奈良・柳生街道(滝坂の道)から春日山、若草山を歩く(1)―浮見堂から朝日観音まで

浮見堂
奈良公園の浮見堂。当ブログの舞台である堅田(滋賀県大津市)の「浮御堂」とよく間違われますが、奈良の浮見堂は池の中の静かな休憩所です。奈良交通のバス停「飛火野」下車、徒歩約5分。今回はここから柳生街道(滝坂の道)へと山登りです!
Photograph of Ukimido(Nara Park),Nara,Japan.


高畑観光駐車場の裏(※トイレあり)から志賀直哉旧居前を通り、飛鳥中学校(地図右下)へと歩きました。本来の柳生街道は、「飛火野」の次のバス停「破石町」で下車して「旅籠 長谷川」さんの前を通り、飛鳥中学校の前へ出る道ですが、今回は途中まで他の道を通っています。

奈良の住宅街の鹿
志賀直哉旧居付近で出会った鹿。左は春日大社の林で、一帯は閑静な住宅街でした。隠れ家的な喫茶店や食事処もあるので、大人の皆さんにおすすめのエリアです。

この先の飛鳥中学校の校門前で、道は2つに分かれます。左が春日山遊歩道、右が柳生街道(滝坂の道)。柳生街道へと進むと、しばらくは住宅街の中を上っていくのですが、家が途切れ、舗装された道が終わり、ついに山中へと入ります。

柳生街道(滝坂の道)
柳生街道。春日山原始林の中を、石畳の山道が続きます。柳生街道の中でも、能登川沿いの石畳の坂道は「滝坂の道」(または「滝坂道」)と呼ばれてきました。
Photograph of the old Yagyu Road,Nara,Japan.

柳生街道(滝坂の道)
柳生街道(滝坂の道)。右は能登川。春日大社から1時間程で出会う別世界です。この道は江戸時代、奈良から柳生の里へと剣士たちが往来した道でした。古くは平安から鎌倉時代に南都の僧侶たちが修行したと言われる道です。

朝日観音
朝日観音。柳生街道(滝坂の道)の道中にある、いくつかの磨崖仏のひとつです。
「文永2年(1265年)の作、実際は観音ではなく、中央は弥勒如来、左右は地蔵菩薩」とのことです。(https://ja.wikipedia.org/wiki/柳生街道)
Photograph of Asahi Kannon (the old Yagyu Road),Nara,Japan.


次回は首切地蔵、春日山石窟仏(国史跡)をご紹介します。(撮影日:10月8日)
Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)