写真【供御人行列2017】堅田町内巡行~京都下鴨神社巡行(葵祭前日・2017/5/14撮影)

神田神社の常夜灯

見事な常夜灯でございます。神田神社の境内に入って見ると・・・

神田神社にて出発前の様子

献撰供御人行列」(けんせん くごにんぎょうれつ)が出発する直前でした!

京都の葵祭の前日に当たる5月14日、滋賀の堅田から京都の下鴨神社まで、琵琶湖の鮒と鮒寿司を持参する祭事が、献撰供御人行列です。葵祭前儀として、葵祭の公式行事になっています。

当ブログがご縁で始まった同行撮影も、今年で9年目になりました。先日掲載した動画に出ていない場所を中心に、当日の写真を掲載します。

※すべて写真として普通に撮っています。動画からの切り出しは行っておりません。←よく聞かれるので明記しておきます(たぶんまた聞かれると思うけれど・・・)。

神田神社を出発

朝8時過ぎ、一行が神田神社から出発する様子です。

先頭の旗に書かれた「賀茂御祖神社」とは下鴨神社の正式名です。青地に描かれたフタバアオイの紋は、下鴨神社の神紋です。ちなみに、神田神社の紋もフタバアオイです。


伊豆神社到着

神事のために、一行が伊豆神社に入るところです。

平安時代(1090年)、堅田は下鴨神社の御厨(みくりや)となりました。「御膳料」としての鮮魚を進上する代わりに、国司によって所役を免除されていました。

下鴨神社という後ろ盾を得たことにより、中世の堅田は琵琶湖の漁業権、通行権を獲得し、琵琶湖最大の自治都市を築いたと伝えられています。

この歴史を現代にも伝えようと、1990年から献饌供御人行列が行われています。堅田町内だけでなく下鴨神社へも巡行する現在のスタイルは1994年からです。


伊豆神社での神事

宮司様さまが、伊豆神社で、参加者および鮒と鮒寿司をお払いする神事の様子です。
(※詳細は一番下の動画でご紹介しています。)


伊豆神社参道にて

一行が伊豆神社を出て、堅田町内巡行へ向かうところです。場所は浮御堂のすぐそばです。町屋や蔵などの町並みが残る界隈で、各家をつなぐ路地は琵琶湖へと通じています。

私は堅田の町並みや歴史風土に魅せられて、2006年から通って撮っているのですが、供御人行列のときは堅田の町並みや歴史などをぎゅっとつめてお伝えできればと、毎年うんうんうなって


港橋界隈にて

こちらは堅田港近くの港橋を渡ってすぐの道を、堅田本町商店街へと歩いていく一行です。

この界隈は江戸時代に堅田藩の陣屋(堅田城とも呼ばれる)が置かれたところで、写真左奥には江戸時代から残る掘割が残っています。以前は水運として使われ、琵琶湖と集落をつなぐ重要な交通路でした。

一帯は宮ノ切公園として整備されています。宮ノ切の詳細はこちらをどうぞ。

江戸時代の堅田と堅田藩、大庄屋と居初氏について(前編)


下鴨神社の参道にて、出発前の談笑

貸し切りバスで京都へ移動(堅田からは約1時間)。

下鴨神社の参道にて、出発前のひとこまです。ここで下鴨神社の神職さん(写真右側の茶色と水色の着物の方)と合流します。


下鴨神社糺の森を進む一行

下鴨神社・糾の森を行く一行です。(※詳細は動画でご紹介しています。)

先頭を行く白い着物の方、脇で誘導する着物の方も、下鴨神社の神職の方です。


下鴨神社本殿にて、神事が始まる

↑下鴨神社本殿にて、神事が始まりました。

↓置かれた太鼓は堅田から持参したもの。

下鴨神社本殿に置かれた太鼓


新緑の下鴨神社あけ橋を渡る

下鴨神社にて、参加者の皆さんが退出してバスへ戻る途中の写真です。

あけ橋の朱塗りの欄干が、新緑に映えてとてもきれいでした。


下鴨神社楼門前での集合写真

参加者の皆さま、今年もありがとうございました!

※堅田からの参加者の皆様。

この写真とは別に、湖族の郷事務局の役員さんのカメラをお借りして私(兼松)が撮影し、当日に撮影データをお渡しした集合写真があります。

参加者の皆様は、湖族の郷資料館にて、実費で焼き増しができますのでご利用下さい。

昨年以前の写真も焼き増しできるとのことです。

 


◆撮影日:2017年5月14日(日)
◆撮影地:本堅田(滋賀県大津市本堅田1丁目~2丁目)、下鴨神社(京都市左京区下鴨泉川町59)

◆供御人行列バックナンバー目次(2009年~)/供御人行列翌日の葵祭

葵祭前儀「献饌供御人行列」/写真目次

写真動画【葵祭 社頭の儀 2012】Aoi festival”Syato-no-gi”,Kyoto,Japan

 

このブログは撮影地域で出会った方々との交流や、撮影地域の豊かな文化をお伝えできればと、撮影者個人で運営しているブログです。

キュレーションサイト等への無断転載および文章・画像の営利目的利用を禁じます。
Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)