大津市衣川/鞍掛神社 2013年例祭の写真(前編)~大友皇子最期の地の伝説が残る神社、7/23の皇子の命日にちなんで

鞍掛神社境内

陽成天皇の勅命によって882年に創建された鞍掛神社(滋賀県大津市衣川)。
天智天皇の子、大友皇子(弘文天皇)が最期を迎えた場所という伝説が残る場所です。
場所は堅田のお隣、衣川(きぬがわ)の高台にあります。

皇子の命日は7月23日とされるため、鞍掛神社では毎年7月に例祭を行なっています。
天智天皇を祀った近江神宮から、宮司さんがお見えになっての例祭です。
2013年7月14日(日)に行なわれた例祭を、当ブログがご縁で撮影させていただきました。

鞍掛神社例祭へ向かう皆さん

鞍掛神社の伝承は、日本書紀と異なります。
壬申の乱で敗れた大友皇子は、従者と共に衣川の地に落ち延びました。
皇子は乗ってきた馬の「鞍」を柳の木に「掛」けると、自ら命を絶ったと伝わっています。

伝承では、大友皇子の最期をみとった二人の侍臣がいて、農民となって衣川に定住しました。その子孫は同じ名字を名乗るようになり、鞍掛神社の氏子がその子孫だと言われています。

鞍掛神社例祭の始まる前-1(境内)
それでは、例祭の始まる前の境内の様子です。

鞍掛神社例祭の始まる前-2(手水舎で手を洗う近江神宮の宮司さま)
手水舎で手を洗っているのは、近江神宮の宮司さま。

鞍掛神社例祭の始まる前-3(手水舎で手を洗う皆さん)
次に、地元の自治会の方と、氏子の皆さんが手を洗います。

鞍掛神社例祭の始まる前-4(近江神宮の神職さんが打ち合わせ中)
近江神宮の神職さんが打ち合わせ中。それでは、例祭の模様をお伝えします。

鞍掛神社鳥居

鞍掛神社例祭、始まる
鞍掛神社の例祭が、始まりました。

鞍掛神社本殿へ上がる近江神宮の宮司さま
鞍掛神社本殿へ上がるのは、近江神宮の宮司さま。

鞍掛神社本殿、ご開帳-1

鞍掛神社本殿、ご開帳-2
近江神宮の宮司さまによって、鞍掛神社本殿の扉が開かれました(ご開帳)。

鞍掛神社本殿、献撰の様子-1

鞍掛神社本殿、献撰の様子-2
献撰の様子です。氏子の皆さんによって、本殿にお供え物が運ばれます。
お供え物は、鯛やスイカ、お菓子など様々でした。

鞍掛神社本殿、献撰の様子-3
近江神宮の宮司さまと神職の皆さんが、本殿に一礼します。
この一枚には献撰のお供え物が全部写っています。

鞍掛神社本殿、献撰の様子-4
次に、地元(衣川)の自治会の方が、次々と本殿に一礼します。
この後、氏子の皆さんが一礼しました。

鞍掛神社拝殿で舞う巫女さん-1

鞍掛神社拝殿で舞う巫女さん-2

鞍掛神社拝殿で舞う巫女さん-3
鞍掛神社拝殿で舞う巫女さん。氏子の皆さんが合わせて演奏します。
最後に巫女さんから関係者がお払いを受けます。
※例祭はまだまだ続くのですが、写真の枚数の関係で、続きは次回に掲載します。

▼鞍掛神社の歴史については、こちらを御覧下さい。
大津の京1(大友皇子最期の地と、鞍掛神社の伝説)~白洲正子「近江山河抄」の舞台を歩く(7)

▼鞍掛神社の場所(地図)

View Larger Map

▼アクセス
◇JR湖西線「堅田駅」より江若バス堅田町内循環線(乗車7分)、「仰木道」下車。
◇仰木口(国道161号線)から県道313号線へ入り、徒歩約10分で明神橋がある。
◇天神川を渡り、高台に続く道を直進。アオタニサッシさんのすぐ先で右折。
◇住宅街の坂道を登っていくと、児童公園がある(衣川城跡の石碑がある公園)。
◇公園の上の道を右折。駐車場があって、その奥に鞍掛神社がある。