曼陀羅山古墳群の出土品(水晶製切子玉)、滋賀里で展示中です!(2015/1/30まで)

水晶の切子玉、そして耳輪

琵琶湖の西に位置する小野は、小野妹子や小野道風で知られる小野氏のふるさとです。
小野周辺の丘陵地は古墳が多く、曼陀羅山とその山麓には「曼陀羅山古墳群」があります。2013年2月には真野北小の北側で新たに5基の円墳が発見されました。

冒頭の写真は、2014年2月開催の現地説明会で撮影した副葬品の一部です。
水晶の切子玉をはじめとする出土品が、2015年1月現在、滋賀里で展示されています。2014年12月に筆者も見学させていただきました。

曼陀羅山古墳群は地元の皆さんの関心が高い古墳で、
現地説明会に行きたかったよ~(泣)という声をたくさん聞きました。
この機会にぜひご覧ください。

「第23回埋蔵物文化財みにみに展示会 大津むかし むか~し」

◆日時:2014年11月10日(月)~2015年1月30日(金) 9時~17時
◆場所:大津市埋蔵文化財調査センター(地図
(〒520-0006 滋賀県大津市滋賀里1丁目17−23/電話番号:077-527-1170)
◆入館料:無料
◆駐車場:あり(約10台)

◆今回展示されている主な出土品
・水晶製切子玉・石室内出土土器・・・曼陀羅山古墳群(緑町)
・須恵器・・・中村遺跡(真野2丁目)
・石室内出土土器・・・穴太飼込古墳群(穴太3丁目)
・手焙り形土器・・・滋賀里遺跡(見世2丁目)
・弥生土器・壷・石包丁・・・南滋賀遺跡(南志賀3丁目)
・軒平瓦片・・・惣山遺跡(大江8丁目)

▼今回名前が出てきた遺跡を地図にしてみました。
リンク先の遺跡名をクリックすると、場所と簡単な説明(メモ)が表示されます。
今回展示品が出土した古墳・遺跡一覧

曼陀羅山の尾根筋から見た、真野北小学校付近の古墳
曼陀羅山の尾根筋から見た、真野北小学校と曼陀羅山古墳群。(2013年8月撮影)

 真野川と、里山の風景(真野家田町付近)
真野川と里山の風景(2011年5月撮影)。古墳や遺跡がありそうな雰囲気ですね。

近年、堅田駅西側(山の手)の再開発に伴って、真野の発掘調査が行われているようです。今回は真野の「中村遺跡」のうち、堅田駅に近い真野2丁目からの出土品が展示されています。

ちなみに今回の調査地点は「真野廃寺」の東側に位置するそうです。
真野廃寺の場所は、確か、堅田駅(山の手)再開発に伴う道路建設予定地のあたりです。
真野廃寺は白鳳時代の寺院跡で、2010年6月の発掘調査で瓦を焼いた跡が見つかっています。
今後の動向が楽しみですね!