【お知らせ】写真事務所ホームページを再リニューアル&ポートフォリオを一新しました

琵琶湖に向かって建つ都久生須麻神社鳥居

兼松純写真事務所のホームページデザインを一新し、ポートフォーリオ(作品集)をまとめ直しました。

2013年1月のホームページ公開以来、写真アルバムをFlashで作成していたのですが、2017年の7月末にAdobeが「Flash Player(閲覧ソフト)の開発と配布を2020年末に終了予定」と発表したため、アルバムを作り直しました。

今回は旧アルバムに収録していた「堅田」(滋賀県大津市本堅田・今堅田)の写真の他、新規に「奈良」と「京都」の写真を第一陣として掲載しています。

サイトを開くと流れるスライダー写真には、湖北(滋賀県彦根市・米原市)の写真を数枚使いました。堅田以外の滋賀県各地の写真も、ポートフォーリオとして随時UPしていく予定です。

2019年1月14日追記:スライダー写真に滋賀各地の写真(下記)を追加しました。
・守山市今浜町:雪の比良山系と菜の花畑
・大津市坂本:日吉大社の山王祭
・甲賀市水口町:サツキ咲く大池寺蓬莱庭園
・長浜市早崎町:琵琶湖に向かって立つ鳥居(竹生島神社(都久夫須麻神社))

 

▼写真はこちらから:Jun Kanematsu Photo Works(兼松純写真事務所)
https://junphotoworks.com/

▼堅田の写真はこちらで一挙にご覧いただけます。
https://junphotoworks.com/katata/

 


もう一つ、追記です(堅田講演会ダイジェスト)

2019年1月22日に滋賀県大津市で講演しました。演題は「堅田の魅力について」です。

堅田学区の教員(幼稚園・保育園から小中高校までの先生方)有志を対象にした勉強会で、堅田高等学校の大会議室が会場でした。

水域に囲まれた町という観点から、歴史を織り交ぜつつ堅田独特の風景についてプロジェクターで写真をご覧いただきました。堅田学区の教員の皆さま、ご清聴ありがとうございました。

当日お配りしたレジュメに沿って、ダイジェストを掲載しています。

2019年1月22日に滋賀県大津市で講演しました。演題は「堅田の魅力について」です。堅田学区の教員(幼稚園・保育園から小中高校までの先生方)有志を対象にした勉強会で、堅田高等学校の大会議室が会場でした。水域に囲まれた町という観点から、歴史を織り交ぜつつ堅田独特の風景についてプロジェクターで写真をご覧いた...
滋賀県大津市本堅田での講演会(2019年1月22日)のダイジェストを掲載しています。前編はこちら↓https://katata.info/2019/01/lecture-at-katata-1/今回は後編です↓3.堅田の風景https://junphotoworks.com/katata/淡水真珠の養殖用の舟(堅田内湖から) ~Honkatata/本堅田 355堅田内湖と雪の比良山系(滋賀県大津市...

追記の追記:講演が2020年現在なら、この話題(今堅田城)も追加します!

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」がいよいよ始まりますね。先日、朝日旅行さんから頂いたパンフレットを見ていたら、興味深い記述がありました。なんとご当地今堅田が出てきましたので、ご紹介します!2020年1月18日現在、朝日旅行のWEBにも全文掲載されています(「特集 明智光秀ー歴史学者・小和田泰経氏と辿る稀代の名将...

 





里山の夏便り、梅雨の晴れ間の田園風景

大津市南部の畑と田んぼ

7月に入り、梅雨の晴れ間に数回、隣町の田園風景を撮影しに行ってきました。

30分ほど歩いて到着すると、写真の場所あたりでいつも雨に遭いながら撮影しています。

怒涛の如く咲く花の時期もそろそろ終わりで、3月から続けてきた里山便りの掲載も隔週くらいにしようかなと思っていたところ…

あいにくのお天気と豪雨。もう少し撮りためてから掲載していきますね。

草津市南部の田んぼ

曇りの日はどうしても写真が暗くなってしまうので、なるべく空を入れずに撮るのですが(←写真を始めた頃読んだ本に書いてあった撮影のコツ)、やっぱり青空を入れたいと思うのが夏の写真です。

 

※2020年2月以降、当ブログ初公開の写真(以前撮影を含む)を掲載しています。
堅田にも行けないので、自宅と事務所の有る草津市~大津市南部で撮影しています。

次回何を載せるかは未定ですが、今後も近況報告を兼ねて随時更新しますね。
ちなみに当記事で1884記事になりました!

◇撮影日時:2020年7月5日(日)朝
◇撮影地:滋賀県南部(草津市~大津市南部)
Copyright(c) Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 


 

ちなみに「曇りの日の風景はなるべく空を入れずに撮る」と言う話は中井精也さんの言葉で、確かこの本の初版で読みました。調べてみたら、今出ているのは改訂版ですね。

中井精也さんは撮影旅のテレビ番組の中で「雪の日の撮影には登山靴が良い」と言われたり、師匠もなく写真を始めた頃の私には目からうろこでした。

 

 

下記は冬の野外で、降雪時にカメラを使う場合の、ちょっとした3つの注意点の記事でもご紹介している本で、今森光彦さんの本は風景写真の教科書としてもおすすめです。DVD版は2枚組で売られていたのですが、現在はバラ売りなら買えるようです。

 

 

 


 

令和2年7月豪雨によって亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 

震災・災害関連の記事は、2011年以降、別サイトで更新を続けています。
避難所などの情報を更新中です(2049記事になりました)。

【令和2年7月豪雨】開設避難所一覧:熊本県芦北町・球磨村・津奈木町・人吉市・八代市(2020年7月7日現在)

別サイトに移した経緯はこちらで書いています。

7年半経ってkatataに戻った東日本大震災の記事

 

里山の初夏便り(最終回)あじさいの小径とクチナシの花

クチナシの花

散歩道の生垣でクチナシの花が咲き始めました(6月27日撮影)。
綺麗な花たちを早めにお届けしたくて、6月中に更新しますね。

3月16日から3か月半に渡って、春から初夏の里山をお送りしてきました。
今回を持ちまして、初夏だよりの写真は終了します。

淡いピンクに色づくアジサイの花

こちらは6月20日に撮影したアジサイです。

咲き始めの淡いアジサイが好きなので、今回は多めに掲載してみました。

アジサイの花咲く緑の小径-2

アジサイの花咲く緑の小道-1

雨あがりの朝、緑いっぱいの小径にて。


ホタルブクロの花
ホタルブクロの花【6月27日撮影】

ネジバナの花
ネジバナの花。足元に咲く小さな花です。

ギボウシの花
ギボウシの花


淡いピンクに色づくアジサイの花

淡いピンクに色づくアジサイの花

黄色い花

暑くなってきましたのでどうぞご自愛くださいね。

◇撮影日:2020年6月20日・27日(すべて朝)
◇撮影地:滋賀県南部(草津市~大津市南部)

Copyright(c) Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 

※2020年2月以降、当ブログ初公開の写真(以前撮影を含む)を掲載しています。
堅田にも行けないので、自宅と事務所の有る草津市~大津市南部で撮影しています。

次回何を載せるかは未定ですが、今後も近況報告を兼ねて随時更新しますね。

▼お時間許せば、こちらもどうぞ。
(アジサイ尽くしの初夏・京都/7月のバックナンバーより)

善峯寺-4

京都西山の初夏:善峯寺~西山古道~柳谷観音を歩く

 

里山の初夏便り、ネムの大木に花が咲く

ネムノキの花

最初は足元に花びらが落ちていたので、ここにネムノキがあると気が付きました。
見上げてみると、花ははるか頭上で咲いています。
(残念、近くからは撮れないや…と見上げるばかりの私)

別の日に通りかかったとき、枝が一本下に垂れているのを発見!!
ようやく近くで撮影することができました。

段々引きながら撮影しています。
それでは、涼しげな花たちが話をするかのように咲いている様子をどうぞ!

続きを読む →

里山の初夏便り、トウチクラン(唐竹蘭)の花が咲く

トウチクランの花

先日の朝、公園の脇で汗だくになってアジサイの撮影をしていましたら、
ご近所の方からいただいたのが、珍しい花「トウチクラン(唐竹蘭)」です。

お茶の席で使う花(茶花)としか分からなくて、名前を調べました。

続きを読む →