雪の近江鉄道1・八日市駅(2017年2月12日撮影・滋賀県東近江市)

雪の近江鉄道八日市駅

先日の日曜日、雪の中を湖東(滋賀県東部)の撮影に行ってきました。

ちなみに、この日は滋賀県南部の大津市・草津市は晴れで、雪は残っていませんでした。野洲市を過ぎるとしぐれて、近江八幡市に入ると一面の雪でした。近江八幡駅で近江鉄道に乗り換えて、八日市駅まで向かいました。

続きを読む →

朝と昼の堅田駅にて(JR湖西線・滋賀県大津市真野一丁目) ~Station/駅 139

朝の堅田駅ロータリー

朝の堅田駅ロータリー。(※2017年1月1日撮影)
江若(こうじゃく)バスが停まっていますね。

堅田駅と銅像と緑の電車

「湖族の郷」の銅像と一緒に駅を撮っていたら・・・
緑の電車(113系)がホームに入ってきました!

JR湖西線を走る 新顔。 緑の電車 ~Station/駅 132
琵琶湖の西を北上するように走る、JR湖西線。最近、「緑の電車」が走っている。そう聞いていたのですが・・・。確かに・・・。まるでアクリル絵の具のような、印象に残る緑・・・。今回撮影できたのは、3両とも違う配色のJR113系でした。一番奥の車両の色が、いわゆる湘南色(オレンジと緑色)になっています。湖西線...

堅田駅ホームから見たロータリー

所変わって、時刻も変わって、堅田駅のホームから見たロータリー。
堅田の町でたくさん撮影した後、昼過ぎに帰るときの写真です。

この日は早朝から撮影で、おなかぺこぺこだったけど、
久しぶりに堅田に来る事が出来て、天気もよくて、
堅田の写真を皆様にたくさんお届けできて、本当によかったです!

 

◇撮影日:2017年1月1日(この日は、比叡山の隣の八王子山と、堅田へ行きました)
◇撮影地:堅田駅(JR湖西線・滋賀県大津市真野一丁目)
◇JR Katata Staion (Otsu,Shiga,Japan).

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 

堅田駅の山側(比良山系)は、1月になるとこんな感じです。↓

雪の比良山系と堅田駅(2016年1月31日撮影) ~Station/駅 138
昨日は久しぶりに堅田へ行ってきました。JR湖西線の車内にて、モニターに流れる駅名案内に惹かれて撮影したのが最初の一枚です。モニターが設置された車両は意外と走っていないのか、私が乗り合わせることが少ないからなのか、湖西線の新快速で本当に時折出くわす程度です。乗ることができてラッキーでした。ちなみに以...

 

朝の比叡山坂本駅にて(JR湖西線・滋賀県大津市坂本三丁目)

朝の比叡山坂本駅ホームからの眺め

朝の比叡山坂本駅ホーム。
琵琶湖側に、三上山(近江富士)がきれいに見えていました。
早朝からの撮影が終わって、ほっと一息。(※2017年1月1日撮影)

比叡山坂本駅と車道の高架

比叡山坂本駅の山側(比叡山側)は、線路に平行して道路の高架が走っています。

山はホームからも見えますが、道路の高架下をくぐるとよく見えますよ。↓

坂本の町から見た日吉大社の奥宮(八王子山)と延暦寺会館

左側の山頂に延暦寺会館が、右側に日吉大社の奥宮(八王子山)が、写っています。
それでは皆さま、今日もいい一日を。

 

◇撮影日:2017年1月1日(この日は、比叡山の隣の八王子山と、堅田へ行きました)
◇撮影地:比叡山坂本駅(JR湖西線・滋賀県大津市坂本三丁目)
◇JR Hieizan Sakamoto Staion (Otsu,Shiga,Japan) at morning.

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

早朝の京阪膳所駅にて(滋賀県大津市馬場二丁目)~京阪電車の中で見た朝焼け

早朝の京阪膳所駅

夜が明ける前の、京阪膳所駅ホーム。
隣のJR膳所駅からは、ちょうど電車が出て行くところです。(※2017年1月1日撮影)
ちなみに膳所は、「ぜぜ」と読みます。

京阪電車の中で見た朝焼け

坂本へ向かう京阪電車の中で、見事な朝焼けを見ました。
それでは皆さま、今日もいい一日を。

 

◇撮影日:2017年1月1日(この日は、比叡山の隣の八王子山と、堅田へ行きました)
◇撮影地:京阪膳所駅(滋賀県大津市馬場二丁目)&京阪電車石坂線の車内
◇Keihan Zeze Staion (Otsu,Shiga,Japan) at early morning.

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

早朝の南草津駅にて(JR琵琶湖線・滋賀県草津市野路一丁目)

早朝の南草津駅周辺

夜が明ける前の、南草津駅東口ロータリーと周辺のビル。
これから山に登って、早朝の撮影なのです。(※2017年1月1日撮影)

早朝の南草津駅ホーム

空はまだ真っ暗です。あ、電車が来ました!
それでは皆さま、今日もいい一日を。

 

◇撮影日:2017年1月1日(この日は、比叡山の隣の八王子山と、堅田へ行きました)
◇撮影地:南草津駅(JR琵琶湖線・滋賀県草津市野路一丁目)
◇JR Minami Kusatsu Staion (Kusatsu,Shiga,Japan) at early morning.

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 

南草津駅は、こんな写真も掲載しています(こちらは夜の西口の写真です)↓

南草津駅西口のイルミネーション (2015 イルミナ・ワンダーランド)
Merry Christmas!事務所の最寄り駅・南草津駅(滋賀県草津市)にて、西口のイルミネーションです。2015 イルミネーションinみなみくさつ (2015 イルミナ・ワンダーランド)日時:2015年11月28日(土)~2016年1月11日(祝) 17:00~22:00場所:東山道記念公園(JR南草津駅西口)Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com...

 

伊吹せんろみちと廃線跡(近江長岡駅から徒歩で行く伊吹山登山口・滋賀県米原市)

少し前に「伊吹せんろみち」を歩いたと書いたら、検索で調べていた方がおられたのですが、詳しい情報が出ていないようなので、私が歩いた当時の詳細を覚えているうちに載せておきます。

伊吹せんろみちは、大阪窯業セメント(当時)専用鉄道の廃線跡の一部です。

大阪窯業セメント専用鉄道は総延長3.7kmで、伊吹鉱山の石灰石を運ぶ機関車専用路線でした。伊吹山でセメントの採掘が行われていた昭和27年から平成11年まで、麓を機関車が走っていた時代があったんですね。当初はSLで、ディーゼルを経て、最後は電気機関車「いぶき号」になったそうです。

平成19年10月に、廃線跡の一部(約2.4km)が遊歩道になりました。それが伊吹せんろみちです。1枚目の写真は、伊吹せんろみち終点と廃線跡と伊吹山です。せんろみち終点は伊吹薬草の里文化センターの裏手にあり、廃線跡はここだけに残されています。

2枚目の写真は、伊吹せんろみちから見た伊吹山です。

近江長岡駅からは、伊吹せんろみち入り口まで約1km。伊吹せんろみちは弥高川の扇状地を約2.4kmほど続きます。途中弥高川の下をくぐるのですが、その手前の道を左に入るとビオトープと森林公園(春照小学校管理・散策自由)があり、とても美しいところです。

弥高川下トンネルから伊吹薬草の里文化センターまでの道は果樹園の中を抜け、往時の雰囲気が偲ばれます。伊吹せんろみち終点(伊吹薬草の里文化センター)から上野まで1.7kmほど歩けば、伊吹山上野登山口(三之宮神社)です。

近江長岡駅、春照の伊吹庁舎前、伊吹薬草の里文化センター、上野口と三之宮神社前にバス停があるので、徒歩と合わせて利用しても面白いかもしれません。

伊吹薬草の里文化センターでは、薬草風呂入浴と食事ができます。売店にミルクファーム伊吹のアイスクリームがありますよ!(歩いた後のアイスはご馳走です^^)

ちなみに春照北国脇往還の宿場だった町で、先日ご紹介した円空仏があります(拝観要予約)。

近江長岡駅にはタクシーが最高3台常駐しています(運転手さん談・2016年4月当時)。駅から上野登山口まではタクシーで1890円でした。バスだと360円です(2016年4月当時)。この日は列車事故があった関係で予定のバスに乗れなくて、3人で近江長岡駅からタクシーに乗ったら一人当たり600円強でした。というわけで、場合によってはタクシーをおすすめします。バス・タクシーとも所要時間15分。歩くと約1時間です。

◆距離・時間→近江長岡駅から伊吹山上野登山口まで:約5km・徒歩約1時間
(駅から伊吹せんろみち起点まで1km・15分、伊吹せんろみち2.4km・31分、伊吹せんろみち終点から伊吹山上野登山口まで1.7km・17分)

◆参考資料:伊吹せんろみち(米原市地域振興部地域振興課発行のパンフレット)

伊吹の荒ぶる神14(円空の仏像彫刻・大平観音堂の十一面観音)~近江山河抄の舞台...
藤川から伊吹の山麓を通って、木之本へぬける裏道があり、北国街道の「脇往還」と呼ばれる。田圃の中に稲架(はさ)がつづくひなびた風景は、近江の懐深く入りこんだという感じがする。その途中、伊吹の村で、円空作の十一面観音を見た。-白洲正子『近江山河抄』「伊吹の荒ぶる神」2014年9月、岐阜県の関ケ原から滋賀県...

貨物列車「レッドサンダー」、早春のJR湖西線を走る(滋賀県大津市衣川にて)

貨物列車レッドサンダー

JR湖西線を眺めていたら、見慣れない赤い列車が単体で走ってきたので急遽撮影。
車体に書いてあった「JRF RED THUNDER」で検索すると、貨物列車を牽引する機関車だと分かりました。いろんな列車があるものですね。

ウィキペディアには「JR貨物EF510形電気機関車」、国土交通省のページには「EF510形式(愛称:ECO-POWERレッドサンダー)」と紹介してありました。

(参考)
JR貨物EF510形電気機関車(ウィキペディア)
鉄道:車両紹介 – 国土交通省

衣川台(滋賀県大津市衣川2丁目)は、JR堅田駅近くの高台の住宅街です。高架式の湖西線にいろんな電車が走っているのがよく見えますよ。レッドサンダーを見たのは初めてでしたが、特急サンダーバードと普通列車はよくみかけます。


こちらも衣川台から撮影。早春の畑と、JR湖西線を走る普通列車です。

撮影日:2016年2月21日(日)
JR train at Kinugawa,Otsu city,Shiga prefecture,Japan.
Copyright(c) Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)