滋賀の桜(7) 伊豆神社の桜と、幸福の石(滋賀県大津市本堅田)


伊豆神社は、近江八景「堅田の落雁」として知られる「浮御堂」のそばにある神社です。
堅田大宮とも呼ばれ、琵琶湖に続く掘割(江戸時代のもの)が周囲を取り囲みます。
春にはやさしい色の桜が、↑石橋の両脇↓と、本殿の奥で咲いてくれます。


琵琶湖に続く掘割が見えています。
写真2枚目に写っている道をまっすぐ行くと琵琶湖岸で、右に曲がると浮御堂の前に出ます。


由緒に、寛平年間(878~897年)比叡山の法性坊阿闍梨が諸国修行に出たとき、伊豆の三嶋で笈に乗っていたところ、 伊豆権現が乗り移り、神託を受けて社を建てたといいます。

その後、比叡山に帰り堅田を訪れた法性坊は、辺りの風景が三嶋の地に似ているところから、祭神を分祀しこの地に伊豆神社を創建したと伝えられています。

祭神の大山須祇命は「和多志(渡し)」の神で、社殿も当時の港の方向を向いて建てられました。実際に港があったのが、前回ご紹介した「おとせの浜」の前にある児童公園のあたりです。

室町時代、伊豆神社には惣(自治組織)が置かれたことから、様々な古文書が残されました。港の位置が描かれた古絵図も残っていて、近年、本格的な研究が進められています。堅田の歴史についてまた新しい情報が分かれば、このブログでもお伝えしていく予定です。


伊豆神社といえば、「幸福の石」に参拝する女性の姿が絶えない印象があります。
擦ると幸せになる、恋しい人逢いたい人にその思いが叶うとの言い伝えを持つ石です。お花見がてら、ぜひお参り下さいませ。

▼伊豆神社の「幸福の石」について
http://katata.info/2012/12/luckystone-izu-shrine/


伊豆神社本殿の前にて、桜と狛犬。


伊豆神社本殿奥の桜です。(撮影日:2015年4月9日)


▼桜シリーズ(2014年~2015年撮影)

吉野山の桜(奈良)

桜の頃、京都(1) 蹴上インクライン、南禅寺、哲学の道、岡崎疏水、平安神宮、円山公園、嵐山、嵐電の桜の通り抜け

桜の頃、京都(2) 醍醐寺、南禅寺、元離宮二条城
桜の頃、京都(3) 祇園白川から清水寺へ歩く、清閑寺と高倉天皇陵、毘沙門堂と山科疏水

滋賀の桜(1) ひこにゃんと彦根城
滋賀の桜(2) 海津大崎:琵琶湖畔の桜の並木道
滋賀の桜(3) 近江八幡の水郷と、時代劇のロケ地・八幡堀
滋賀の桜(4) 長浜曳山まつりと、長浜城・豊公園の桜
滋賀の桜(5) 三井寺(園城寺)、琵琶湖疏水(鹿関橋)、石山寺と瀬田川

滋賀の桜(6) 琵琶湖畔(堅田「おとせの浜」)にて、満開の桜
滋賀の桜(7) 伊豆神社の桜と、幸福の石(滋賀県大津市本堅田)
滋賀の桜(8) 徳源院の道誉桜(滋賀県米原市清滝)
滋賀の桜(9) 伊吹山を望む三島池の桜&お昼寝猫(滋賀県米原市池下)
滋賀の桜(10) 余呉湖の桜(滋賀県長浜市)