます。)

このプラグインのことは、Mr.フリーマンさんのワードプレスブログのコピペを防止するおすすめプラグインは?という記事で知りました。Mr.フリーマンさんの記事とはバージョンが違うのか、設定画面が異なっている点はご留意下さい。

◆導入方法

1. 管理画面⇒プラグイン⇒新規追加
wp-plugin-maintenance-1

 

2.「プラグインを追加」画面が出るので、検索窓に TG Copy Protection と入力
tg-copy-protection-1

 

3. 「今すぐインストール」をクリック
tg-copy-protection-2

⇒完了したら「有効化」をクリック
tg-copy-protection-3

◆設定

  • 文章(言葉)の検索用に選択はできるけれども、文章全部のコピーは防止したい。

tg-copy-protection-4

※4段階で選択できます。

  • コピー/印刷/保存/ソースコード等のマウスとキーボードのコマンドを無効にして、コピー防止を有効にする(一番強力)
  • 何もコピーされない設定(空白がコピーされる)ことで、コピー防止を有効にする
  • コピー防止機能は無効化されるが、テキストをコピーすると著作権を表示したリンクが表示される。著作権表示の内容は設定可能
  • コピーを完全に許可する

3.WebSub/PubSubHubbub

こちらはよく知られたプラグインで、日本語の情報もたくさんあるうえ、更新もされています。

  • ブログやサイトを更新した後、検索エンジンにすぐにインデックスさせて、他のコピーサイトが先にインデックスしてしまうのを防ぎたい。

いわゆるパクリサイトよりも先にインデックスすることで、オリジナルサイトを守ります。

◆導入方法

1. 管理画面⇒プラグイン⇒新規追加
wp-plugin-maintenance-1

2. 「プラグインを追加」画面が出るので、検索窓に WebSub と入力
3. 「今すぐインストール」をクリック⇒完了したら「有効化」をクリック
WebSub/PubSubHubbub

◆設定:特に必要なし

 

4.テーマでカバーできる場合

商用サイトや流行のものを扱うサイトなど、サイト全体を一律コピープロテクトしたい場合テーマの機能でカバーできることがあります。筆者の場合、事務所のストックフォトサイトではテーマの機能で一律コピープロテクトしています。

例えば「Stinger」「Stinger Plus」を使っていれば、サイトを一律コピープロテクトできる機能があるので、「Content Copy Protection & Prevent Image Save」と「TG Copy Protection」は基本的に不要です。

「Stinger」「Stinger Plus」ではテーマの機能の中に以下の設定があります。有効にすれば完了です。

テキスト選択不可にする※100%コピーを禁止できるわけではありません(個々の設定が優先されます。)

ただし、お問い合わせページは除外しておいて下さい。

 


 

次回(第15回)は、写真の盗用対策(サーバーの設定、具体的には.htaccessの記載方法)について掲載していきます。サイト丸写しプラグインを撃退する方法などを予定。

 


◆初めてのワードプレス目次

初めてのワードプレス(1)独自ドメイン取得
初めてのワードプレス(2)レンタルサーバーの選び方(必要な条件やスペックを考えてみた)

初めてのワードプレス(3)サーバーを借りた後、何をどうすればいいか(手順)
初めてのワードプレス(4)WordPressをインストールする

初めてのワードプレス(5)Edit Author Slugでユーザー名を非表示にする
初めてのワードプレス(6)メンテナンス中表示にするComing Soon Page & Maintenance Mode by SeedProd

初めてのワードプレス(7)高機能プラグインJetpackの設定方法
初めてのワードプレス(8)Akismet Anti-Spamの設定とAPIキー取得方法

初めてのワードプレス(9)ワードプレスの設定とテーマの変更・カスタマイズ
初めてのワードプレス(10).htaccess/TeraPad/FTPソフト

初めてのワードプレス(11)WordPressをドメイン直下に表示する方法
初めてのワードプレス(12)固定ページの作り方/レイアウト/メニュー表示(問い合わせページを例に)

初めてのワードプレス(13)WordPressを使った写真ブログの作り方
初めてのワードプレス(14)訪問者に配慮しつつ画像文章の盗用対策になるプラグイン3選(今回)

 

番外編
10年続く写真ブログ、サーバーをファイアバードからmixhostへお試し移転中です(2017/6/30)

写真サイトに使えそうな新しい独自ドメインが次々登場~.camera.photoから.studioまで(2017/7/3)

レンタルサーバーの話(2017年夏):ロリポップ!無料独自SSL対応、エックスサーバーSSD採用、そしてスターサーバー統合(2017/8/11)

 

◆無料ブログからワードプレスへの移転(無料ブログ側の設定)

無料ブログからWordPressへの確実な引越し~リダイレクトできない無料ブログで行った3つのこと

 

 



初めてのワードプレス(13)WordPressを使った写真ブログの作り方

各画像(9枚)の上を「クリック」してみて下さい。詳細を大サイズでご覧頂けます。(なおサイトの仕様上、右クリックで画像を選択できませんのでご注意下さい。)

今回はこんな感じの画像ギャラリーの作り方を中心に、WordPress特有の画像にまつわる話について掲載します。

WordPressを使った写真ブログの作り方のご参考になれば幸いです。

続きを読む →

レンタルサーバーの話(2017年夏):ロリポップ!無料独自SSL対応、エックスサーバーSSD採用、そしてスターサーバー統合

このブログは既に1652記事公開し(今回で1653記事)、開設10年目の写真ブログです。

記事の読み込みが遅くなりがちなのを補ってくれたり、昨今の写真盗用へ対処するための設定を可能にしてくれるレンタルサーバーの性能・機能に、とても関心を持っています。

2017年7月より当ブログでは、写真ブログや写真ホームページを作るための基本の話を書いてきました。

ようやく写真盗用対策の箇所を書こうと思ったら・・・なぜかレンタルサーバーの機能強化やら再編のニュースが相次ぎまして、8月8日にバックナンバーの修正(追記)を行いました。追記した個所をまとめて今回の記事にしました。

 

レンタルサーバーの話題(2017年夏)

まず、どんなレンタルサーバーのニュースがあったかと言いますと…

2017年7月11日~ロリポップ!で無料の独自SSL(Let’s Encrypt)が全プラン利用可能に

2017年7月11日~エックスサーバーの新規受付サーバーがオールSSD RAID10構成採用(契約中サーバーにおいても2017年秋より順次オールSSD構成へ変更予定)

2017年8月7日~ネットオウルのサーバーがスターサーバーとして統合。
無料の独自SSL(Let’s Encrypt)が有料サーバー全プランで利用可能に。
主要プランでは上位コースへの即時反映のプラン変更機能(クラウド型)採用へ

 

当ブログでも、7月に無料の独自SSLでSSLサイト(https://katata.info)となりました。
「無料の独自SSL」と「サーバーの高速化」は、サーバーの標準となりつつありますね。 続きを読む →

一眼レフカメラで親指AFにしていても他の人に写真を撮ってもらう方法(ユーザーセッティング・カスタム撮影モード利用法)

今回掲載するのは、以前からずっと書こうと思っていた話題です。帰省や旅行などで記念写真を撮ることが増える季節なので、この機会に掲載します。

一眼レフで自分だけの撮影設定を行っていると、とっさのときに設定の解除の方法が分からず慌ててしまったり、観光地などで他の人に写真を撮ってもらうことを遠慮してしてしまいがちになりませんか?カメラを渡されたほうも、どうしていいか分からなかったり…。

回避する方法として、Nikonだとユーザーセッティング、Canonだとカスタム撮影モードを利用する方法がありますよというお話です。最近は一眼ミラーレスでも同様の機能を持つカメラが出ています。

 

1.親指AFとは

タイトルにある「親指AF」というのは、カメラのピント合わせは「親指」で、シャッターボタン以外の他のボタンを押して撮影する方法です。

普通の場合は、ピント合わせとシャッターを、一つのシャッターボタンを押すことで撮影することがほとんどだろうと思います。

AE-L AF-L/Nikon D40

プロカメラマンやセミプロの方はピント合わせを「親指」で行い、「AF」(オートフォーカス)をAE-L  AF-Lボタン(Nikonの場合・写真の赤丸の箇所)などに割り当てて行っていることがあります。

studio9「知ってた?ピント合わせが超高速になる親指AFの使い方と設定方法!」
http://photo-studio9.com/oyayubi-af/
Amazing Graph「親指AFのメリットとデメリット!親指AFを使いこなしてジャスピンをものにしよう!」
http://a-graph.jp/2015/11/05/5756
北海道~道東を撮る「寒い季節には親指オートフォーカスが便利」
http://blog.livedoor.jp/kenaquajp-hokkaido_shizen/archives/1015963024.html

 

親指AFでもう一つ気を付けていただきたいのは、親指AFの設定をしているとレリ-ズを使おうとしても、レリーズでシャッターが切れません。

ちなみにレリーズとは、写真屋さんが記念写真を撮るときに使っているコード状のスイッチみたいなものです↓

 

 

この場合は親指AFで撮影するか、親指AFの設定を解除してレリーズで撮影するしかないのでしょうか?

親指AFのデメリット
1 他人に写真を撮ってもらうとき
2 レリ-ズを使うとき

デメリットはユーザーセッティング/カスタム撮影モードで解消!

 

2.対応カメラと登録方法

あくまで現時点で筆者(Nikon使い)の調べた限りなので、漏れている機種・対応していない機種があるかもしれません。その点はご了承願います。登録方法は各社ホームページのリンクをご参照下さい。Nikonについては次章で取り上げます。

Nikon:ユーザーセッティング u1 u2

  • D7000
  • D7100
  • D7200
  • D600
  • D610
  • D750

Canon :カスタム撮影モード C1 C2 C3

ミラーレス一眼カメラ

 

3. Nikonユーザーセッティング u1 u2の設定例

Nikonの場合、該当機種のマニュアルで「AE/AFロックボタンの機能」を探してください。「押し時の動作」で「AF-ON」に設定すると親指AFになります。「設定しない」にすると親指AFは解除されます。

 

u1の登録方法と設定例

ダイヤルをu1に合わせた後、いったん親指AFの設定を解除して下さい。
マニュアルで「ユーザーセッティングを登録する」を参考に、撮影モード等を設定・登録してください。

一例として、u1はプログラムシフト(撮影モードP)で登録しておきます。想定している場面は、他の人にカメラを渡す直前にu1に切り替え、「LV」(ライブビュー)ボタンを押して渡す場合です。

コンパクトデジカメと全く同じ操作になり、かつ液晶画面に撮影範囲が出るので、一眼レフに慣れていない人でも撮影しやすくなります。

 

u2の登録方法と設定例

u1の場合と同様に、ダイヤルをu2に合わせた後、親指AFの設定を解除した状態で「ユーザーセッティングを登録する」を参考に、撮影モード等を設定・登録してください。

一例として、u2は絞り優先オート(撮影モードA)で登録しておきます。想定しているのは、普段は親指AFを使用していてレリーズを使う場合です。

レリーズを使用する際は、まずレリーズを装着してからカメラの電源を入れ、u2に切り替えてレリーズ撮影を行います。

 

他にもいろんな使い方があると思いますが、何かの参考にしていただければ幸いです。


Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

このブログは撮影地域で出会った方々との交流や、撮影地域の豊かな文化をお伝えできればと、撮影者個人で運営しているブログです。文章・画像の無断転載および複製・二次利用行為・営利目的行為はご遠慮下さい。

初めてのワードプレス(12)固定ページの作り方/レイアウト/メニュー表示(問い合わせページを例に)

竹林の中を走る電車
写真:「堅田で過ごす夏」(2010年8月掲載)より、
おごと温泉駅付近「竹林の中を走る電車(車内から)」

 

問い合わせページを例に、WordPressでの固定ページの作り方、レイアウト、メニュー表示まで、一連の流れをまとめてみました。

第7回でご紹介した高機能プラグインJetpackを使って問い合わせフォームを設置しています。レイアウトの仕方やメニュー表示はどのテーマ・プラグインを使っても共通なので、イメージをつかむご参考になれば幸いです。 続きを読む →

【お知らせ】スマートフォンで御覧いただいている皆様へ、記事がAMP対応しました

当ブログの個別記事が本日、AMP対応しました。

AMP(Accelerated Mobile Pages/アクセラレーテッド・モバイル・ページ)とは、モバイルに最適化した素早く読み込める仕様のことで、極力シンプルな作りになっています。

↓トップページはこんな感じです。

amp-complete

先日SSL(https化)に対応した際に、膨大な画像についてAMP用の作業も並行して行いました。なお「堅田の町について」等の固定ページは従来通り(非AMP)となります。

当ブログは写真ブログで写真文章とも多めなため、読み込みが気になる方はAMPページをご利用いただければ幸いです。

※スマートフォンだけでなく、タブレット、パソコンからもご覧いただけます。
※いつものURLの最後に、/ampを追加するとAMPページが表示されます。

https://katata.info/amp

初めてのワードプレス(10).htaccess/TeraPad/FTPソフト

浅草の大衆劇場、木馬館の前にて

このブログは2007年冬に無料ブログでスタートしました。2015年夏にWordPressに移転し、その後サーバーの移転を経験しています。

堅田地域・大津・滋賀の撮影日記であると同時に、2015年頃からはキュレーションサイト等による無断転載(=営利目的・商用行為での無断使用)との攻防の記録として、現状で著作権侵害とどう向き合ったらいいかを綴ってきました。

この連載はクリエイターや写真ブログを作りたい人、表現したいものがある人が自力で最低限のことができる手助けになればと、自分の経験を元に書いています。

技術者でなくても限られた人数でサイトを管理している方も多いと思うので、特に今回のテーマは緊急時や困ったときの豆知識としてどこかに覚えていていただけたら幸いです。
続きを読む →