【葵祭前儀「献撰供御人行列」の写真(4)】 京都・下鴨神社巡行編1 糾の森へ(2016/5/14撮影) #京都 #kyoto #Japan# #photography

下鴨神社の神官のお兄さん。素敵な笑顔をありがとうございます!

2016年5月14日。滋賀堅田から下鴨神社へ、葵祭のためのフナとフナ寿司を奉納する献饌供御人行列に同行撮影させていただきました。(地元の方のご協力で、同行撮影は2009年より毎年続けています。)

堅田(神田神社)は平安時代(1090年)に下鴨神社の御厨(みくりや)となり、湖魚を奉納してきた歴史があります。この歴史を後世にも伝えようと、1990年より献饌供御人行列が行われています。1994年からは堅田町内だけでなく下鴨神社へも巡行する現在のスタイルとなり、現在は葵祭の公式行事となっています。

御厨(みくり・みくりや)とは、「御」(神の)+「厨」(台所)の意で、神饌を調進する場所のことである。御厨-ウィキペディア

※葵祭前儀「献撰供御人行列」の写真を6回に分けて掲載しています。枚数が多いのと、レイアウト上時系列に沿って掲載したかったため、6回目(最終回)からさかのぼって約10枚ずつ掲載しています。

貸し切りバスで京都に到着した一行は、下鴨神社の近くで隊列を組みなおします。

今年は奉納の太鼓も!

堅田から乗ってきた貸し切りバス(江若交通さん)が奥にちらりと見える中、行列は糺の森へ向けて出発します。先導の神官さんの後を、この3人の神官さんが雅楽を演奏しながら先導します。

この界隈は毎年新緑がきれいです。最初の鳥居をくぐります。

 

しばらく住宅街の脇を行きます。

そして、糾の森へ。

垂れ幕の両脇で、マンション建設のためと思われる木々の伐採が始まっていました。

下鴨神社・糾の森にて、篳篥(ひちりき)や笙(しょう)で雅楽を演奏する下鴨神社の神官さん。行列はまだまだ続きます。

第5回(京都・下鴨神社巡行編2)に続きます。
Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)


Photograph of Kensen Kugonin Gyoretsu procession 2016 in Shimogamo shrine, Kyoto,Japan.
In the second half in the 11th century (Heian era last years) ,Katata was a territory in Shimogamo Shrine in Kyoto, and “Mikuriya” was put under Kanda Shrine, and the obligation to which an attendant table to Kamonoyashiro and seafood for an attendant festival are presented was carried.As the reward, Katata got every rights and interests from fishery or the service of Lake Biwa and built the greatest town around Lake Biwa in the Middle Ages.Every year, “Kensen Kugonin Gyoretsu” procession which leaves the Kanda Shrine and sends crucian carps to Shimogamo Shrine is performed gracefully with the traditional ritual on May 14,the day before Aoi Festival of Kyoto.