奈良公園の鹿寄せ(大雪の後に撮影)~2014年2月の撮影日記から(5)

2014年2月13~14日にかけて、奈良でも記録的な大雪が降った。
その直後の日曜日(16日)に、奈良を撮影する予定があった。
地元の方にご案内いただく約束だったので、恐る恐る尋ねてみると「大丈夫です」とのこと。

問題は朝早すぎて、京都から直接行くと、間に合う電車がないこと。
5時起きで6時すぎに家を出て、山科、六地蔵で乗り換えて奈良まで行くことになった。
山科7:24発の京都市営地下鉄に乗り、六地蔵でJR奈良線に乗り換え、7:47発に乗る。
8:40にJR奈良駅に到着。朝9時の約束に間に合いました。

ホルンの音色に誘われて鹿が集まる「鹿よせ」は、冬の奈良の風物詩。
集まってきた鹿たちは、ごほうびの「どんぐり」がもらえます。
1892年(明治25年)、鹿園竣工奉告祭でラッパを使っておこなわれたのが始まりとのこと。

奈良公園の鹿は、古来より神の使いとして大切にされてきました。
都市で観察できる野生動物として、国の天然記念物に指定されています。
オス188頭、メス730頭、子ども177頭、合計1095頭がいます(平成23年7月の調査結果)。(資料提供:鹿サポーターズクラブ

▼鹿寄せ情報
日時:平成26年2月1日(土)~3月16日(日)午前10時~※毎週月曜日はお休み。
主催:奈良市・公益社団法人奈良市観光協会
料金:無料
場所:春日大社内飛火野(奈良公園)
アクセス:JR・近鉄奈良駅から市内循環バス「春日大社表参道」下車徒歩すぐ
http://naradeer.com/events/