奈良・柳生街道(滝坂の道)から春日山、若草山を歩く(2)―首切地蔵と春日山石窟仏

春日山原始林の中を続く柳生街道(滝坂の道)。江戸時代中期に奈良奉行によって敷かれたという石畳の道が、往時の面影を残しています。柳生は、剣豪で知られる柳生十兵衛の故郷で、大和国添上郡柳生郷(現在の奈良市柳生町)です。 江戸...

近江路5(滋賀県野洲市:妙光寺山磨崖仏と福林寺跡磨崖仏)~近江山河抄の舞台を歩く(77)

滋賀県野洲(やす)市といえば、三上山(近江富士)と銅鐸で知られる町だ。 野洲の小篠原にある大岩山からは、明治14年に14個、昭和37年に10個の銅鐸が発見されている。日本一大きい銅鐸が見つかったのも野洲の大岩山で、この写...

あかねさす 紫野4(滋賀の天然記念物「熊野のヒダリマキガヤ」、熊野神社と西明寺:滋賀県蒲生郡日野町)~近江山河抄の舞台を歩く(67)

三重県境に近い滋賀県日野町の一番奥に、熊野という地区がある。 その昔、鈴鹿山系の綿向山で修行した山伏が、熊野神社を祀ったと言われる場所だ。 日野の中心部から綿向山に向かい、音羽から蔵王を経て、平子からかなり狭い林道を走っ...

あかねさす 紫野2(道の駅 竜王かがみの里周辺の隠れた名所をめぐる。老々塚古墳・東山道鏡宿・義経元服池・鏡神社・西光寺跡の宝篋印塔:滋賀県蒲生郡竜王町)~近江山河抄の舞台を歩く(65)

それはまるで石舞台古墳のような、見事な古墳だった。 住宅街のはずれにある児童公園に案内板を見つけて、山へと続く小道をたどってゆく。公園入口から1、2分しか歩いていないのに、山中に突如現れた老々塚古墳(三ッ山古墳群)。 鏡...