紫香楽の宮3(かくれ里「金勝」。大野神社から金勝寺里坊、金胎寺から金勝寺へ)~白洲正子「近江山河抄」の舞台を歩く(20)

草津から南下すると金勝という村に出る。小さな集落が点在する中を縫っていくと立派な神社が次々とあらわれ、名称は忘れたが、いずれも鎌倉か室町のすぐれた建築である(白洲正子『かくれ里』) この神社が、滋賀県栗東市荒張にある大野...

紫香楽の宮2(奈良平城京の鬼門・金勝寺と狛坂磨崖仏/知られざる金勝の石仏たち)~白洲正子「近江山河抄」の舞台を歩く(19)

滋賀県栗東市の山中に、奈良の都を守護するために建てられた寺がある。 平城京の鬼門(北東)に位置しており、寺は奈良を向いて建てられている。 その事は、殆ど知られていない。 この地は「西の比叡山、東の金勝寺(こんしょうじ)」...

写真ブログ「Katata/堅田」|赤く熟したウメモドキの果実 Japanese winterberry ~tree・flower/木・花 043 #shiga #japan #photo

とても可憐な木です。 赤く熟した小さな実が木いっぱいについていて、不思議な存在感がありました。 家に帰って調べたら、「ウメモドキ」という、モチノキ科モチノキ属の落葉低木でした。 英名はJapanese winterber...

写真ブログ「Katata/堅田」|特別編49 滋賀の里山から(24) 大きな木と、秋の青空 #shiga #japan #photo

滋賀県栗東市の金勝山(こんぜやま)周辺には、 どこを撮っても絵になる風景が広がっています。 金勝山のふもとの集落もそうだし、 随筆家白洲正子さんの「かくれ里」に登場する「金勝寺」、 今回ご紹介する金勝山県民の森もお勧めで...

写真ブログ「Katata/堅田」|特別編48 滋賀の里山から(23) 秋の日暮れ時、蒼い空 #shiga #japan #photo

秋の空の蒼の深さというのは、探して出会うものではなく、 日暮れ時の一瞬にふと出会うような、 そういうものかもしれません。 屋外にちょっと長居しているときや、夕方に車の運転をしているとき、 長い道を時間をかけて帰る人が、ど...