草津・烏丸半島のハス・・・2016年と2005年の変遷

今朝(7月2日)の新聞朝刊に、今年の烏丸半島のハスが「開花が見込めない」という記事が出ていました。

姿消えたハス、謎深まる 滋賀・草津、県内別の場所でも|京都新聞

滋賀県草津市の琵琶湖畔に位置する烏丸半島。ハスの群生地として知られ、「琵琶湖博物館」と「草津市立水生植物公園みずの森」などがあります。烏丸半島のハスの写真を探したら、2005年8月初めにコンパクトデジカメで撮影した写真が出てきました。

写真の中では一面にハスの花が咲いていました。このときは「みずの森」に入館して、敷地内から撮影したと思います。

当たり前のように見ていた景色ですが、毎年葉をつけ花を咲かせてくれていた自然の営みに感謝しないといけないですね。


琵琶湖上のハス群生地の向こうに、三上山(近江富士)が見える。2005年8月7日朝撮影。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)