滋賀堅田の桜、一挙大公開!(前編・真野の中村八幡宮と衣川の鞍掛神社周辺を含む)

4月12日(火)に、堅田駅周辺の桜を訪ね歩いてきました。堅田という名前のブログながら、なかなか堅田へ来れないもどかしさがありました。

今年の桜撮影の〆に、中村八幡宮の桜に会いに行こうと決めていました。中村八幡宮があるのは真野ですが、堅田駅も真野にあります。どちらも私の好きな町です。

堅田の桜は大津市内より遅めなこともあり、みんな待っててくれました。駅前の桜は大津市内と同じですが、湖岸や高台の桜は海津大崎とほぼ同じくらいに咲きます。桜が咲くと琵琶湖畔の町には一気に春が来たようで、本当に美しい風景が広がります。

堅田駅から山の手(堅田駅西口)→衣川台→天神川→仰木道から浮御堂周辺へと歩き、居初邸の前から堅田内湖→伊豆神田神社→今堅田の琵琶湖岸→米プラザ前→真野川下流と歩いて、真野2丁目交差点から湖西線沿いに堅田駅まで歩いて戻ってきました。

中村八幡宮の桜

中村八幡宮(大津市真野1丁目)。里山の大きな桜なので、遠くから写してみました。実は堅田駅ホームからもちらっと見えます。近景は下記バックナンバーをご覧下さい。

湖西の里山から2011【真野の春・前編】 中村八幡宮の桜、比良山系の残雪、菜の花...
堅田駅のすぐ裏側に広がる田園風景と里山の町、滋賀県大津市真野。モンシロチョウが飛び、時には鶏の声がして、春の香りいっぱいの真野を昨日(4月13日)、一日かけて撮影してきました。今回真野を訪ねたのは、この桜の木に会うためでした。真野1丁目の中村八幡宮には、桜の大木が二本、寄り添うようにしてあります。中...

耕豊第三自治会館と桜

耕豊第三自治会館(本堅田6丁目)。本堅田の山側(高台)にある素敵なところです。

堅田の高台を歩く(2) 満開の桜と地蔵堂 ~Honkatata/本堅田 242 
琵琶湖の見える高台に行く途中でした。道の角に美しい地蔵堂がありました。見上げれば満開の桜でした。(この写真は2009年4月11日に撮影したものです。)堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田6丁目 その11 「満開の桜と地蔵堂」 2009.04.11 10:11■撮影地:滋賀県大津市本堅田6丁目9(耕豊第三自治会館前)Cherry blos...

妙法寺の桜

妙法寺(本堅田6丁目)。春日山古墳群の入り口の隣にあるお寺です。

堅田の高台を歩く(4) 妙法寺の門、春日山古墳群へ続く道 ~Honkatata/本堅田 2...
春の陽気に誘われて、堅田駅の裏からずっと坂道を登ってきました。ここは山の中腹にある妙法寺の山門です。山門の前でも、境内でも、満開の桜が迎えてくれました。山門の脇から山へ続いている道が、春日山古墳群に続く道。道の途中にある高台からは、堅田の街と琵琶湖が一望できます。(次回へ)堅田(滋賀県大津市)の...
堅田、桜と花と緑(14)・思い出の桜 ~Honkatata/本堅田187
「君にいろんなことを言ったけど、最後はキラキラした透明な感情だけが、私の中に残ります。」堅田の写真(滋賀県大津市本堅田) 妙法寺 「本堅田のある場所の桜」 2009.04.11 10:45photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata "Cherry blossoms of a certain place in Honkatata"  2009.04.11 1...

合格の道と桜

衣川天満宮「合格の道」(本堅田6丁目~衣川3丁目)。「合格の道」看板の裏に書かれている言葉は、下記に掲載しています。

受験生の皆さんへ。衣川天満宮参道「合格の道」に、サクラサク季節の写真です。
このブログは、琵琶湖の畔・滋賀県大津市堅田の写真ブログです。試験シーズンということで、衣川天満宮参道「合格の道」から、サクラサク季節の写真をお届けします。衣川天満宮(きぬがわてんまんぐう)は、堅田のお隣・滋賀県大津市衣川(きぬがわ)にある天満宮です。合格の道に書かれた言葉。「あなたのたゆまない努...

衣川天満宮春の祭礼案内

衣川天満宮の春祭りは、4月16日(土)15時から宵宮、17日(日)例大祭とのことです。


鞍掛神社の桜

鞍掛神社(衣川2丁目)。天智天皇の息子である大友皇子(弘文天皇)を祀った神社です。4本(手前に3本+奥に1本)の桜の大木があります。4月12日はちょうど満開でした!2月から3月にかけては、梅の花が素晴らしい神社です。

鞍掛神社と梅の花(滋賀県大津市衣川)
初めて鞍掛神社を訪ねたのは、2013年の3月。静まり返った境内を、梅の花が咲いていました。その佇まいが深く印象に残ったので、また梅の咲く時期に訪ねたいと思いながら3年ぶりに訪ねると、6本ある梅の古木が変わらず迎えてくれました。鞍掛神社は衣川台という住宅地の一角にあります。参道に足を踏み入れると空気が一変...

西羅古墳1号墳の桜

西羅古墳1号墳(衣川2丁目)。先日掲載した「衣川特集」の続きとして、後日改めてご紹介しますね。


天神川の桜と鯉のぼり

天神川橋上流(衣川1丁目)。たくさんの鯉のぼりが泳いでいましたよ!

あともう一風!滋賀県大津市・天神川の鯉のぼり(前編) ~Tenjingawa Green belt...
ここは滋賀県大津市衣川(きぬがわ)の天神川。JR堅田駅から徒歩20分ほどのところです。天神川橋(国道161号線の上に架かっている橋)で鯉のぼりが見られると聞いて、春の夕暮れ時に立ち寄ってみました。鯉のぼりのお尻がなかなかあがってくれません^^;あともう一風ほしいところです。地蔵堂とプランターのお花、新緑...

天神川橋近くの桜

天神川橋下流(堅田1丁目)。大津市北図書館の隣です。新緑がきれいでした。

桜の淡いピンク、ユキヤナギの白。琵琶湖に注ぐ川・天神川の春 ~Tenjingawa Gree...
♪春の小川はさらさらゆくよ。まさにそんな感のある、のどかな春の風景。天神川は、湖西の山から流れて下流の堅田で琵琶湖に注ぐ川です。川沿いに遊歩道が続き、撮影した付近には図書館と東洋紡の研究所が隣接しています。ちょうど対岸に見えているのが、東洋紡の研究所です。(かなり広大な敷地です。)川沿いのこの道で...

天神川の桜

天神川緑地(堅田1丁目)。天神側に沿って琵琶湖まで遊歩道が続いています。

堅田の桜の写真(1) 天神川 ~Tenjingawa Green belt/天神川緑地 019
今日から、一足早く、堅田(滋賀県大津市)の桜をお届けします。まずは、堅田地区を流れる「天神川」の風景から。桜の下に一面に続く白と緑は、ユキヤナギです。とても美しい眺めです。(この写真は2009年4月11日に撮影したものです。堅田の桜は例年4月10日前後から見ごろになりますので、ご注意ください。)天神川は湖...

おとせの浜の桜

おとせの浜(本堅田1丁目)。琵琶湖畔の浜辺です。2015年春にもご紹介しました。

滋賀の桜(6) 琵琶湖畔(堅田「おとせの浜」)にて、満開の桜 ~the most beaut...
昨日(4月9日)は、桜の撮影で湖北(滋賀県北部)を回ってきました。その帰りに撮影した、おとせの浜(堅田)の桜です。琵琶湖の小さな入り江に面した、桜並木とヨシ群落。対岸には三上山(近江富士)。初めてここに来たのは、ちょうど10年前のことでした。▼おとせの浜の伝承(源平合戦に由来しています)http://katata....

浮御堂隣の公園の桜

浮御堂隣の公園(本堅田1丁目)。おとせの浜に面していて、琵琶湖がよく見えます。撮影した日は、近所のOLさんがお弁当を持ってランチを楽しんでおられました。

この公園にはかつて柳の大木がありました。大好きな木でしたが、内部が枯れていたようで、2014年4月から2015年4月までの間になくなりました。在りし日の風景です。↓

琵琶湖畔(おとせの浜)にて柳の新芽と咲き始めた桜、堅田内湖と舟、菜の花とコブ...
4月1日、撮影の合間に、久しぶりに堅田へ行ってきました。琵琶湖岸(おとせの浜)は柳の新芽がきれいで、桜のつぼみがほころんでいました。3日前の写真なので、今はもっと咲いているかも、ですが・・・堅田の桜は若干ゆっくりめのような気がします。(比叡山の麓ですからね。)浮御堂の近くで桜が咲いていたのは、伊豆神...

長くなったので、続きは次回に。真野川の桜も登場しますよ!

撮影日:2016年4月12日(火)
Beautiful scenery of  Katata (Katata,Otsu city,Shiga,Japan).
Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)
 

鞍掛神社と梅の花(滋賀県大津市衣川)

鞍掛神社の梅

初めて鞍掛神社を訪ねたのは、2013年の3月。静まり返った境内を、梅の花が咲いていました。その佇まいが深く印象に残ったので、また梅の咲く時期に訪ねたいと思いながら3年ぶりに訪ねると、6本ある梅の古木が変わらず迎えてくれました。

鞍掛神社は衣川台という住宅地の一角にあります。参道に足を踏み入れると空気が一変します。私は特に何かを感じる性質ではありませんが、ここは聖域だと実感する場所です。

「参道の空気(雰囲気)」というと何だか感覚的な話になってきますが、境界のめりはりがはっきりしている場所なのかもしれません。寺社や自然が観光地化されてくると、聖域と世間の境界が曖昧になってくる印象を持っています。

今まで仕事等で撮影してきた中にパワースポットと言われる場所・神社がいくつかありましたが、参道で空気が一変したのは、小野神社(滋賀県大津市小野(旧志賀町小野))、大避神社(兵庫県赤穂市坂越)、室生龍穴神社(奈良県宇陀市室生)、天智天皇陵の陵墓前(京都市山科区)、そして鞍掛神社でした。

梅

鞍掛神社境内

鞍掛神社(滋賀県大津市衣川2丁目)。陽成天皇の勅命によって882年に創建された神社で、弘文天皇を祀っています。この地は、天智天皇の子・大友皇子(弘文天皇)が最期を迎えた場所という伝説が残る場所です。

鞍掛神社の伝承は、日本書紀と異なります。壬申の乱で敗れた大友皇子は、従者と共に衣川の地に落ち延びました。皇子は乗ってきた馬の「鞍」を柳の木に「掛」けると、自ら命を絶ったと伝わっています。

伝承では、大友皇子の最期をみとった二人の侍臣がいて農民となって衣川に定住しました。その子孫は同じ名字(中村姓)を名乗るようになり、鞍掛神社の氏子がその末裔だと言われています。

鞍掛神社本殿

鞍掛神社

大友皇子の最期地は各地に伝承があります。壬申の乱で敗れた瀬田の唐橋の周辺が多いようです。知られたところでは大津市内に3箇所ある御霊神社がそうですし、唐橋に近い石山寺の境内にも慰霊の若宮があります。

同じ大津とはいっても、鞍掛神社は唐橋からかなり離れたエリアにあります。壬申の乱の激戦地となった岐阜県の関ケ原を訪ねた際には「弘文天皇御陵候補地・自害峯の三本杉」があることを知りました。

こんなにたくさんの伝承地があるのは、父・天智天皇亡き後、叔父の大海人皇子(後の天武天皇)と皇位継承争いをしなければならなかった若き皇子の悲劇が、多くの人の心に刻まれてきたからでもあったのでしょう。

昨年の秋、奈良県の明日香村にある天武天皇の御陵(天武・持統天皇陵)を訪ねる機会がありました。小高い丘を登っていくと、周囲は一面の柿畑でした。あまりにのどかで平和な風景に、なんだか救われる思いがしました。(そのときの写真はこちらです

 

大友皇子の命日は7月23日とされるため、鞍掛神社では毎年7月に例祭を行なっています。

2013年例祭の様子を撮影させていただいたときの写真です。
大津市衣川/鞍掛神社 2013年例祭の写真(前編)
大津市衣川/鞍掛神社 2013年例祭の写真(後編)

鞍掛神社(大津市衣川2丁目28-1)

撮影日:2016年2月21日(日)
Kurakake shrine(Kinugawa,Otsu city,Shiga prefecture,Japan) and Japanese apricot,Prunus mume.
Copyright(c) Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

大津市衣川/鞍掛神社 2013年例祭の写真(後編)~大友皇子最期の地の伝説が残る神社、7/23の皇子の命日にちなんで

鞍掛神社拝殿で舞う巫女さん-1

陽成天皇の勅命によって882年に創建された鞍掛神社(滋賀県大津市衣川2丁目)。
天智天皇の子、大友皇子(弘文天皇)が最期を迎えた場所という伝説が残る場所です。
衣川(きぬがわ)は、大津市北部の交通の要所で、堅田の隣に位置する町です。

鞍掛神社の伝承は、日本書紀と異なります。
壬申の乱で敗れた大友皇子は、従者と共に衣川の地に落ち延びました。
皇子は乗ってきた馬の「鞍」を柳の木に「掛」けると、自ら命を絶ったと伝わっています。伝承では、大友皇子の最期をみとった二人の侍臣がいて農民となって衣川に定住しました。その子孫は同じ名字を名乗るようになり、鞍掛神社の氏子がその末裔だと言われています。

続きを読む →

大津市衣川/鞍掛神社 2013年例祭の写真(前編)~大友皇子最期の地の伝説が残る神社、7/23の皇子の命日にちなんで

鞍掛神社境内

陽成天皇の勅命によって882年に創建された鞍掛神社(滋賀県大津市衣川)。
天智天皇の子、大友皇子(弘文天皇)が最期を迎えた場所という伝説が残る場所です。
場所は堅田のお隣、衣川(きぬがわ)の高台にあります。

皇子の命日は7月23日とされるため、鞍掛神社では毎年7月に例祭を行なっています。
天智天皇を祀った近江神宮から、宮司さんがお見えになっての例祭です。
2013年7月14日(日)に行なわれた例祭を、当ブログがご縁で撮影させていただきました。

続きを読む →

大津市衣川/鞍掛神社例祭の日時について、お知らせ(大友皇子最期の地の伝説が残る神社、皇子の命日にちなんで)

鞍掛神社参拝道の道標

陽成天皇の勅命によって882年に創建された鞍掛神社。
天智天皇の子、大友皇子(弘文天皇)が最期を迎えた場所という伝説が残る場所です。

鞍掛神社の伝承は、日本書紀と異なります。
壬申の乱で敗れた大友皇子は、従者と共に衣川の地に落ち延びました。
皇子は乗ってきた馬の「鞍」を柳の木に「掛」けると、自ら命を絶ったと伝わっています。

伝承では、大友皇子の最期をみとった二人の侍臣がいて、農民となって衣川に定住しました。その子孫は同じ名字を名乗るようになったと言われ、氏子となって神社を守っておられます。

皇子の命日は7月23日とされるため、鞍掛神社では毎年7月に例祭を行なっています。
天智天皇を祀った近江神宮から、宮司さんがお見えになっての例祭です。

日時 2013年7月14日(日)11時~
場所 鞍掛神社(滋賀県大津市衣川2丁目28−1)

▼大津の京1(大友皇子最期の地と、鞍掛神社の伝説)~白洲正子「近江山河抄」の舞台を歩く(7)
http://katata.info/2013/03/ohmisangasyo-007/


View Larger Map

▼アクセス
◇JR湖西線「堅田駅」より江若バス堅田町内循環線(乗車7分)、「仰木道」下車。
◇仰木口(国道161号線)から県道313号線へ入り、徒歩約10分で明神橋がある。
◇天神川を渡り、高台に続く道を直進。アオタニサッシさんのすぐ先で右折。
◇住宅街の坂道を登っていくと、児童公園がある(衣川城跡の石碑がある公園)。
◇公園の上の道を右折。駐車場があって、その奥に鞍掛神社がある。

大津の京1(大友皇子最期の地と、鞍掛神社の伝説)~白洲正子「近江山河抄」の舞台を歩く(7)

天神川とボケの花
堅田と衣川の間を流れる天神川。岸辺にボケの花が咲いていた。

天神川と桜
天神川では桜の木が一本だけ満開になっていた。向こうに見えているのが、明神橋。

比良八講(前回掲載)の帰りに立ち寄ったのが、衣川(きぬがわ)の町だった。
「大津の宮」ゆかりの地の撮影は全部終わっていたが、今どうしても訪ねたかった。

天智天皇の子、大友皇子(弘文天皇)が最期を迎えた場所という伝説が残る場所。
それが今回ご紹介する「鞍掛(くらかけ)神社」である。

続きを読む →