【葵祭前儀「献撰供御人行列」2015年度参加者募集】葵祭前日(5/14)、滋賀堅田から京都下鴨神社へ、琵琶湖の鮒を納めに行く行事です

湖族の郷資料館前到着

◆献饌供御人行列(けんせん くごにん ぎょうれつ)とは・・・
葵祭の前日(5月14日)、琵琶湖畔の町・本堅田から、京都の下鴨神社へ、
鮒(ふな)と鮒寿司を献上する祭儀です。

近年は”葵祭「前儀」”として、葵祭の公式行事になっています。


(ポスター提供:堅田湖族の郷事務局様)

大道町の町屋の前を行く5

◆平安時代(1090年)、堅田は京都下鴨神社の御厨(みくりや)となりました。
「御膳料」としての鮮魚を進上する代わりに、国司によって所役を免除されていました。

下鴨神社という後ろ盾を得たことにより、中世の堅田は琵琶湖の漁業権、通行権を獲得し、
琵琶湖最大の自治都市を築いたと伝えられています。

この歴史を現代にも伝えようと、1990年から献饌供御人行列が行われています。
(※堅田町内だけでなく下鴨神社へも巡行する現在のスタイルは1994年からです。)

鮒寿司 中島七郎兵衛商店と、大道町(本堅田1丁目)の町並み

◆浮御堂に近い、大道町と呼ばれる町並み。生活の中に町屋が残る美しい界隈です。
その大道町にある鮒寿司屋さんが、写真の中島七郎兵衛商店さんです。
中世の頃、琵琶湖といえば堅田、堅田といえば鮒と言う位、堅田は栄え、鮒は珍重されたといいます。

↓堅田町内巡行経路(滋賀県大津市本堅田1丁目)↓

◆5月14日の日程(例年)

1.堅田町内巡行:午前8時から9時
神田神社→旧西浦の小路→伊豆神社→港橋→本町商店街通り→出町通り→みくりや参道→湖族の郷資料館(バスにて下鴨神社へ)

2.下鴨神社糺の森参道巡行:午前10時から11時

下鴨神社楼門を潜る2

◆今年(2015年)は式年遷宮を迎えた下鴨神社で!

下鴨神社舞殿の脇を通り本殿へ2

◆どなたでも参加できます。参加費は無料です。
衣装準備の都合上、前日までに湖族の郷資料館までご連絡ください。
お問い合わせ・参加申し込み:湖族の郷資料館(電話077-574-1685)

▼昨年度までの様子はバックナンバーをご覧下さい。
献饌供御人行列&葵祭/festival at Katata and Kyoto

撮影日:2011年5月14日
Copyright(C)2007-2015 Jun Kanematsu/兼松純写真事務所. All rights reserved.

 

↓YouTube動画でもご紹介しています↓