ブログ移転裏話その2~無料ブログからWordPressへ1415記事を移転。他サイトに丸写しされていたことが発覚して一部延期…それでも検索エンジンに移転を認識してもらえました

浮御堂と秋の青空
8月末にブログをこちらへ引っ越しました。無料ブログであるココログフリーからの引越しだったので、正式な引越し方法である301リダイレクト(転送)が使えませんでした。

301リダイレクトが使えない場合、Googleから見れば同じ内容のブログが2つ存在していることになります。(旧ブログを削除しても、検索すれば旧ブログが出てくるので事態は同じです。)そのため新ブログが重複サイトとみなされて検索にかかりづらくなるとして、301リダイレクトを使わずにバックナンバー丸ごとの引越しは推奨されていないようです。

しかも、このブログは移転当時の記事数だけで1415+αありました。(αは堅田の町紹介やプロフィールページなどの固定ページです。)そこで今回は、実際にどういう方法を採って、どんな結果になったのかを書いてみます。

▼参考になったのは、こちらに書かれていた方法です。

移転元のサイトに行った設定
1.canonicalの設定
2.メタリフレッシュは10秒
3.サイトマップは、移転先のURLとする。(移動元と移動先のページが同じであること)
やるべき事は、この3つだけです。
サブディレクトリのサイトを移転した時に行った事

canonicalとメタリフレッシュはよく知られている方法ですが、サイトマップ(旧ブログのサイトマップ)は盲点でした。

▼WordPressで新ブログを作った後、旧ブログに先程の3つの設定を行った結果です。


旧ブログのアクセスが9/9を境に激減しました。9/4(金)夜、9/5(土)に2012年~2015年の記事にメタリフレッシュをかけた結果です(上記画像)。その後、数日かけてメタリフレッシュを行いました。1ヶ月かけてアクセスが減少していったのが分かります。

▼新ブログのアクセス解析です。

新ブログは、メタリフレッシュ後の9/5から訪問者が激増しました(20→約200)。しばらくは旧ブログからの流入がほとんどでしたが、9月中旬以降は検索流入がぐっと増えて、そのまま推移しています。

移転の約40日後(10/8)にブログ名で検索すると、新ブログが一番上に出てきました。旧ブログの「ブログを移転します」の記事もしっかり出ていました。うまくいきました!

実は前々回にも書いたとおり、移転直後に当ブログの丸写しサイトの存在が発覚しまして、Googleに著作権侵害の申し立てをしました。該当記事からメタリフレッシュの設定を一旦外さなければならなくなり…トホホな状態でしたが、それでも検索エンジンに移転を認識してもらえました。

新旧両ブログのサイトマップの送信をして、新ブログにGoogleのクローラーがくるまで1週間弱。旧ブログにクローラーがくるまで約2週間でした。その間に著作権侵害の申し立てとメタリフレッシュの再設定を行ったので、結果的に間に合ったようです。

※旧ブログ(ココログフリー)に行った具体的な設定方法は、次回掲載します。