琵琶湖畔の秘境、有漏神社と阿曽津千軒。堅田との意外な関係と登山道について

琵琶湖の北端に、有漏神社(うろう じんじゃ)という神社があります。 その由緒になんと・・・堅田の地名があって驚きました! 中世のころ、堅田の漁業権が湖北まで及んでいたという史実を裏付けるものでした。 往昔湖上舟楫(ふねか...

伊吹の荒ぶる神8(北国脇往還1:関ケ原から藤川の里を訪ねる、上平寺に寄り道して春照へ)~近江山河抄の舞台を歩く(72)

ある時私は、関ケ原から遡って、藤川の集落を訪ねたことがある。一条兼良はしばらくこの辺に滞在し、『藤川記』という書を残したが、定家も若い頃いたと伝えられ、彼が住んだという旧家も残っている。 ・・・ 藤川から伊吹の山麓を通っ...

鈴鹿の流れ星4(甲賀市甲南町:竜法師と瀬古の流星、甲賀流忍術屋敷、嶺南寺)~近江山河抄の舞台を歩く(48)

甲賀市甲南町は甲賀流忍術発祥の地で、竜法師地区には忍者屋敷が現存する。 「鈴鹿の流れ星」と聞いて思い出したのは、竜法師で見た「瀬古の流星」のことだった。 瀬古の流星は忍者が合図のために打ち上げたという狼煙で、花火の原型と...

鈴鹿の流れ星2(滋賀県甲賀市から湖南市:信楽の日雲神社、水口の笠山神社、三雲の上乗寺。倭姫命の伝承と甲可日雲宮続編)~近江山河抄の舞台を歩く(45)

伊勢神宮は、伊勢に鎮座するまで、大和・伊賀・近江・美濃・尾張を移動した伝承をもつ。 一時的に鎮座した場所は元伊勢(もといせ)と呼ばれる。その一つが近江の甲可日雲宮だ。滋賀県甲賀市とその周辺には、甲可日雲宮の伝承地が10以...

湖西の里山から2011・伊香立 【緑の大地、美しい山のまち(6)】 融神社の狛犬と、神社の由緒(光源氏のモデル・源融公を祀った『融神社』にて) #shiga #otsu

なかなか男前の狛犬ですね。旧暦の5月5日、融神社では境内いたるところにショウブとヨモギをお供えします。幽玄な雰囲気が一層引き立つ境内でした。 源融(みなもとのとおる)公は、ここ伊香立南庄に荘園をもち、嵯峨の清涼寺、宇治の...

滋賀県大津市・伊豆神社の狛犬 (左側で口を閉じている狛犬=吽形(うんぎょう) ) ~Honkatata/本堅田 341

今年のお正月、浮御堂の隣にある伊豆神社にて撮影しました。 左側で口を閉じている狛犬=「吽形(うんぎょう)」の注連縄姿です。 堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 伊豆神社37 「伊豆神社の狛犬 (左側で口を閉じている狛犬=...

滋賀県大津市・伊豆神社の狛犬 (右側で口を開けている狛犬=阿形(あぎょう) ) ~Honkatata/本堅田 340

今年のお正月、浮御堂の隣にある伊豆神社にて撮影した狛犬です。 注連縄を巻いてもらって、りりしい姿でした。 狛犬の呼び方が気になって調べてみたら、左右それぞれにちゃんと名前がありました。阿吽(あうん)の呼吸、というときの「...