初めてのワードプレス(13)WordPressを使った写真ブログの作り方

各画像(9枚)の上を「クリック」してみて下さい。詳細を大サイズでご覧頂けます。(なおサイトの仕様上、右クリックで画像を選択できませんのでご注意下さい。)

今回はこんな感じの画像ギャラリーの作り方を中心に、WordPress特有の画像にまつわる話について掲載します。

WordPressを使った写真ブログの作り方のご参考になれば幸いです。

続きを読む →



レンタルサーバーの話(2017年夏):ロリポップ!無料独自SSL対応、エックスサーバーSSD採用、そしてスターサーバー統合

このブログは既に1652記事公開し(今回で1653記事)、開設10年目の写真ブログです。

記事の読み込みが遅くなりがちなのを補ってくれたり、昨今の写真盗用へ対処するための設定を可能にしてくれるレンタルサーバーの性能・機能に、とても関心を持っています。

2017年7月より当ブログでは、写真ブログや写真ホームページを作るための基本の話を書いてきました。

ようやく写真盗用対策の箇所を書こうと思ったら・・・なぜかレンタルサーバーの機能強化やら再編のニュースが相次ぎまして、8月8日にバックナンバーの修正(追記)を行いました。追記した個所をまとめて今回の記事にしました。

 

レンタルサーバーの話題(2017年夏)

まず、どんなレンタルサーバーのニュースがあったかと言いますと…

2017年7月11日~ロリポップ!で無料の独自SSL(Let’s Encrypt)が全プラン利用可能に

2017年7月11日~エックスサーバーの新規受付サーバーがオールSSD RAID10構成採用(契約中サーバーにおいても2017年秋より順次オールSSD構成へ変更予定)

2017年8月7日~ネットオウルのサーバーがスターサーバーとして統合。
無料の独自SSL(Let’s Encrypt)が有料サーバー全プランで利用可能に。
主要プランでは上位コースへの即時反映のプラン変更機能(クラウド型)採用へ

 

当ブログでも、7月に無料の独自SSLでSSLサイト(https://katata.info)となりました。
「無料の独自SSL」と「サーバーの高速化」は、サーバーの標準となりつつありますね。 続きを読む →

一眼レフカメラで親指AFにしていても他の人に写真を撮ってもらう方法(ユーザーセッティング・カスタム撮影モード利用法)

今回掲載するのは、以前からずっと書こうと思っていた話題です。帰省や旅行などで記念写真を撮ることが増える季節なので、この機会に掲載します。

一眼レフで自分だけの撮影設定を行っていると、とっさのときに設定の解除の方法が分からず慌ててしまったり、観光地などで他の人に写真を撮ってもらうことを遠慮してしてしまいがちになりませんか?カメラを渡されたほうも、どうしていいか分からなかったり…。

回避する方法として、Nikonだとユーザーセッティング、Canonだとカスタム撮影モードを利用する方法がありますよというお話です。最近は一眼ミラーレスでも同様の機能を持つカメラが出ています。

 

1.親指AFとは

タイトルにある「親指AF」というのは、カメラのピント合わせは「親指」で、シャッターボタン以外の他のボタンを押して撮影する方法です。

普通の場合は、ピント合わせとシャッターを、一つのシャッターボタンを押すことで撮影することがほとんどだろうと思います。

AE-L AF-L/Nikon D40

プロカメラマンやセミプロの方はピント合わせを「親指」で行い、「AF」(オートフォーカス)をAE-L  AF-Lボタン(Nikonの場合・写真の赤丸の箇所)などに割り当てて行っていることがあります。

studio9「知ってた?ピント合わせが超高速になる親指AFの使い方と設定方法!」
http://photo-studio9.com/oyayubi-af/
Amazing Graph「親指AFのメリットとデメリット!親指AFを使いこなしてジャスピンをものにしよう!」
http://a-graph.jp/2015/11/05/5756
北海道~道東を撮る「寒い季節には親指オートフォーカスが便利」
http://blog.livedoor.jp/kenaquajp-hokkaido_shizen/archives/1015963024.html

 

親指AFでもう一つ気を付けていただきたいのは、親指AFの設定をしているとレリ-ズを使おうとしても、レリーズでシャッターが切れません。

ちなみにレリーズとは、写真屋さんが記念写真を撮るときに使っているコード状のスイッチみたいなものです↓

 

 

この場合は親指AFで撮影するか、親指AFの設定を解除してレリーズで撮影するしかないのでしょうか?

親指AFのデメリット
1 他人に写真を撮ってもらうとき
2 レリ-ズを使うとき

デメリットはユーザーセッティング/カスタム撮影モードで解消!

 

2.対応カメラと登録方法

あくまで現時点で筆者(Nikon使い)の調べた限りなので、漏れている機種・対応していない機種があるかもしれません。その点はご了承願います。登録方法は各社ホームページのリンクをご参照下さい。Nikonについては次章で取り上げます。

Nikon:ユーザーセッティング u1 u2

  • D7000
  • D7100
  • D7200
  • D600
  • D610
  • D750

Canon :カスタム撮影モード C1 C2 C3

ミラーレス一眼カメラ

 

3. Nikonユーザーセッティング u1 u2の設定例

Nikonの場合、該当機種のマニュアルで「AE/AFロックボタンの機能」を探してください。「押し時の動作」で「AF-ON」に設定すると親指AFになります。「設定しない」にすると親指AFは解除されます。

 

u1の登録方法と設定例

ダイヤルをu1に合わせた後、いったん親指AFの設定を解除して下さい。
マニュアルで「ユーザーセッティングを登録する」を参考に、撮影モード等を設定・登録してください。

一例として、u1はプログラムシフト(撮影モードP)で登録しておきます。想定している場面は、他の人にカメラを渡す直前にu1に切り替え、「LV」(ライブビュー)ボタンを押して渡す場合です。

コンパクトデジカメと全く同じ操作になり、かつ液晶画面に撮影範囲が出るので、一眼レフに慣れていない人でも撮影しやすくなります。

 

u2の登録方法と設定例

u1の場合と同様に、ダイヤルをu2に合わせた後、親指AFの設定を解除した状態で「ユーザーセッティングを登録する」を参考に、撮影モード等を設定・登録してください。

一例として、u2は絞り優先オート(撮影モードA)で登録しておきます。想定しているのは、普段は親指AFを使用していてレリーズを使う場合です。

レリーズを使用する際は、まずレリーズを装着してからカメラの電源を入れ、u2に切り替えてレリーズ撮影を行います。

 

他にもいろんな使い方があると思いますが、何かの参考にしていただければ幸いです。


Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

このブログは撮影地域で出会った方々との交流や、撮影地域の豊かな文化をお伝えできればと、撮影者個人で運営しているブログです。文章・画像の無断転載および複製・二次利用行為・営利目的行為はご遠慮下さい。

初めてのワードプレス(12)固定ページの作り方/レイアウト/メニュー表示(問い合わせページを例に)

竹林の中を走る電車
写真:「堅田で過ごす夏」(2010年8月掲載)より、
おごと温泉駅付近「竹林の中を走る電車(車内から)」

 

問い合わせページを例に、WordPressでの固定ページの作り方、レイアウト、メニュー表示まで、一連の流れをまとめてみました。

第7回でご紹介した高機能プラグインJetpackを使って問い合わせフォームを設置しています。レイアウトの仕方やメニュー表示はどのテーマ・プラグインを使っても共通なので、イメージをつかむご参考になれば幸いです。 続きを読む →

【お知らせ】スマートフォンで御覧いただいている皆様へ、記事がAMP対応しました

当ブログの個別記事が本日、AMP対応しました。

AMP(Accelerated Mobile Pages/アクセラレーテッド・モバイル・ページ)とは、モバイルに最適化した素早く読み込める仕様のことで、極力シンプルな作りになっています。

↓トップページはこんな感じです。

amp-complete

先日SSL(https化)に対応した際に、膨大な画像についてAMP用の作業も並行して行いました。なお「堅田の町について」等の固定ページは従来通り(非AMP)となります。

当ブログは写真ブログで写真文章とも多めなため、読み込みが気になる方はAMPページをご利用いただければ幸いです。

※スマートフォンだけでなく、タブレット、パソコンからもご覧いただけます。
※いつものURLの最後に、/ampを追加するとAMPページが表示されます。

https://katata.info/amp

初めてのワードプレス(10).htaccess/TeraPad/FTPソフト

浅草の大衆劇場、木馬館の前にて

このブログは2007年冬に無料ブログでスタートしました。2015年夏にWordPressに移転し、その後サーバーの移転を経験しています。

堅田地域・大津・滋賀の撮影日記であると同時に、2015年頃からはキュレーションサイト等による無断転載(=営利目的・商用行為での無断使用)との攻防の記録として、現状で著作権侵害とどう向き合ったらいいかを綴ってきました。

この連載はクリエイターや写真ブログを作りたい人、表現したいものがある人が自力で最低限のことができる手助けになればと、自分の経験を元に書いています。

技術者でなくても限られた人数でサイトを管理している方も多いと思うので、特に今回のテーマは緊急時や困ったときの豆知識としてどこかに覚えていていただけたら幸いです。
続きを読む →