今堅田、琵琶湖畔の静かなお正月の風景

雪の琵琶湖とヨシ原

琵琶湖のヨシ原の向こうに、雪の比良山系が見えています。
ここは琵琶湖畔の町・滋賀県大津市今堅田。

今堅田は、中世より造船の町として栄えました。
現在は、琵琶湖大橋の西側の町として知られます。

琵琶湖とヨシ原と琵琶湖大橋


琵琶湖とヨシ原と琵琶湖大橋

造船所跡の鉄柱の向こうに、琵琶湖大橋。
この柱は船を進水させるときに使われた柱だそうです。
まるで前衛芸術みたいでしょう?

琵琶湖大橋を望む造船所跡の鉄柱


杢兵衛造船所と船

今堅田の杢兵衛造船所。琵琶湖に面した老舗の造船所です。
修理中の船が見えていますね。

水路をはさんで出島灯台があります。


琵琶湖と出島灯台

今堅田の出島灯台(でけじまとうだい)。
琵琶湖に面した木造の灯台で、明治時代に作られました。現役の灯台です。


泉福寺本堂

今堅田の泉福寺。堅田は、親鸞の直系である蓮如と縁の深い土地です。

蓮如は比叡山延暦寺から仏敵と迫害され、京都の本願寺を離れて堅田に滞在した時期があります(1465年~)。本堅田の本福寺が後ろ盾になって蓮如を支えました。(ゆえに本福寺は本願寺旧跡とも呼ばれます。)

蓮如を匿ったことで、堅田は延暦寺の衆徒によって焼き討ちされますが、町を挙げて蓮如を守り抜きました。(1468年、堅田大責(かたたおおぜめ)と呼ばれる歴史上の事件です。)

この年、蓮如は堅田をあきらめ北陸へと向かうことになります。堅田の人たちは琵琶湖の沖島に逃げ、数年後に延暦寺と和解して再び堅田に戻ってきます。そして蓮如に対する深い信仰が、この地に残されました。

※堅田大責については、黒幕が室町幕府だったり色々と興味深い話があります。

蓮如を匿ったことで焼き討ちに遭った堅田の町 (滋賀県大津市) 【後編】 ~Honka...
京都を追われた蓮如が本拠地としたのが、本堅田の本福寺。その境内にある蔵の前で撮影しました。以下、前回の「堅田と蓮如の話」の続きです。蓮如を匿う堅田の町を、比叡山延暦寺が焼き討ちする事態に発展します。これが、1468年の「堅田大責」(かたたおおぜめ)と呼ばれる歴史上の事件です。 http://ja.wikipedia.org/...

泉福寺の蓮如上人像と毛糸の帽子

泉福寺の蓮如上人像。
冬に見かけるときは、いつも毛糸の帽子を被っている素敵な蓮如さんです。

↓こちらは2010年撮影時。帽子の色が違います。さて、何色でしょう?

蓮如上人と、毛糸の帽子 ~Imakatata/今堅田 086
蓮如上人像の"頭"が気になって近づいたら・・・。 ( 写真を御覧下さい )「蓮如さん、お寒いやろうね。これでもかぶって。」そんな風に想像したら、昔話の"かさこ地蔵"の物語を思いだしました。毛糸の色が合っていて、すごくいいですね。今堅田(いまかたた)の町には、きっと優しい人が住んでいる...

今堅田の造船所跡から見た出島灯台と三上山

今堅田の造船所跡から見た、出島灯台と三上山。


地蔵堂の中に鏡餅のお供え

地蔵堂の中には鏡餅のお供え。暮らしている人の人柄が偲ばれます。


海蔵寺近くのお地蔵さん

海蔵寺近くのお地蔵さん。
道路のかたわらに、数え切れないくらいのお地蔵さんがまつられています。
いつ来ても、色とりどりの前掛けと、たくさんのお花。見ていてうれしくなります。

今堅田。琵琶湖畔の町の、静かなお正月の風景です。

 

↓今堅田について

出島灯台と今堅田の寺社(伊豆神田神社・海蔵寺・泉福寺・野神神社)
琵琶湖大橋の大津側に位置するのが、今堅田(滋賀県大津市今堅田)です。琵琶湖と堅田内湖にはさまれた今堅田1丁目は中世から造船業の町として栄え、水辺に美しい町並みと杢兵衛造船所があります。1枚目は内湖、2枚目以降は琵琶湖畔で撮影。(※3枚目以降の写真で、発表年の記載の無いものは2017年1月1日に撮影し、1月14日...

撮影日:2017年1月1日
撮影地:滋賀県大津市今堅田1丁目(琵琶湖畔)
Lake Biwa,Biwako Ohashi Bridge and Imakatata town(Otsu,Shiga,Japan).

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 

青いじゅうたん(滋賀県大津市・泉福寺の前にて、親鸞750回忌法要の後に撮影) ~Imakatata/今堅田 122

青いじゅうたん

今年750回忌を迎えるのが、浄土真宗の宗祖・親鸞。その法要が行われた後に、偶然真宗のお寺の前を通って目にしたのが、この「青い」じゅうたんです。「赤い」じゅうたんはあちこちで見たことがありますが、青は格別の美しさがありました。

撮影したのは今堅田(滋賀県大津市)の泉福寺。堅田は、親鸞の直系である蓮如と縁の深い土地です。

蓮如は比叡山延暦寺から仏敵と迫害され、京都の本願寺を離れて堅田に滞在した時期があります(1465年~)。本堅田の本福寺が後ろ盾になって蓮如を支えました。(ゆえに本福寺は本願寺旧跡とも呼ばれます。)

蓮如を匿ったことで堅田は延暦寺の衆徒に焼き討ちされますが、町を挙げて蓮如を守り抜きました。(1468年、堅田大責(かたたおおぜめ)と呼ばれる歴史上の事件です。)

この年、蓮如は堅田をあきらめ北陸へと向かうことになりますが、深い信仰がこの地に残されました。

※堅田大責については、黒幕が室町幕府だったり色々と興味深い話があります
詳しくはバックナンバーでどうぞ。→ 蓮如を匿ったことで焼き討ちに遭った堅田の町 (滋賀県大津市) 【後編】


堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 泉福寺8 2011.04.30 15:51
「青いじゅうたん(滋賀県大津市・泉福寺の前にて、親鸞750回忌法要の後に撮影)」

■撮影地:泉福寺(真宗大谷派)■拝観:境内自由
■住所:滋賀県大津市今堅田1丁目5-29■TEL: 077-573-1757

Photograph of Imakatata,Otsu,Shiga,Japan Imakatata Senpuku-ji temple 8
2011.04.30 15:51″Blue carpet;After Buddhist ceremony about Sinran saint”

泉福寺(赤い印)と比叡山の位置関係

大きな地図で見る

地図(泉福寺)

大きな地図で見る

蓮如上人と、毛糸の帽子(滋賀県大津市・泉福寺から) ~Imakatata/今堅田 086(2)

蓮如上人と、毛糸の帽子

蓮如上人像の”頭”が気になって近づいたら・・・。 ( 写真を御覧下さい。 )
毛糸の帽子の色が銅像の色と合っていて、すごくいいですね。

今堅田(いまかたた)の町には、きっと優しい人が住んでいるのでしょう。
「蓮如さん、お寒いやろうね。これでもかぶって。」
そんな風に想像したら、昔話の”かさこ地蔵”の物語を思いだしました。

堅田は町を挙げて蓮如を匿った歴史があり、蓮如に対する信仰の厚い土地です。


蓮如上人といえば、室町時代の僧侶。浄土真宗の中興の祖です。
親鸞の直系として生まれながら数々の迫害を受け、
京都から脱出して堅田に滞在した時期がありました(1465年~)。

比叡山延暦寺の衆徒が堅田を攻撃しますが、堅田は町を挙げて蓮如を守り抜きます。
1468年、堅田大責(かたたおおぜめ)と呼ばれる歴史上の事件です。
この年、蓮如は比叡山に近い堅田の地をあきらめ、北陸へと向かうことになります。


堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 泉福寺4 「蓮如上人と、毛糸の帽子」
2010.01.09 15:09

■撮影地:泉福寺(真宗大谷派)■拝観:境内自由
■住所:滋賀県大津市今堅田1丁目5-29■TEL: 077-573-1757

泉福寺と比叡山の位置関係⇒こちら(Google mapへのリンク)


This is the statue of Rennyo in Senpuku-ji temple in Katata,Japan.
”Rennyo (蓮如) (1415-1499) was the 8th Monshu, or head-priest, of the Jōdo Shinshū sect of Buddhism, and descendant of founder Shinran”. http://en.wikipedia.org/wiki/Rennyo
Katata has the history which protected Rennyo, and is a religious town to Rennyo.

Enryaku-ji temple considered that Rennyo and his temple Hongan-ji (in Kyoto) the enemies of the Buddha, and Enryaku-ji temple oppressed them. Hongan-ji  temple was destroyed and he led the life as a fugitive.He stayed at  Honpuku-ji temple in Honkatata and waited for the time of revival in 1467. Enryaku-ji temple attacked Katata with the large force in 1468 (it is called Katata Ozeme). He gave up making Katata into headquarters. It is because Katata was close to Enryaku-ji temple.In April, 1471, he went to Echizen Yosizaki which was a still more distant place from Kyoto.

Photograph of Imakatata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata Senpuku-ji temple 4
2010.01.09 15:09 ”The statue of Rennyo with green wool hat”

泉福寺(滋賀県大津市)と、ナツミカンの木 ~Imakatata/今堅田 120

泉福寺と、ナツミカンの木

琵琶湖畔の町・今堅田はどこか海辺を思わせるような町。
湖に近い場所にはよくナツミカンの木が植えてあります。

今堅田の泉福寺の脇で出合った、立派なナツミカンの木です。

堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 泉福寺7 「泉福寺と、ナツミカンの木」
Photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata Senpuku-ji temple 7
2010.01.09 15:10″Senpuku-ji temple and Citrus natsudaidai Hayata

■撮影地:泉福寺(真宗大谷派)■拝観:境内自由
■住所:滋賀県大津市今堅田1丁目5-29■TEL: 077-573-1757

堅田で過ごす夏(4) サルスベリ(百日紅)の花が咲く頃 ~Imakatata/今堅田 092-093

門前のサルスベリの大木の前で出合ったことば

泉福寺の門とサルスベリの花

門前のサルスベリの大木の前で、
出合ったことば。

少しせつないことばだったけれど、
夏はより深く、自分に向き合える気がしました。

「やり直しのきかない 誰に代わって
もらうことも できない 今日一日」


堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田
泉福寺5 「サルスベリ(百日紅)の花が咲く頃1」 2008.08.10 11:15
泉福寺6 「サルスベリ(百日紅)の花が咲く頃2」 2008.08.10 11:14

■撮影地:泉福寺(真宗大谷派)
■住所:滋賀県大津市今堅田1丁目5-29■TEL: 077-573-1757
※次回の更新は、 8/5(木)の予定です。8月は毎日更新します。


Crape myrtle, Lagerstroemia indica in front of  Senpuku-ji temple,Imakatata,Japan.

photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata Senpuku-ji temple 5
2008.08.10 11:15 ”When the crape myrtle, Lagerstroemia indica blooms”1
photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata Senpuku-ji temple 6
2008.08.10 11:14 ”When the crape myrtle, Lagerstroemia indica blooms”2

蓮如上人と、毛糸の帽子 ~Imakatata/今堅田 086

蓮如上人と、毛糸の帽子

蓮如上人像の”頭”が気になって近づいたら・・・。 ( 写真を御覧下さい )
「蓮如さん、お寒いやろうね。これでもかぶって。」
そんな風に想像したら、昔話の”かさこ地蔵”の物語を思いだしました。
毛糸の色が合っていて、すごくいいですね。

今堅田(いまかたた)の町には、きっと優しい人が住んでいるのでしょう。
堅田は町を挙げて蓮如を匿った歴史があり、蓮如に対する信仰の厚い土地です。


堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 泉福寺4 「蓮如上人と、毛糸の帽子」 2010.01.09 15:09
■撮影地:泉福寺(真宗大谷派)
■住所:滋賀県大津市今堅田1丁目5-29■TEL: 077-573-1757


This is the statue of Rennyo in Senpuku-ji temple in Katata,Japan.
”Rennyo (蓮如) (1415-1499) was the 8th Monshu, or head-priest, of the Jōdo Shinshū sect of Buddhism, and descendant of founder Shinran”. (http://en.wikipedia.org/wiki/Rennyo)
Katata has the history which protected Rennyo, and is a religious town to Rennyo.

Enryaku-ji temple considered that Rennyo and his temple Hongan-ji (in Kyoto) the enemies of the Buddha, and Enryaku-ji temple oppressed them. Hongan-ji  temple was destroyed and he led the life as a fugitive.He stayed at  Honpuku-ji temple in Honkatata and waited for the time of revival in 1467. Enryaku-ji temple attacked Katata with the large force in 1468 (it is called Katata Ozeme). He gave up making Katata into headquarters. It is because Katata was close to Enryaku-ji temple.In April, 1471, he went to Echizen Yosizaki which was a still more distant place from Kyoto.

photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata Senpuku-ji temple 4
“The statue of Rennyo with green wool hat”   2010.01.09 15:09

泉福寺の掃除 ~Imakatata/今堅田 079

泉福寺の掃除

堅田は町を挙げて蓮如を守った歴史があり、蓮如に対する信仰が厚い土地です。

今堅田の泉福寺は、浄土真宗大谷派のお寺。琵琶湖の畔、出島灯台の近くにあり、琵琶湖から引かれた水路と造船所が、寺の目前に迫ります。

堅田の写真(滋賀県大津市今堅田) 今堅田 「泉福寺3」 2009.9.10 14:48

■撮影地:泉福寺(真宗大谷派)
■住所:滋賀県大津市今堅田1丁目5-29■TEL: 077-573-1757

Katata has the history which protected Rennyo, and is a religious town to Rennyo.
“Rennyo (蓮如) (1415-1499) was the 8th Monshu, or head-priest, of the Jōdo Shinshū sect of Buddhism, and descendant of founder Shinran”. (http://en.wikipedia.org/wiki/Rennyo) Enryaku-ji temple considered that Rennyo and his temple Hongan-ji (in Kyoto) the enemies of the Buddha, and Enryaku-ji temple oppressed them. Hongan-ji  temple was destroyed and he led the life as a fugitive.He stayed at  Honpuku-ji temple in Honkatata and waited for the time of revival in 1467. Enryaku-ji temple attacked Katata with the large force in 1468 (it is called Katata Ozeme). He gave up making Katata into headquarters. It is because Katata was close to Enryaku-ji temple.In April, 1471, he went to Echizen Yosizaki which was a still more distant place from Kyoto. This is Senpuku-ji temple in Katata is a temple of Jodo-Shinshu Otani sect.There is near Lake Biwa and the Dekejima lighthouse, and the channel  and the shipyard attracted from Lake Biwa draw near right in front of the temple.
photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata Senpuku-ji temple 3  “Cleaning Senpuku-ji temple”  2009.9.10 14:48

堅田、3月 (23) ~Imakatata/今堅田 065

お地蔵さん

今堅田の泉福寺もまた、蓮如と縁の深いお寺。

比叡山延暦寺が本願寺と蓮如を仏敵としたことで、蓮如は京都を追われた。
応仁元年(1467)、蓮如は本堅田の本福寺に身を寄せて、再興の時を待つ。
応仁二年(1468)、延暦寺西塔の衆徒が大軍を もって堅田を攻撃した(堅田大責)。
蓮如は比叡山に近い堅田の地をあきらめ、文明三年(1471)4月、越前吉崎へと向かうことになる。

Sempuku-ji temple in Imakatata is also closely connected with Rennyo.
Rennyo (1415-1499) was the 8th head-priest of the Jōdo Shinshū sect of Buddhism.
Enryaku-ji temple considered that Rennyo and  his temple Hongan-ji ( in Kyoto) the enemies of the Buddha,and  Enryaku-ji  temple oppressed them. Hongan-ji  temple was destroyed and he led the life as a fugitive.He stayed at  Honpuku-ji temple in Honkatata and waited for the time of revival in 1467.Enryaku-ji  temple attacked Katata  with the large force in 1468 (it is called Katata Ozeme).He gave up making Katata into headquarters. It is because Katata was close to Enryaku-ji temple.In April, 1471, he went to Echizen Yosizaki which was a still more distant place from Kyoto.


堅田の写真(滋賀県大津市今堅田) 今堅田   「泉福寺2」 2008.03.18 12:55
photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata “Senpuku-ju temple”2  2008.03.18 12:55

今堅田出島灯台について(追加) ~Imakatata/今堅田011-014 

淡いオレンジ色の光に包まれる出島灯台

このブログは、堅田(滋賀県大津市)の四季の風景を写した写真ブログです。
連休ということもあり、検索サイトからご訪問いただく方が増えています。

滋賀県大津市今堅田の出島灯台(でけじまとうだい)については、「出島灯台と今堅田の寺社」でご紹介しています。今回は、滋賀県大津市今堅田の出島灯台(でけじまとうだい)について、行き方を中心にご紹介します。

*写真1:Imakatata/今堅田011 滋賀県大津市今堅田 「出島灯台3」
Dekejima lighthouse(Katata,Shiga prefecture,Japan)  2008.03.12 14:23


1 車の方→堅田駅ロータリーから湖岸へ直進し、堅田内湖の内湖大橋を左折、堅田内湖沿いの広い道を直進し、最初の交差点を右折するのが一番わかりやすいです。

※公衆トイレ・自販機→今堅田出島灯台バス停のそばにあります。出島灯台にはトイレ・自販機はありませんので、ご注意を。

2 徒歩の方(今堅田出島灯台バス停から)→バス停近くの十字路を左折してください。左折地点からバス停(あずまや)方向を見ているのが、下の写真(今堅田012)です。

手前に小川と小さな船着場、真ん中は新緑の公園とバス停、奥に御菓子の家のような新しい家が数軒と遊園地の観覧車も見えている。

*写真2:Imakatata/今堅田012 滋賀県大津市今堅田 「今堅田出島灯台バス停付近」
Near the Dekejima lighthouse bus stop(Katata,Shiga prefecture,Japan)  2008.04.21 09:34


3 泉福寺まで→入った道を直進してください。途中、車道脇にお地蔵さん(写真・今堅田013)があります。しばらく行くと、右手に泉福寺(写真・今堅田014)が見えてきます。

車道脇の石の台の上に、石のお地蔵さんがいっぱい!お花もたくさん供えられている

*写真3:Imakatata/今堅田013 滋賀県大津市堅田 「海蔵寺近くのお地蔵さん」
Jizo near the Kaizo-ji temple(Katata,Shiga prefecture,Japan)  2008.04.04 11:49


泉福寺の門からお寺をのぞいている。きれいなお寺と蓮如の像が見えている。
*写真4:Imakatata/今堅田014 滋賀県大津市今堅田 「泉福寺」
Senpuki-ji temple(Katata,Shiga prefecture,Japan)  2008.04.21 10:40


4 出島灯台まで→泉福寺の前まで来ると出島灯台が見えていますが、泉福寺から琵琶湖に伸びる道ではなく、左側の道(地蔵堂の脇の道)を住宅街の中へ入ってください。そして、次の角を右折してください。あとは一本道です。児童公園の奥に灯台があります。

5 駐車場について→出島灯台には駐車場はありません。古くからの住宅街の奥で、Uターンしにくい場所です。出島灯台への道中案内が出ていないこと、及び釣り人への注意喚起の建て看板があることから、マナー違反が近所の方のご迷惑になっているように推察されます。

公共の駐車場は、琵琶湖大橋の道の駅が一番近いです。昼間なら、灯台近くのレストラン(レイクウエストヨットクラブ内)を利用されるのがいいかもしれません。先ほどの泉福寺から琵琶湖に伸びる道を行くとすぐ、杢兵衛造船所の隣にヨットクラブがあります。