滋賀堅田の桜、一挙大公開!(前編・真野の中村八幡宮と衣川の鞍掛神社周辺を含む)

4月12日(火)に、堅田駅周辺の桜を訪ね歩いてきました。堅田という名前のブログながら、なかなか堅田へ来れないもどかしさがありました。 今年の桜撮影の〆に、中村八幡宮の桜に会いに行こうと決めていました。中村八幡宮があるのは...

大津市衣川/鞍掛神社 2013年例祭の写真(後編)~大友皇子最期の地の伝説が残る神社、7/23の皇子の命日にちなんで

陽成天皇の勅命によって882年に創建された鞍掛神社(滋賀県大津市衣川2丁目)。 天智天皇の子、大友皇子(弘文天皇)が最期を迎えた場所という伝説が残る場所です。 衣川(きぬがわ)は、大津市北部の交通の要所で、堅田の隣に位置...

大津市衣川/鞍掛神社 2013年例祭の写真(前編)~大友皇子最期の地の伝説が残る神社、7/23の皇子の命日にちなんで

陽成天皇の勅命によって882年に創建された鞍掛神社(滋賀県大津市衣川)。 天智天皇の子、大友皇子(弘文天皇)が最期を迎えた場所という伝説が残る場所です。 場所は堅田のお隣、衣川(きぬがわ)の高台にあります。 皇子の命日は...

大津市衣川/鞍掛神社例祭の日時について、お知らせ(大友皇子最期の地の伝説が残る神社、皇子の命日にちなんで)

陽成天皇の勅命によって882年に創建された鞍掛神社。 天智天皇の子、大友皇子(弘文天皇)が最期を迎えた場所という伝説が残る場所です。 鞍掛神社の伝承は、日本書紀と異なります。 壬申の乱で敗れた大友皇子は、従者と共に衣川の...

大津の京1(大友皇子最期の地と、鞍掛神社の伝説)~白洲正子「近江山河抄」の舞台を歩く(7)

堅田と衣川の間を流れる天神川。岸辺にボケの花が咲いていた。 天神川では桜の木が一本だけ満開になっていた。向こうに見えているのが、明神橋。 比良八講(前回掲載)の帰りに立ち寄ったのが、衣川(きぬがわ)の町だった。 「大津の...