プロフィール

初冬の浮御堂と琵琶湖(浮御堂北湖岸から)

ご訪問ありがとうございます。

2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田(滋賀県大津市本堅田・今堅田・堅田)の写真を更新してきた写真ブログです。
堅田の四季の風景をはじめ、滋賀各地、京都、奈良、海外の写真を掲載しています。皆様の心に響くような、故郷の風景、美しい世界の風景をお届けしていきたいと思い、掲載を続けてきました。

私が初めて堅田を訪れたのは、2006年の1月のことでした。一枚の写真がとても印象に残り、浮御堂を訪れてみたいと思ったのです。それは、冬の寒空の下、琵琶湖の上にある浮御堂に続く石橋を一人のおばあさんが渡っていく写真でした。2005年12月に、滋賀県の広報誌の表紙を飾った一枚です。

堅田の町に惹かれた私は、時々写真を撮りに行くようになりました。そして、このブログ開設の直接のきっかけとなったのは、2007年12月、堅田で開かれた「湖族の郷アートプロジェクト」です。このとき出会った若手芸術家の皆さんは、とてもいい顔をして作品に向かっていました。英語ではピアノを弾く人はみんなピアニストです。それなら、写真を撮る人は誰でもphotographerなんだ!と、とてもシンプルなことに気がつきました。

熱気の覚めないうちにと、無料ブログを使って、このブログを開設しました。2007年12月末のことでした。いろんな方に写真日めくりのように楽しんでいただけたらと思っています。おかげさまで滋賀県外からもたくさんご訪問いただいています。ありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。

このブログがご縁でデザイナーさんや広告代理店の方から御連絡いただくようになりました。また、東日本大震災の際はこのブログを通じて多くの方に避難者名簿の情報を共有して頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。(2008.08付記、2012.04更新、2015.08最終更新)

 

▼撮影・執筆者
兼松 純(Jun Kanematsu)

▼プロフィール
Photographer/アマナイメージズと契約しています。滋賀県大津市出身。
故郷滋賀の寺社や里山を中心に、各地の知られざる風景や祭事を撮影して歩いています。(よく尋ねられるのですが、残念ながら堅田出身・在住ではありません。10歳まで三井寺の近くで育ちました。その後は草津在住で、学生時代は京都で過ごしました。)

・葵祭前儀「供御人行列」(堅田&下鴨神社/2009~)
・葵祭社頭の儀(下鴨神社・一般非公開の儀式/2012・2015年撮影)
・近江山河抄の舞台を歩く(白洲正子さんの紀行文を写真で再現/2013~)
・苗村神社三十三年大祭(33年に一回の大祭を3日間通しで撮影/滋賀県竜王町/2014)等

▼ホームページ
Jun Kanematsu Photo Works

▼アマナイメージズ写真サイト
リンク先ページで併せて305枚の写真を御覧いただけます(バリエーションを含む/2016年5月11日現在)。

アマナイメージズ(RF)作家番号10737・・・観光地(奈良)・自然風景(滋賀/琵琶湖畔等)・花の写真など
JUN KANEMATSU/a.collectionRF /amanaimages

アマナイメージズ(RM)作家番号02698・・・寺社仏閣・史跡の写真(滋賀/奈良/京都)
JUN KANEMATSU/SEBUN PHOTO /amanaimages

▼最近の出版物:写真を提供しました

 

▼連絡先/Contact
メールフォームからお願いします。
撮影者(兼松)あてに届きます。
事務所:滋賀県草津市(Shiga,Japan)