滋賀の桜(12) 甲賀市:油日神社と油日駅(甲賀町)・新宮神社表門(甲南町)・水口城(水口町)

「近江山河抄の舞台を歩く」の撮影で、2013年から2015年にかけて、滋賀県各地を回りました。そのときに出会った風景に魅せられて、今度は桜の咲く時期にぜひ伺いたいと思っていた場所があります。 今回訪ねたのは滋賀県甲賀市。...

「信楽高原鐵道復興応援ウォーク」開催のお知らせ(2014/11/9(日)@滋賀|Aコース:JR甲西駅から20km、Bコース:JR貴生川駅集合→代行バスで紫香楽宮駅、Aコースと合流し10km)☆予約不要☆参加者300名様に記念品プレゼント

2013年9月の台風18号により、甚大な被害を受けて運行休止していた信楽高原鉄道(滋賀県甲賀市)。 現在は代行バスが貴生川~信楽間を運行しています。 台風により橋脚や橋桁が流された杣川橋梁(そまがわきょうりょう)が、つい...

鈴鹿の流れ星6(甲賀のかくれ里:油日神社と櫟野寺&油日神社の大宮ごもり)~近江山河抄の舞台を歩く(50)

草津線の油日駅で下りて、線路を渡って右にいくと、油日神社の大鳥居がある。 ここから油日の交差点に出ると、油日神社までは人も車も殆ど出会わない一本道だ。 とはいえ、草津駅でJR草津線に乗り換えて、油日駅まで42分。 油日神...

鈴鹿の流れ星5(甲賀市甲南町:矢川神社、新宮神社、正福寺。忍者の里の知られざる名刹たち)~近江山河抄の舞台を歩く(49)

ご訪問ありがとうございます!この記事で1300回目となりました。 「鈴鹿の流れ星」では、この秋に甲賀市各地で撮影したさまざまな写真を掲載しています。 次々回は湖東三山の紅葉を掲載予定です。 もうすぐ季節に追いつくので、し...

鈴鹿の流れ星4(甲賀市甲南町:竜法師と瀬古の流星、甲賀流忍術屋敷、嶺南寺)~近江山河抄の舞台を歩く(48)

甲賀市甲南町は甲賀流忍術発祥の地で、竜法師地区には忍者屋敷が現存する。 「鈴鹿の流れ星」と聞いて思い出したのは、竜法師で見た「瀬古の流星」のことだった。 瀬古の流星は忍者が合図のために打ち上げたという狼煙で、花火の原型と...

紫香楽の宮7(紫香楽宮跡/宮町遺跡と内裏野地区)~近江山河抄の舞台を歩く(47)

信楽町宮町。ここには、かつて紫香楽宮(しがらきのみや)の「宮殿跡」があった。 奈良時代、聖武天皇は平城京以外に三つの都を造った。難波京、恭仁京、紫香楽宮である。聖武天皇は信楽で大仏建立を発願し、実際に造り始めていた事は、...

鈴鹿の流れ星3(滋賀県甲賀市:修験道の山、飯道山に登る)~近江山河抄の舞台を歩く(46)

飯道山(はんどうさん)に登ってみたいと思っていた。 古くから修験道・山岳信仰の聖地とされ、甲賀忍者の修行の場だったとも言われる山だ。 そして、信楽側の登山口である宮町には、紫香楽宮の宮殿跡があったと考えられている。 今回...

鈴鹿の流れ星2(滋賀県甲賀市から湖南市:信楽の日雲神社、水口の笠山神社、三雲の上乗寺。倭姫命の伝承と甲可日雲宮続編)~近江山河抄の舞台を歩く(45)

伊勢神宮は、伊勢に鎮座するまで、大和・伊賀・近江・美濃・尾張を移動した伝承をもつ。 一時的に鎮座した場所は元伊勢(もといせ)と呼ばれる。その一つが近江の甲可日雲宮だ。滋賀県甲賀市とその周辺には、甲可日雲宮の伝承地が10以...

鈴鹿の流れ星1(滋賀県甲賀市土山町:垂水斎王頓宮跡、倭姫命の伝承と甲可日雲宮、田村神社)~近江山河抄の舞台を歩く(44)

国道1号線を鈴鹿峠から滋賀県に入ると、そこは甲賀市土山町である。 鈴鹿山脈の南端に位置する土山は、東海道五十三次の宿場町。お茶所としても知られる。土山町頓宮(とんぐう)に入ると、「頓宮大茶園」と「垂水斎王頓宮跡」の表示が...