【葵祭前儀「献撰供御人行列」の写真(6)】 京都・下鴨神社巡行編3 神事の様子(2016/5/14撮影) #京都 #kyoto #Japan #photography

葵祭前儀「献撰供御人行列」の神事の様子を、下鴨神社本殿の内部で撮影させていただきました。写真は神事が始まる前のひとこまです。

2016年5月14日。滋賀堅田から下鴨神社へ、葵祭のためのフナとフナ寿司を奉納する献饌供御人行列に同行撮影させていただきました。(地元の方のご協力で、同行撮影は2009年より毎年続けています。)

堅田(神田神社)は平安時代(1090年)に下鴨神社の御厨(みくりや)となり、湖魚を奉納してきた歴史があります。この歴史を後世にも伝えようと、1990年より献饌供御人行列が行われています。1994年からは堅田町内だけでなく下鴨神社へも巡行する現在のスタイルとなり、現在は葵祭の公式行事となっています。

御厨(みくり・みくりや)とは、「御」(神の)+「厨」(台所)の意で、神饌を調進する場所のことである。御厨-ウィキペディア

※葵祭前儀「献撰供御人行列」の写真を6回に分けて掲載しています。枚数が多いのと、レイアウト上時系列に沿って掲載したかったため、6回目(最終回)からさかのぼって約10枚ずつ掲載しています。

堅田から運んできたフナ寿司が、目の前で木箱から取り出されます。

明日の葵祭で、このフナ寿司と、一緒に運んできた堅田のフナが奉納されます。

空になった木箱。入っていたフナ寿司は神前に運ばれ、祈祷を受けます。

格子の向こうの神秘的な世界。

堅田の伊豆神社と神田神社の氏子さんたちが、玉串を奉納します。

こうして、つつがなく神事は終わりました。

神事が行われていた、下鴨神社本殿の内部です。許可を得て撮影させていただきました。許可を得ていても、一瞬たじろぐような聖域でした。「あと一歩踏み込みが足りない」と言った、ロバートキャパの言葉を思い出していました。


最後に参加者の皆さんで記念撮影です。暑い中お疲れさまでした!
Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

↓こちらも堅田にゆかりの深い神事です。ぜひご覧ください。

【葵祭】2012年5月16日(水) 晴天の下鴨神社にて、関係者で行われた「社頭の儀」の...
葵祭というと、都大路を行列が行く「路頭の儀」が有名ですが、今回ご紹介するのは、下鴨神社の舞殿で行われる「社頭の儀」(11時40分頃開始)です。葵祭の起源は6世紀に遡ります。平安京が造営される前の京都では凶作が続いたため、当時の天皇が上賀茂神社と下鴨神社に勅使を送って五穀豊穣を祈願したのが起源とされてい...

Photograph of Kensen Kugonin Gyoretsu procession 2016 in Shimogamo shrine, Kyoto,Japan.
In the second half in the 11th century (Heian era last years) ,Katata was a territory in Shimogamo Shrine in Kyoto, and “Mikuriya” was put under Kanda Shrine, and the obligation to which an attendant table to Kamonoyashiro and seafood for an attendant festival are presented was carried.As the reward, Katata got every rights and interests from fishery or the service of Lake Biwa and built the greatest town around Lake Biwa in the Middle Ages.Every year, “Kensen Kugonin Gyoretsu” procession which leaves the Kanda Shrine and sends crucian carps to Shimogamo Shrine is performed gracefully with the traditional ritual on May 14,the day before Aoi Festival of Kyoto.