白露の頃、大きな栗の木(岐阜県不破郡関ケ原町玉)

写真は以前の9月に、岐阜県不破郡関ケ原町玉にて撮影した、大きな栗の木です。
2016年9月7日は、二十四節気の一つ「白露」(はくろ)。

大気が冷えてきて、露ができ始めるころ。『暦便覧』では、「陰気やうやく重りて、露にごりて白色となれば也」と説明している。(ウィキペディア)

今年の夏は暑くて、長時間屋外で撮影するのはなかなか難しいですが、もう少し気温が下がったら、堅田を歩きまわって撮影したいです。

お盆の頃の本堅田の記憶といえば、堅田小学校近くの院内道で、地蔵堂の前にシンテッポウユリの白い花が咲いていたこと。2008年はこんな感じでした↓

堅田で過ごす夏(15) ユリの花と地蔵堂(院内道にて) ~Honkatata/本堅田 310
堅田を歩けばあちこちで出合うのが、地蔵堂と常夜灯。院内道で出合った地蔵堂の前では、シンテッポウユリの白い花が咲いていました。院内道とは堅田小学校の東門から東西に伸びる細い道で、かっては堅田の町と西近江路を結ぶ主要な道でした。由来は院内さん(文徳天皇(850~858)の妃の静子)が流され住んだ所から呼ばれ...

そして、9月といえば、琵琶湖畔の今堅田。
9月の今堅田はいつまでも終わらない夏のような輝きと陽気さがあります。堅田内湖の周辺から琵琶湖畔は、まるで一枚の絵のようになります。こちらは2009年9月10日撮影↓

湖でもなく、池でもなく。 堅田内湖(1) ~Imakatata/今堅田 098
湖でもなく、池でもなく。初めて見たとき、ただただ広くて、どこまでも続いていくように見えました。内湖(ないこ)と呼ばれる水域が、琵琶湖の周辺にあります。水路によって琵琶湖につながり、昔から人々の生活に密接に関わってきました。堅田にも、内湖があります。滋賀県大津市本堅田4丁目から今堅田1丁目にかけて、...

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)