雪の奥伊吹、セツブンソウ自生地を訪ねる(滋賀県米原市大久保/2017年2月19日撮影)

雪の大久保集落とセツブンソウ自生地

伊吹山麓のセツブンソウ自生地である、滋賀県米原市大久保を訪ねてきました。
2017年2月19日(日曜日)の昼過ぎに撮影した写真です。
セツブンソウ自生地である高台は、ご覧の通りの積雪です。30cmはありました。


セツブンソウ自生地入り口

セツブンソウ自生地への上り口は、この通り、雪で覆われていました。
訪ねて来る人はいるようで、大きな足跡がいくつか残っていました。
地面が見えている箇所を撮ったのが下記の写真です。

セツブンソウ自生地入り口

他の箇所も花がないか探してみましたが、同じような状態でした。
セツブンソウや春の花にはまだ早いようです。


雪の大久保集落とセツブンソウ自生地

大久保集落を見渡せる高台で、毎年出合う紅梅の木。花が咲き始めていました!

紅梅の花

 

▼下記の記事は、2016年3月に撮影した同じ場所の写真です。

伊吹山麓のセツブンソウと春の花(2016年3月撮影)
暦は啓蟄ですね。「冬籠りの虫が這い出る」(広辞苑)と言われる頃です。今年は春が早いので、3月に入ったらセツブンソウの様子を見に行こうと決めていました。2月29日から3月1日に降った雪の関係で、実際に伊吹山麓を訪ねたのは3月3日。自生地の大久保ではセツブンソウの花が咲いていました。ひなたと道路に雪はなく、...


松音寺の雪かき

大久保の松音寺前にて、帰り際に撮影した一枚です。
撮影前に挨拶させていただいた地元の方たちが、お寺の庭を重機で、階段は手作業で除雪をされていました。


雪の大久保集落

こちらのお宅の石垣の上にも、かなりの雪がありました。
大久保の雪が溶けるのは、もう少し先になりそうです。
3月になってから、もう一度訪ねてみる予定です。

 

▼大久保のセツブンソウと峠のシシ垣

伊吹山麓のセツブンソウと春の花、「峠のシシ垣」(滋賀県米原市大久保)~2014年3...
(ブログ上で)旅に出て、堅田から滋賀をぐるっと回ってこようと思ったのが、昨年の3月。比叡山横川から回峰行の道を駆け下りて以降、どんどん奥地に出かけている気がします。道草続きで、なかなか関ケ原(次回予定)&堅田までたどりつけない管理人ですが、桜の咲くころにはいったん堅田に戻ってこようと思っていますの...

▼大久保の地図

【伊吹山麓】セツブンソウふれあい月間&ふれあい祭りの情報(2016年2~3月、滋賀...
伊吹山麓・大久保のセツブンソウを見に行かれる方への情報です。セツブンソウふれあい月間【期間】2016年2月1日(月)~2016年3月31日(木)【場所】米原市大久保地区一帯 (滋賀県米原市大久保845)◎期間中は自由に見学できます(※地元の御好意で無料駐車場・トイレあり)。◎開花状況(観光協会へのリンク)⇒長浜・米原...

2017年はセツブンソウふれあい祭りがあるのかどうか、私もよく分かりません。
2月19日現在、行政のほうで告知はされていないようですね。

 

◇撮影日:2017年2月19日(日曜日)
◇撮影地:滋賀県米原市大久保 (Okubo,Maibara city,Shiga prefecture,Japan).

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)